Anker Soundcore Liberty Air 2 Proにイヤーチップ装着テストが追加!これでもう迷わない!

ANC(アクティブノイズキャンセル)機能を搭載するTWSでは最上位モデルとなるAnkerの『Soundcore Liberty Air 2 Pro』。ユーザーの『聴こえ方』を細かく解析し、『右耳』『左耳』に合わせて最適な音の設定を行ってくれる『HearID』。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

Soundcore Liberty Air 2 Pro』では最新バージョンの『 2.0』を利用可能です。『HearID』で最適化される前と後では音の聴こえ方が別次元。この機能を使うが為に『Soundcore Liberty Air 2 Pro』を購入しても後悔はないと思います。

Liberty Air 2 レビュー

そして先日『Soundcore』アプリがアップデートされ、『イヤーチップ装着テスト』が追加された事をYou Tubeチャンネルの視聴者様が教えてくれました。『Soundcore Liberty Air 2 Pro』には9サイズのイヤーチップが同梱。サイズを微調整出来るのは大きなメリットですが、種類が多すぎてどのサイズを選んで良いか分からないという人もいるでしょう。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

イヤーチップ装着テストでは『イヤーチップのサイズ』が合っているか。『イヤフォンの着け方』が正しいかを判断してくれます。イヤーチップ装着テストを行う為に『Soundcore』のアプリをGoogle Playから最新バージョンに更新(アプリ内のファームウェアアップデートとは異なります)。アップデート後にアプリを起動すると、モード設定の下にイヤーチップ装着テストが追加されています。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

適正なイヤーチップを選択すると『低音の強化』『ノイズキャンセリング効果の向上』が得られるとの事。その適正をしっかり教えてくれるイヤーチップ装着テスト。絶対にやるべきですね。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

テストはベストな結果を得る為に、出来るだけ静かな場所で行う必要があります。人が居ない室内であればまず問題ないはず。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

テストを開始すると大きめな音楽が数秒間流れます。短い時間で終わるので、注意書きの通り動かずじっとしていましょう。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

私が1回目に行ったテストの結果がコチラ。左耳は『最適な密閉感』、右耳は『密閉感が良くありません』という別々の結果に。詳細を確認すると、右耳と左耳で装着角度が違っている事に気が付きました。

テストをするまでは正しい角度というものがそもそも分からなかったので、結果を見てスッキリ。右耳と左耳でイヤーチップのサイズを変えるという発想も私の中には無かったのでただただ関心。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

まずは右耳の装着角度を左耳に合わせて修正し、再テストすると先程とは違った結果に。サイズは合っていたようです。角度を変えた事で、明らかに『しっくり来ている』というのが自分でも分かりました。一度テストを行っただけで『イヤーチップのサイズが適正である事』『正しい装着角度』を教えてくれたイヤーチップ装着テスト。これでさらに良い環境で音楽が聴けるようになりました!

Soundcore Liberty Air 2 Pro

オマケとして、別途購入したサードパーティのウレタン製イヤーチップでもテストを行ってみました。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

1回目のテストは左右どちらも『密閉感が良くありません』という悪い結果。密閉感が重要なウレタン製だけにショックです。耳に合わないサイズを買ってしまったのか。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

しかし付属のイヤーチップと比較して奥行きがある事に気が付き、今度は耳の奥までしっかりと差し込んで再テスト。『最適な密閉感』に切り替わり一安心!社外製のイヤーチップでもしっかりテスト出来ると確認出来ました。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

ウレタン製は密閉感が増し、ノイズキャンセル効果が向上したと感じました。しかし音楽を聴いた時の音質は付属品の方が上。利用する場所に合わせて使い分けるのがベストですね。

Soundcore Liberty Air 2 Pro購入元:Amazon

製品仕様
再生可能時間 ・通常モード:最大7時間 (イヤホン本体のみ) / 最大26時間 (充電ケース使用時)
・ノイズキャンセリングモード:最大6時間 (イヤホン本体のみ) / 最大21時間 (充電ケース使用時)
・外音取り込みモード:最大6.5時間 (イヤホン本体のみ) / 最大23時間 (充電ケース使用時)
充電端子 USB Type-C
充電時間 約1時間 (イヤホン) / 約1.5時間 (充電ケース *USBケーブル使用時) / 約2.5時間 (充電ケース *ワイヤレス充電器使用時)
重さ 約62g (充電ケース含む)
防水規格 IPX4
通信方式 Bluetooth 5
Bluetoothプロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデック SBC / AAC

 

関連カテゴリー

BluetoothイヤフォンAnker

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!