150g台の超軽いスマホ!AQUOS sense6とXiaomi Mi 11 Lite 5Gのストロングポイントを比較

AQUOS sense6とMi 11 Lite 5G比較

SHARPがAQUOS senseシリーズの最新モデルとなる『AQUOS sense6』を発表しました。docomoKDDIが2021年秋以降に発売予定。

AQUOS sense 6

SHARPより

大きな改善点としては、IGZOディスプレイを『液晶』から『有機EL』に変更し『10億色』表示に対応。さらにメインカメラの解像度を『1,200万画素』から『4,800万画素』引き上げています。

また、4,570mAhの電池容量を維持しつつ、液晶に使用していたバックライトを除く事で厚みを11%削減。重量を177gから156gへと軽量化。Socは4G対応のSnapdragon 720Gから5G対応のSnapdragon 690 5Gに変更。実用的な部分で様々な底上げが行われています。

IGZOディスプレイ

SHARPより

AQUOS sense6の競合と考えられるのはXiaomiのMi 11 Lite 5G。『10億色』表示の有機ELディスプレイを備え、重さはわずか159g。FeliCa対応で『おサイフケータイ』も使えるので、両モデルを比較対象とする人は多いでしょう。

mi 11 lite 5g

Xiaomiより

今回はAQUOS sense6Mi 11 Lite 5Gのスペックを比較し、それぞれのストロングポイントを紹介していきたいと思います!

処理能力で選ぶなら『Snapdragon 780G 5G』を搭載するMi 11 Lite 5G

Snapdragon 780G

Xiaomiより

Mi 11 Lite 5GはSocにミッドレンジの中で最高峰となる700シリーズの最上位モデル『Snapdragon 780G 5G』を搭載しています。スマートフォンの脳となるCPUの性能はハイエンドモデルに近いレベル。

投稿が見つかりません。

CPUの性能が高いとどうなるのかと言えば、アプリの動作速度が向上するのでスマートフォンの操作感が格段に向上。『サクサクした動き』というのはCPU性能が高くなければ実現できません。

AQUOS sense6が搭載しているSnapdragon 690 5Gは1世代前のモデルとなるAQUOS 5Gとおなじもの。性能的にはAQUOS sense4が搭載しているSnapdragon 720Gと大きく変わりません。あくまで『5Gに対応した』というのが今回のアップデート内容。処理能力と快適な動作を優先するならMi 11 Lite 5Gを選びましょう。

あわせて読みたい
シャオミのMi 11 Lite 5Gが売れてる理由は大画面で『軽い』から。持って操作した瞬間に最高を感じられる... Xiaomiが日本市場で発売している中で最も『軽い』スマートフォン、それが『Mi 11 Lite 5G』です。持って軽いだけのスマートフォンであれば他にも存在します。しかしMi 1...

電池もちで選ぶなら省エネ『IGZOディスプレイ』を搭載するAQUOS sene6

IGZOディスプレイ

SHARPより

スマートフォンで一番電力を消費するのがディスプレイ。SHARP自社開発による『IGZO』の技術を採用しているAQUOS sense6のディスプレイは電子移動度の高さが特徴。電流漏れを防ぐ事で無駄な電力を使用せずに一定の輝度を維持します。つまり低消費電力ながら安定した表示を行う事が可能という事です。

電池容量はMi 11 Lite 5G4,250mAhより320mAh多い4,570mAh。それでいてディスプレイサイズはMi 11 Lite 5Gの6.55インチより一回り小さい6.1インチなので、物理的にも消費電力が少ないAQUOS sense6。電池もちを優先するのであればAQUOS sense6がお勧めです。

カメラ画質で選ぶなら『トリプルISP』を搭載するMi 11 Lite 5G

カメラの画質を左右するのは『解像度』ではありません。よって『解像度が高いMi 11 Lite 5Gの方が綺麗に撮れる』では無いのです。解像度よりも重視しなければならないのは『イメージセンサー』ですが、残念ながら両モデルともに非公開。もっとも、ミッドレンジに搭載されている4,800万画素、6,400万画素対応のイメージセンサーであれば、基本的に6,400万画素対応モデルの方が高性能。つまりMi 11 Lite 5Gに搭載されているイメージセンサーの方が優れている可能性が高いです。

イメージセンサー

Xiaomiより

そしてカメラ画質を左右するもうひとつの重要素がISP(画像処理プロセッサ)。同じイメージセンサーを搭載したスマートフォンでも、ミッドレンジよりハイエンドの方が高画質に撮れるのは、ISPの性能が優れているから。AQUOS sense6には『Spectra™ 355L』、Mi 11 Lite 5Gには『Spectra™ 570』というISPが搭載されています。

あわせて読みたい
Xiaomi Mi 11 Lite 5GとOPPO Reno5 A 5Gのカメラ画質を比較!超人気スマホ代表が激突! 日本のSIMフリースマートフォン市場で恐らく一番注目されているのが『ハイミッドレンジ』のカテゴリー。10万円を超えるフラッグシップは求めてないけど、ミッドレンジじ...

