【開けた】Nothing Phone (2a)の第一印象は『ちゃんとナッシングしてる』。このスマホが5万円切りは奇跡

Nothing Phone (2a)

イギリスに拠点を置くテクノロジーメーカー『Nothing(ナッシング)』のスマートフォン3作目『Phone (2a)』は、円安ドル高が150円を超えて進行する中、『49,800円(税込)~』という購入しやすい価格で販売されています。

これは同社が取り扱っているスマートフォンの中で『最廉価』。コストダウン目的で色々と省かれていそうですが、実際はそうではありません。省くどころかNothingで初めて『おサイフケータイ(FeliCa)』をサポート。

SocはTSMCの第2世代4nmプロセスを採用する『MediaTek Dimensity 7200 Pro』。AnTuTu BenchmarkのNothing公式値は『741,999(トータルスコア)』となり、Phone (1)を12万程度上回ります(別記事で実際にベンチマークテストを行う予定)。

カメラ性能はどちらかと言えば最上位モデルのNothing Phone(2)より(Ultra XDR対応)。ディスプレイも最大輝度1,300ニトの明るい有機EL(最大リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hz)。この時点ですでに49,800円(税込)で販売すべきではないスペック

こうなるともう『筐体のコストを極限まで削る』以外思いつきません。公式ページに掲載されている製品画像の見栄えが良いのは当然。実際はとんでもなくチープなのではないか。

実物は安っぽいのでは』という疑心暗鬼なままPhone (2a)を購入した私が、実際同端末を手にしてどう感じたのか。今回はレポートしていきたいと思います。

Nothing Phone (2a)

まずパッケージは『』です。トレイや端末の包装まで恐らく全て紙(公式ページではリサイクル繊維と説明あり)。コストが安く、そしてエコですね。紙でも安っぽくならないよう、フタ部分にはエンボスの加工が施されていたり。むしろ高級感すら漂います。

パッケージ

パッケージ 開く

トレイの下にはスケルトンデザインの純正USB充電ケーブルが。5万円以下のスマートフォンに見た目に拘ったケーブルが付属してるなんて信じられますか?これ買い増ししたくなるやつですね。

パッケージの中

USBケーブル

続いてメインの本体(ブラック)を見ていきましょう。一番気になっていた『安っぽいか』の部分についてですが、結論から言えば『全く安っぽくない』です。

Phone (2a)

私はNothingの『 Phone (1)』『Phone (2)』も所有していますが、並べてみて引けを取らない存在感。モチーフであるスケルトンデザインをしっかりと継承。さり気なく加えられた『』がアクセントに。

Nothing Phone

ただしPhone (2a)はLEDの数が少ないので、『光らせた時(Glyph Interface)』のイメージは大分変わります(派手過ぎず逆に好印象という人も多そう)。

背面LED

Phone (1)』『Phone (2)』は背面にガラス素材を使用。Phone (2a)は樹脂素材なので、この部分が安っぽさにつながるのではないかと個人的には予想。それがパッと見は違いが分からないクオリティ(滑らかかつ透明)。

Phone (2a)

手で触れてみるとガラスは物質的な『冷たさ』を感じますが、そこは安っぽさに直結せず。背面が透明ガラス素材のケースを装着したら、より2モデルに近づきそうですね。

Phone (2a)カメラ

エッジ部分は滑らかにラウンド。樹脂はガラスと比較して加工しやすいので、低コストで高級感とフィット性を同時に高めている印象。

Phone (2a)側面

レンズまわりはシームレスに隆起。バランス的に完璧なレンズ配置ですが、個人的にはPhone (1)、Phone (2)のカメラデザインの方が好きですね。

Phone (2a)カメラデザイン比較

左下には『NOTHING』のロゴ。Phone (1)、Phone (2)よりも主張が控えめな『』でさり気なくブランドをアピール。全てが緻密な計算の上でレイアウトされているPhone (2a)。一般的なスマートフォンメーカーには無いセンスの良さを感じます。

Nothingロゴ

見た目に関しては上位モデルと大差の無いPhone (2a)。しかし手に持った時の感触は明確に違うんです。それはフレーム部分の『温度』と『手触り』によるもの。

公式ページによると、Phone (2a)、Phone (2)はどちらもフレームに『リサイクルアルミニウム』を使用。

フレーム

Phone (2)は『金属の質感』が伝わってくるのに対し、Phone (2a)ではそれが無い。見た目も『マット』です。アルミニウムに何かしらの加工が加えられているということでしょう。

メリットは『冬に持った時冷たく無い』『滑りづらい』といったところでしょうか。酸化の防止にもなっているような?

