Googleフォトが超アプデ!『安いスマホ』で撮った写真が化ける。OPPO A79 5G、moto g24で試した

スマートフォンカメラ

Googleは2024年4月10日、公式ブログにおいて『消しゴムマジック』などのAI編集機能を『すべてのGoogleフォトユーザーに提供する』と発表しました。

提供開始は2024年5月15日から(数週間かけてロールアウト)。2024年6月10日時点で私が所有する『OPPO A79 5G』『Motorola moto g24』といった廉価モデルにも機能が追加されました。

以前は『HDRエフェクト』『ダイナミック』『ぼかし』『消しゴムマジック』の右下にGoogle Oneのアイコンが表示。実際に編集機能を使用するには 『1ヶ月間の無料トライアル』への申し込みが必要でした(トライアル終了後は有料)。

HDRエフェクト

Googleフォトより

ダイナミック

Googleフォトより

ぼかし、消しゴムマジック

Googleフォトより

ただし『Pixelシリーズ』においては、Google Oneの登録なしで上記機能を利用可能でした。『Pixel=消しゴムマジックを使えるスマホ』というイメージを持っている人も多いはず。これからはそれが『Googleフォト=消しゴムマジックが使える』という認識に変わります(クラウドへのアップロード不要)。

しかし実際の使い勝手はどうなのでしょう。処理能力が控えめなエントリーモデルでもまともに使えるのか。まずはOPPO A79 5GPixel 8で『消しゴムマジックの精度』を比較してみました。

OPPO A79 5Gで撮影1

OPPO A79 5Gで撮影した上画像のボルト部分を、消しゴムマジックで1つにつき1回ずつ囲んだ(消した)結果がコチラ。

ボルトを消した1

OPPO A79 5GのGoogleフォトで編集

ボルトを消した2

Pixel 8のGoogleフォトで編集

画像処理の仕方に若干の違いはありますが、クオリティ的には『大差なし』といったところ。ちなみに消しゴムマジックは上から何度でも適用可能。OPPO A79 5Gで残った影部分を消してみました。

ボルトを消した3

背景が複雑だとどうしても仕上がりは不自然に。とはいえ『無料』かつ『エントリーモデル』でこの完成度は満足すべきでしょう。

OPPO A79 5Gで撮影

次は左上の『マイナスドライバー』を消してみます。消しゴムマジックは背景が『単調』なほど綺麗に消せるので、まずはGoogleフォトの調整から『ホワイトポイント+100』『ハイライト+100』を指定。

ドライバーと置物

背景が白くなり、少し暗めだった被写体も明瞭に。続けて消しゴムマジックでマイナスドライバーを囲みます。

黄色い鳥の置物

今度は何も無かったかの様に消え去りました。うまく消えない場合は『合わせ技』を使ってみましょう。

廉価なスマートフォンのカメラは、『イメージセンサー』『レンズ』のサイズが小さい場合が殆ど。さらに画像を処理する力も控えめなので、『光量』『背景ボケ』『ディテール(HDR)』などの面で上位モデルに劣ります。

投稿が見つかりません。

アップグレードされたGoogleフォトの無料編集機能をうまく駆使すれば、短時間で『エントリーモデルで撮影したとは思えない』画像に。

あじさい加工前

こちらはOPPO A79 5G(メインカメラ)の撮って出し。エントリーモデルの画質としてはまったく悪くない(むしろ良い)です。

あじさい加工後

Googleフォトで『ぼかし+85』『奥行き+35』『HDRエフェクト+100』『ダイナミック』を加える(ぼかし、奥行きを指定した後は一度保存)と、上画像の様な仕上がりに。エントリーモデルに足りない要素を色々と付け加えた感じです

淡いあじさい加工前

OPPO A79 5G(メインカメラ)の撮って出しをもう一枚Googleフォトで編集(作業時間1分程度)。

淡いあじさい加工後

ぼかし+85』『奥行き+35』『HDRエフェクト+100』『ダイナミック』を適用。数値を大きくしても不自然にならないところがGoogleフォトの良さ。鮮やかさが増し、Pixelシリーズのポートレートモードライク。

チューリップ(加工前)

こちらは実売1万円台のスマートフォン『Motorola moto g24』の撮って出し。黄色いチューリップにピントをあわせていますが、背景がはっきり残っているので視線が落ち着かず散漫に。

チューリップ加工後

Googleフォトで『ダイナミック』『ぼかし+70』『奥行き+40』を指定。主役のチューリップが引き立ちました。奥行きを変更ことで、ボケの境界は微調整可能です。

あわせて読みたい
【レビュー】moto g24を3週間使って感じたメリット『9つ』デメリット『2つ』。安良いスマホ 直販価格2万円程度の超廉価なスマートフォン『Motorola moto g24』。ハイエンドモデルなら『文句のつけ所が無い』クオリティを目指すべきですが、もっとも廉価な枠のエ...

独自の画像編集機能を提供しているスマートフォンメーカーが殆どですが、エントリーモデルでは使えない機能が多かったり、全体的に若干大味。

Googleフォトはエントリーモデルでこそ利用したい機能が盛り沢山。追加告知されていた『ボケ補正』『ポートレートライト』などは『バージョン6.86.0.639597827』で未だ見当たらず。現時点でかなり満足ですが、近い内にさらに利便性が増すかもしれません。

関連リンク

あわせて読みたい
楽天カード新規入会・利用&楽天モバイルはじめて申し込みで最大『3万円相当』ポイントプレゼントのマジ... 楽天モバイルが、2024年6月14日(金)午前10時~7月1日(金)午前10時までの期間限定(WEBの場合)で『【楽天カード会員様対象】楽天モバイル初めてお申し込みで20,000...
あわせて読みたい
【6月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!