Spectra™ 355Lは『高解像度かつ低ノイズで写真や動画を撮れる程度の性能に留まるのに対し、Spectra™ 570はハイエンド用のSnapdragon 800シリーズと同様に3つのISPを搭載。望遠、広角、超広角レンズを使って一度に2500万画素の画像を書き出す事が可能となっています。低照度撮影時の画質が特に強化されており、夜景はやや苦手と感じていたXiaomiのスマートフォンが別次元に。実際にMi 11 Lite 5Gで夜景を撮影した時はノイズの少なさ、明瞭さに驚かされました。

あわせて読みたい
Xiaomiが苦手な『夜景画質』をMi 11 Lite 5Gは克服出来たのか?OPPO Reno5 A 5Gと比較検証 Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの競合機となるOPPO Reno5 A 5G。2021年7月時点において、日本SIMフリースマートフォン市場はこの2強に支えられています。競合機なので本来は同等...

場所を選ばずスマートフォンを使いたいなら『IP68』『MIL規格』に対応するAQUOS sense6

AQUOS sense6の防水防滴性能は最高レベルの『IP68』。Mi 11 Lite 5GIP53ととなり耐水性ではAQUOS sense6に劣ります、IGZOディスプレイは水に濡れた状態でも操作がしやすいといった特徴もあるので、キッチンやお風呂場での利用はAQUOS sense 6の方が適していると言えるでしょう。

防水規格に加え、全19項目の耐衝撃(落下)テストをクリアして米軍調達規格『MIL-STD-810H』まで取得しているAQUOS sense6。スマートフォンは家電なので衝撃による故障が気になる人は多いはず。AQUOS sense6であればそういった心配が軽減され、場所を選ばず安心して端末を利用する事が可能です。

AQUOS sense6とMi 11 Lite 5Gは『150g台』の軽量設計

軽いスマホ

SHARPより

AQUOS sense6156gMi 11 Lite 5G159gの軽量設計。最近は電池の大量化が進み、200gを超えるスマートフォンが一般的になっています。私はMi 11 Lite 5Gを含めた複数の端末を所有していますが、その中でMi 11 Lite 5Gはダントツの軽さ。スマートフォンは毎日手に持って使うもの。だからこそ『150g台』の価値はとてつもなく大きいです。

Mi 11 Lite 5G ナイスミドルスマホ

Xiaomiより

AQUOS sense6とMi 11 Lite 5Gは『FeliCaチップ搭載』でおサイフケータイが使える

SuicaやPASMOに加え、クレジットカード、会員証などをスマートフォンの中に入れて持ちはこべる『おサイフケータイ』。すでに利用している人は『FeliCa』非対応端末に乗り換える事はあまりに不便すぎてまず出来ないはず。AQUOS sense6Mi 11 Lite 5GはどちらもFeliCa対応モデル。乗り換え先として不足はありません。

Mi Note 11 Lite 5G

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gに関するレビュー

あわせて読みたい
Xiaomi Mi 11 Lite 5G総合レビュー!シャオミの殻を破ったスマホは全てが完璧だった。市場を震わす完成度 【Xiaomi史上見たことがないミニマムなフラットデザイン】 これまで購入したXiaomiのスマートフォンは10台以上。どこかしら似た要素がありました。しかしMi 11 Lite 5G...

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの主な仕様

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
Soc Snapdragon 780G(5nm)

  • CPU:Cortex-A78×1(2.4GHz)、Cortex-A78×4(2.4GHz)、Cortex-A55×4(1.9GHz)
  • GPU:Adreno 642(490MHz)
容量 6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池 4,250mAh(最大33W急速充電)
重量 159g
画面
  • サイズ:6.55インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、800nits(高輝度モード)
  • コントラスト比:5000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 素材:ゴリラガラス6
カメラ メインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.79
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.97
  • 画素サイズ:0.7µm
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:コントラストAF

フロントカメラ

  • 解像度:2,000万画素
  • F値:2.2
  • 焦点距離:27mm
  • センサーサイズ:1/3.4
  • 画素サイズ:0.8µm
おサイフケータイ 対応
防水防塵 IP53
オーディオ デュアルスピーカー
SIM nano SIM×2スロット
OS MIUI12(Android 11)

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gにお勧めな格安SIM

  • 5G NR:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
  • LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
  • LTE TDD:38/40/41
  • 3G WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
  • 2G GSM:2/3/5/8

docomoの周波数帯対応状況(グローバルモデル)

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMO

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

SHARP AQUOS sense6の主な仕様

AQUOS sense6
Soc  Snapdragon 690 5G
容量 4GB/64GB、6GB/128GB
電池 4,570mAh
重量 156g
画面
  • サイズ:6.1インチ
  • タイプ:IGZO有機EL
  • 解像度:FHD+
  • タッチサンプリングレート:120Hz
  • ピーク輝度:1,300ニト
  • コントラスト比:13,000,000:1
  • HDR:対応
カメラ メインカメラ

  • 解像度:4,800万画素
  • 画角:水平79度
  • F値:1.8
  • 焦点距離:26mm
  • 手ブレ補正:電子式

広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平120度
  • F値:2.2
  • 焦点距離:15mm
  • 手ブレ補正:電子式

望遠カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平45度
  • F値:2.4
  • 焦点距離:53mm
  • 手ブレ補正:電子式

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平78度
  • F値:2.0
  • 焦点距離:26mm
  • 手ブレ補正:電子式
おサイフケータイ 対応
防水防塵 IP68
Bluetooth 5.1
OS Android11

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!