Nothingのデザイン追求はディスプレイ面にも。

ディスプレイ横

ディスプレイ縦

Phone (2a)のベゼルは上下左右ほぼ『均等』。バランスに拘りまくっているNothingならではといったところ。廉価なスマートフォンは大体『下ベゼル』が太いです。よって見映えで上位モデルに劣るのが通常。Phone (2a)はその部分をクリアしています。

Nothingのスマートフォンは、『カメラ』『クイック設定』『クイック表示』『スクリーンタイム』『メディアプレーヤー』『レコーダー』『時計』『磁石』『写真』『天気』『歩数計』『Nothing X(イヤフォン用アプリ)』など様々な専用ウィジェットを搭載。

Phone (2a)でもそれらを使用可能。ウィジェットを適用するとデザインに統一感が出て、一般的なAndroidスマートフォンと大きく異なる雰囲気に。

Nothing UI

Nothing UI 2

上位モデルと同様にAIで壁紙を生成したり、再生中の音楽に合わせて背面のGlyphライトを光らせることまで出来てしまう。アップデートによりChatGPTとの連携も強化されました。

Nothing 生成AI壁紙

Nothing 生成AI壁紙作成

私は最近『わたぬき社長・アパレルの勝算』というYouTubeチャンネルを見ているのですが、番組内では『この服がこの作りで◯◯円は安すぎる』といったコメントが散見。

Nothing Phone (2a)も『安すぎ』に該当しそうというのが、実際同端末に触れ軽く操作した上での率直な印象。この端末を超円安下において『49,800円(税込)~』で出されたら、他のメーカーは固まってしまいますね。

Nothingは過去に既存モデルの『値上げ』を行ったことがあるので、『このまま4万円台で販売され続ける』かは不明。注文殺到による『在庫切れ』にも要注意です。

Nothing Phone (2a)、Nothing Phone (1)、Nothing Phone (2)の主なスペック

Nothing Phone (2a) Nothing Phone (1) Nothing Phone (2)
Soc MediaTek Dimensity 7200 Pro(4nm TSMC第2世代) Qualcomm Snapdragon™ 778G+ 5G(6nm) Qualcomm Snapdragon™ 8+ Gen 1(4nm TSMC)
容量 8GB/128GB、
12GB/256GB
8GB/128GB、8GB/256GB、12GB/256GB 8GB/128GB、12GB/256GB、12GB/512GB
電池 5,000mAh(有線充電:45W 4,500mAh(有線充電:33W、無線充電:15W、無線給電:5W) 4,700mAh(有線充電:45W、無線充電:15W、無線給電:5W)
サイズ 161.74 mm x 76.32 mm x 8.55 mm 159.2 mm x 75.8 mm x 8.3 mm 162.1 mm x 76.4 mm x 8.6 mm
重量 約190g 約193.5g 約201.2g
画面
  • サイズ:6.7インチ
  • 種類: 有機EL
  • 解像度:1084×2412ピクセル
  • 最低リフレッシュレート:30Hz
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:240Hz
  • 最大(屋外)輝度:1,100ニト
  • ピーク輝度:1,300ニト
  • コントラスト比:5,000,000:1
  • 10bit表示:対応
  • DCI-P3:100%
  • サイズ:6.55インチ
  • 種類: 有機EL
  • 解像度:1080×2400ピクセル
  • 最低リフレッシュレート:60Hz
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:1,200ニト
  • コントラスト比:1,000,000:1
  • 10bit表示:対応
  • サイズ:6.7インチ
  • 種類: 有機EL(LTPO)
  • 解像度:1080×2412ピクセル
  • 最低リフレッシュレート:1Hz
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:240Hz
  • 最大(屋外)輝度:1,000ニト
  • ピーク輝度:1,600ニト
  • コントラスト比:1,000,000:1
  • 10bit表示:対応
ベゼル幅 2.1 mm 2.65 mm 2.65 mm
カメラ
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:5,000万画素
    イメージセンサー:非公開
    イメージセンサーサイズ:1/1.56インチ
    画素サイズ:非公開
    F値:1.88
    手ブレ補正:光学式、電子式
  • 超広角カメラ
    解像度:5,000万画素
    イメージセンサー:非公開
    イメージセンサーサイズ:1/2.76インチF値:2.2
    画素サイズ:非公開
    画角:114度
    Ultra XDR:対応
フロントカメラ
  • メインカメラ
    解像度:3,200万画素
    イメージセンサー:非公開
    イメージセンサーサイズ:1/2.74
    F値:2.2
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:5,000万画素
    イメージセンサー:SONY IMX 766
    イメージセンサーサイズ:1/1.56インチ
    画素サイズ:1.0μm | 2.0μm
    (ピクセル統合時)
    F値:1.88
    手ブレ補正:光学式
  • 超広角カメラ
    解像度:5,000万画素
    イメージセンサー:Samsung ISOCELL JN1
    イメージセンサーサイズ:1/2.76インチF値:2.2
    画素サイズ:0.64μm | 1.28μm
    (ピクセル統合時)
    画角:114度
    マクロ撮影(4cm)
フロントカメラ
  • メインカメラ
    解像度:1,600万画素
    イメージセンサー:SONY IMX 471
    イメージセンサーサイズ:1/3.1
    F値:2.45
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:5,000万画素
    イメージセンサー:SONY IMX 890
    イメージセンサーサイズ:1/1.56インチ
    画素サイズ:1.0μm | 2.0μm
    (ピクセル統合時)
    F値:1.88
    手ブレ補正:光学式、電子式
  • 超広角カメラ
    解像度:5,000万画素
    イメージセンサー:Samsung ISOCELL JN1
    イメージセンサーサイズ:1/2.76インチF値:2.2
    画素サイズ:0.64μm | 1.28μm
    (ピクセル統合時)
    画角:114度
    マクロ撮影(4cm)
    Advanced HDR:対応
フロントカメラ
  • メインカメラ
    解像度:3,200万画素
    イメージセンサー:SONY IMX 615
    イメージセンサーサイズ:1/2.74
    F値:2.45
動画撮影

