ワイモバイルの『シンプル2』は値上げか?『M』と『LINEMO(スマホプラン)』のサービス内容を比較したら面白い結果に

ワイモバイルのシンプル2(M)とLINEMO(スマホプラン)はどう違うのか

SoftBankのサブブランド『ワイモバイル』は、10月3日から新料金プラン『シンプル2』をスタート。『ギガマシマシ!』というキャッチピーの通り、データ容量を増量。ただしそれに伴い『月額料金』の引き上げも行われています。

シンプル2(M)はデータ容量が15GBから『20GB』に。これはオンライン専用ブランド『LINEMO』のスマホプランと同じです。では、シンプル2(M)とLINEMO(スマホプラン)はどういった違いがあるのか。主なサービス内容を比較してみましょう。

プラン名 シンプル2(M) LINEMO(スマホプラン)
データ容量 20GB 20GB
月間データ容量超過後の最大通信速度 20~30GBは1Mbps、30GB超は128kbps 1Mbps
翌月データ繰り越し 対応 非対応
月額基本料金 4,015円 2,728円
PayPayカード割 -187円
おうち割 光セット(A) -1,650円
家族割引サービス
(2回線目以降)
-1,188円
データ使用量が1GB以下/月の場合 -1,100円
5分かけ放題 550円
10分かけ放題 880円
24時間かけ放題 1,980円(60歳以上は1,100円割引) 1,650円
通話料金 22円/30秒 22円/30秒
付帯サービス LINEギガフリー

先述している通り、月間データ容量は『20GB』と同じ。ただし20GB超過後に関しては、『シンプル2(M)』『LINEMO(スマホプラン)』でそれぞれ条件が異なります。

あわせて読みたい
高品質なソフトバンク回線を安く使いたい人は『ワイモバイルの営業マン』になって『一人目のユーザー』... 通信キャリアSoftBankは、オンライン専用ブランド『LINEMO(ラインモ)』と、サブブランドの『ワイモバイル』を展開。月額基本料金のみで比較すると、下記の通りLINEMO...

超過直後の通信速度はどちらも最大『1Mbps』ですが、LINEMO(スマホプラン)はデータ容量を定めていないのに対し、シンプル2(M)は30GBを超えた時点で最大『128kbps』に制限。

XiaomiのRedmi Note 11 Pro 5Gが楽天スーパーSALEを上回る安さか

LINEMO(スマホプラン)では、ストリーミング動画(SD画質)を観たり音楽を聴ける程度の最大通信速度が維持。対してシンプル2(M)は、30GBを超えた時点でQRコード決済やメッセージのやりとりを何とか出来る程度に。

最大128kbpsだと、一般的なブラウジングやSNSといった用途にも支障が出ます。よってシンプル2(M)を実用的に使えるのは、『30GBまで』と認識しておいた方が良いでしょう。スマートフォンでYouTubeやABEMAを観る頻度が高い人は要注意。

あわせて読みたい
Pixel 7aで『平日お昼』にSIM6種類速度比較!SoftBank『LINEMO』が桁違いの爆速ブッチギリで優勝! 2023年5月11日に登場したGoogleのスマートフォン『Pixel 7a』。物価高の影響が続き、2023年前半は盛り上がりに欠けたSIMフリーAndroid市場。Pixel 7aがカンフル剤となり...

データ容量の部分でLINEMO(スマホプラン)に劣るシンプル2(M)ですが、月額基本料金では『1,287円上回る』というまさかの逆転現象。ここまでの情報のみで精査すれば、『LINEMO(スマホプラン)』をゴリ押しするのは当然のこと。

ただしワイモバイルのシンプル2(M)には、各種割引サービスが用意されています。まず料金の支払いに『PayPayカード』を使用すると『-187円』割引。月額基本料金は『3,828円』に。

おうち割 光セット(A)』『家族割引サービス』はどちらか片方のみ適用可能。あわせて『-2,838円割引』とならないので、その点は予め認識しておきましょう。

記事が見つかりませんでした。

月額基本料金は値上げしたワイモバイルですが、シンプル2(M/L)では『おうち割 光セット(A)』の割引額を『-1,650円』に増額。PayPayカード割とあわせて適用すれば、月額基本料金は『2,178円』まで一気に下落。

光回線を契約していなくても、『家族割引サービス』が適用されれば『-1,188円』割引されて『2,640円』。どちらもLINEMO(スマホプラン)を下回ります。

あわせて読みたい
【実際に使ってる】月額990円で満足度が高いハイコスパSIM3選。固定費を削減したいなら通信業者を乗り換... 10年前に『月額千円以内でまともに使えるSIM』など存在しませんでした。その頃に通信料金の節約に挑戦した人は、『安いSIM=通信品質が最悪で使えない』というイメージ...

また、ワイモバイルは『60歳以上』のユーザーに対して24時間かけ放題(スーパーだれとでも定額+)の利用料金を『-1,100円』割引(永年)するキャンペーンも実施中。

割引の連鎖が起きれば、LINEMO(スマホプラン)よりもお得に利用出来るシンプル2(M)。ただしこれはあくまで『光回線契約』『家族で契約』など一定の条件が揃った場合。

一人暮らし(単身)で光回線を契約していないなら、月間データ容量超過後の制限がなく、LINEギガフリー(LINEの対象サービスが通信ノーカウント)も付帯するLINEMO(スマホプラン)の方がコストパフォーマンスは上がるはず。

あくまで『自分の環境』に合わせて、『シンプル2(M)』『LINEMO(スマホプラン)』を選びましょう。

格安SIMに関連する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!