XiaomiがUV-Cライト除菌機能搭載のスマート加湿器を6,800円で激安リリース!低消費電力で清潔に加湿できる!

Xiaomi UV-Cライト除菌加湿器

Xiaomiより

ついに湿度が一気に低下する『10月』を迎えました。そしてあっと言う間に一年で最も乾燥する時期とされる12月~2月に突入します。のどや鼻、皮膚が乾燥すると風邪を引きやすくなるので、新型コロナウィルスがおさまらない現状において湿度の管理は絶対にすべき事の一つ。

適正な湿度を保つのに必要となるのが『加湿器』です。加湿器には大きく分けて『スチーム式』『気化式』『超音波式』『ハイブリッド式』といった4種類が存在します。

スチーム式ヒーターで水を加熱して除菌するので、衛生的である事が特徴。加湿効果も高いです。デメリットはヒーターを使うので消費電力が上がり、それが電気代に反映されてしまいます。カルキが残りやすいので定期的にクエン酸を使って手入れをする必要もあり。

スチーム式

スチーム式加湿器:EE-RP50-WA(象印より)

 

気化式フィルターに水を浸透させ、ファンで気化しながら蒸気を送ります。ヒーターを使わないのでスチーム式と比較して電気代は安くなりますが、水が除菌されないので頻繁に手入れをしないと加湿と共に菌をばらまく事に。パワーが弱いので加湿力が弱いのも難点。また、フィルターは消耗品なので、定期的に交換、もしくは本体の買い替えが必要。取り扱い数は減少傾向。

気化式

気化式加湿器:FE-KFT07-W(パナソニックより)

超音波式超音波の振動で水をミスト状態にして噴霧。デスクトップタイプなど小型なものから幅広いサイズが用意されています。気化式と同じくヒーターを搭載しないので低消費電力駆動。電気代が安いのがメリットです。ただし除菌されないのは超音波式も同じ。定期的にカルキ汚れを落とす必要もあります。

超音波式

超音波式加湿器(Tasigokより)

ハイブリッド式気化式ヒーターを組み合わせたもの。フィルターに浸透させた水ヒーターで温めた温風を使って気化させながら加湿を行います。水が除菌行される事や加湿の素早さがメリットですが、フィルタに加え電気代という二重のコスト増。コストパフォーマンスはあまり良くない印象。

ハイブリッド式加湿器HDK-35-W(アイリスオーヤマより)

それぞれにメリットとデメリットがあり、特に『除菌』と『電気代』はオフトレードな関係に。しかしこの部分を改良した加湿器が登場しました。それがDysonの『Hygienic Mist™』です。消費電力の高いヒーターではなくUV-Cライト(紫外線)を水に照射して除菌。

UV-Cライト(紫外線)

Dysonより

スチーム式は最大200W程度の電力を必要とする場合が多いのに対し、Hygienic Mist™は最大55W低消費電力清潔に加湿を行えるので、まさに皆が求めていた究極の加湿器と言えるでしょう。ただしお値段が53,680円(税込)。いくらランニングコストが安いと言えど、加湿器にここまでのお金をかけられる人は中々いないのでは。

究極の加湿器

MF01 BN(Dysonより)

 

Dyson Hygienic Mist™と同じUV-Cライトによる除菌機能を搭載した加湿器を新たにリリースしたのが、スマートフォンでお馴染みの『Xiaomi』です。

UVライトで除菌

Xiaomiより

水タンク容量はHygienic Mist™の2.84リットルより多い4.5リットル。上部給水設計を採用しているので注水及び手入れが簡単です。

入れるのが簡単

Xiaomiより

簡単手入れ

Xiaomiより

セラミックを使用した高周波ミスト生成システムにより300ml/hで広い範囲を加湿。加湿はレベルは4段階に調節可能で、スマートフォンアプリ『Mi Home』からリモートで設定を行えます。

セラミック

Xiaomiより

Mi Home

Xiaomiより

消費電力はわずか25W。1日中24時間つけっぱなしにしていても電気代は『16円』程度(東京電力料金)です。電動バルブの静音性を高める研究開発により駆動中の騒音を38db未満に制御。寝室など音が気になる場所での利用にも最適。

寝室 加湿

Xiaomiより

Hygienic Mist™の半額程度で購入出来れば満足出来そうなこの加湿器が、Xiaomi価格だとたったの『6,800円(税込)』。値段を見て即購入してしまいました。デザインも良いですし、これは間違いなく売れるでしょうね!

あわせて読みたい
清潔で柔らかな蒸気が心地よい。シャオミのUV-Cライト除菌機能つき加湿器レビュー!スマホとの連携方法... Xiaomiが日本国内に向けてリリースした『UV-Cライト除菌』に対応する加湿器。この加湿器がどれだけ優れた機能を持っているか。そしてどれだけ価格が安いのか(6,800円)...
加湿器

Xiaomiより

Xiaomi Mi スマート加湿器の主な仕様

Mi スマート抗菌加湿器
定格電圧 220 V
定格電力 25 W
重量 約1.9kg
加湿能力 300 ±50 mUh
定格周波数 50 Hz
水タンク容量 4.5L
作動時ノイズレベル 38 dB 以下
製品サイズ 190 × 190 × 353 mm
同梱品 本体、取扱説明書
製品番号 SCK0A45

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!