4K 30fps (リアカメラ)

1080p 60fps

1080p 120fps (スローモーション)

アクションモード

4K 録画、30 fps
1080p 録画、30 または 60 fps
ライブ Live HDR、30 fps
スローモーション (120 fps)
ナイトモード (720p/1080p、30 fps)
OIS および EIS 画像安定化
4K 録画、60 fps
1080p 録画、30 または 60 fps
ライブHDR、4K30 fps
スローモーション (480 fps)
Night Mode (1080p、30 fps)
アクション モード
OIS および EIS 手ぶれ補正機構
タイムラプス (4K)
ISP Imagiq 765 (14-bit) Spectra 570L (14-bit) Spectra ISP(18-bit)
イヤフォンジャック 非対応 非対応 非対応
位置情報 GPS (L1), GLONASS (G1), BDS (B1I), GALILEO (E1), QZSS (L1) GPS(L1&L5), AGPS, GLONASS , BDS , GALILEO, QZSS GPS:L1+L5 デュアルバンド、A-GPS、GLONASS、BDS、GALILEO、QZSS、NavIC、SBAS
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac または ax (Wi-Fi 6)、2.4 GHz / 5 GHz デュアルバンド、 2×2 MIMO、MU-MIMO Wi-Fi 6, 802.11 a/b/g/n/ac/ax、2.4G/5Gデュアルバンド Wi-Fi 6、802.11 a/b/g/n/ac/ax、2.4G/5G デュアルバンド
Bluetooth Bluetooth 5.3, A2DP, BLE 5.2 5.3
SIM nanoSIM×2 (5G+5G) nanoSIM×2 (5G+5G) nanoSIM×2 (5G+5G)
防塵防水 IP54 IP53 IP54
指紋認証 画面内 画面内 画面内
Micro SDカード 非対応 非対応 非対応
スピーカー デュアルステレオ デュアルステレオ デュアルステレオ
おサイフケータイ(FeliCa) 対応 非対応 非対応

関連リンク

あわせて読みたい
楽天カード新規入会・利用&楽天モバイルはじめて申し込みで最大『3万円相当』ポイントプレゼントのマジ... 楽天モバイルが、2024年6月14日(金)午前10時~7月1日(金)午前10時までの期間限定(WEBの場合)で『【楽天カード会員様対象】楽天モバイル初めてお申し込みで20,000...
あわせて読みたい
【6月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!