Xiaomi(Redmi)から格安な『8インチ台』のタブレットが登場か。複数の認証機関でモデル番号が確認される

Redmi Pad SE

2024年6月12日、GIZMOCHINAが『Redmi Pad SE 8.7 4G』という未発表のデバイスに関する独占記事を公開。

記事内容によると、同デバイスは『24076RP19G』『24076RP19I』というモデル番号でIMEI(デバイスを識別するための番号)のデータベースに登場。

2024年6月14日、Redmi Pad SE 8.7 4Gに関する続報mysmartprice.comが投稿。『24076RP19G』のモデル番号が、今度は『IMDA認証(シンガポールで販売・利用する際に必要)』を取得したとのこと。同メディアは『8.7インチの小型タブレットの発売が近づいている』と報じています。

日本で発売されている『Redmi Pad SE』は、11インチの大型ディスプレイとクアッド(4つ)スピーカーを搭載。Socはエントリーモデル向けの『Snapdragon 680』。4GB/128GB、6GB/128GBの2モデルを『21,800円~』の低価格でラインナップ。

2024年5月23日には、ALLDOCUBE Japanが8.4インチのタブレット『iPlay60 mini Pro』を日本市場で発売開始。こちらはSocに『Helio G99』を搭載。処理能力ではHelio G99が上回ります。

あわせて読みたい
【欲しすぎ】iPlay60 mini Proがいよいよ日本発売開始。『モノ足りない』をアプデし続けた8インチタブレ... 持ち運びに最適な大画面サイズと言えば『8インチ台』。AmazonのKindleシリーズなら『Fire HD 8』が該当。サイズ的にはバッチリですが、Fire HD 8は『ディスプレイ解像度...

Xiaomiは元々、『Mi Pad 2(7.9インチ)』『Mi Pad 3(7.9インチ)』『Mi Pad 4(8インチ)』と小型のタブレットを販売していました。よってRedmi Pad SE 8.7 4Gは『原点回帰』な印象です。

クアッドスピーカー』が踏襲されたらそれは強みになると思いますが、せめてSocは『Helio G99』にアップグレードしていただきたいところ。日本で発売されるのかも含め、Redmi Pad SE 8.7 4Gの動向に注目です。

関連リンク

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...
あわせて読みたい
【7月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!