ゲームをしないAndroidユーザーはiPadを買わない方が良い理由。Appleデバイスを10台以上使ったから言える事

Appleデバイス

これまで私が購入したAppleデバイスは『iMac2台(年式不明)』『Mac mini(年式不明)』『MacBook(年式不明)』『MacBook Pro(2014)』『iPad mini(第5世代)』『iPad Air(第4世代)』『Apple Watch 2』『Apple Watch SE』『iPod touch(世代不明)』『iPhone SE(初代)』『iPhone SE(第2世代)』『iPhone 12 mini』。もしかしたら他にもあるかもしれません。

上記の中で一番使ったのが『iMac』『MacBook』『Mac mini』『MacBook Pro』。今はWindowsパソコンをメインに使っていますが、それなりに長い期間マカーでした。スマートフォンはAndroidメインでしたが、音楽鑑賞とゲーム用途にiPod Touchも所有していました。よってiPod Touchの利用頻度もそれなりに高かったと思います。私の中でコスパが高いAppleデバイスはこれらで終了。

iPhone SE(初代)とApple Watch 2は同時期に購入しており、目的は『Suica(定期)』の使用。スマホではなく『時計』で改札を通りたかったのです。iPhone SE(初代)は定期の発行やSuicaのチャージ以外に使う事はほぼなし。しかもApple Watch 2とiPhone SE(初代)を購入して間もなく通勤経路が私鉄に代わり、当時はApple PayPASMOに非対応だったのであえなく終了。

Apple Watch

iPad mini(第5世代)は『A12 Bionic』の性能に惹かれたのと『LINE Payの還元率の高さ』につられて購入。当時7インチ近いファブレットをメインに使っていたこともあり画面サイズの恩恵も無く、使ったのは恐らく2、3回程度。後はパッケージの中で眠っていました。

タブレット

iPad mini(第5世代)Appleより

iPad mini(第5世代)を全く使わなかったのに、なぜか購入してしまったのがiPad Air(第4世代)。理由は『iPadOS』と『A14 Bionic』を試してみたかったから。iOSはAndroidと比較してホーム画面のカスタマイズをしづらかったのですが、その部分がかなり改善。

ウィジェットも見やすく使いやすく進化。外付けディスクからデータを読み込んだり、マウスとキーボードを接続してMacライクな使い方も!A14 BionicのAntutuベンチマーク高すぎ!一通り試し満足して終了。

iPad OS

Appleより

Apple Watch SEの購入理由も浅はか。44mmの大画面と新しい文字盤を試してみたいというもの。Spigenのタフアーマーで格好よくカスタマイズしていざ・・・見た目で全て満足してしまい、使いませんでした。

iPhone SE(第2世代)iPhone 12 miniは検証を目的に購入しているので、それ以外では殆ど使っていません。

浅はかな購入理由が多いとは言え、なぜここまでApple製品を使わなくなったのか。その理由は分かりきっています。私の今のメイン環境が『Android』と『Windows』だから。

Zenfone 8のカメラ画質

Huaweiのシェアが急落したのは『GMSGoogleモバイルサービス)』のライセンスが停止されたから。Android端末であれば、ウィジェットやアプリがGMSに最適化されていて使いやすいですよね。Huaweiの端末ではGMSの利用が基本ブラウザベース。アプリもどれが使えて使えないのかがハッキリと分かりません。

HARMONY OS

Huaweiより

上記に該当するのはHuaweiの端末だけではありません。Appleも同じこと。iPad OSのウィジェットにGoogle KeepChromeを加えたり歩み寄りは見えますが、メインは当然ながらAppleデバイスとの連携とAppleのサービスを使用するもの。Android端末とGMSではありません。

Appleより

Apple製品に何か問題があるわけではないのです。Apple製品はあくまで『Appleユーザー』の為に作られているという大前提をまずは理解すべき。ただしAndroidユーザーがゲームプレイを目的としてiPadを購入するのは『アリ』です。なぜならApple製品は基本的にGPU性能が高いから。表示可能な平均フレームレートもAndroidを上回ります。

ただしゲームをしないのであれば、スマートフォンをAndroidからiPhoneに機種変し、Wear OS搭載のスマートウォッチをApple Watchに買い替え、WindowsパソコンではなくMacを使うようにしましょう。そうすれば宝の持ち腐れは防げます!

iPad mini(第6世代)の販売価格(税込)

  • 【Wi-Fiモデル】64GB:59,800円、256GB:77,800円
  • 【Wi-Fi+Cellularモデル】64GB:77,800円、256GB:95,800円

iPad mini(第6世代)の主な仕様

iPad mini 第6世代
Soc A15 Bionic
容量 64GB、256GB
電池 19.3Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー
充電 20W USB-C電源アダプタ付属
重量 Wi-Fiモデル:約293g、Wi-Fi+Cellularモデル:約297g
画面 8.3インチ(Liquid Retina、液晶)
素材 ディスプレイ:ガラス
フレーム:アルミニウム
カメラ メインカメラ

  • 解像度:1200万画素
  • F値:1.8
  • ズーム:最大デジタル5倍
  • レンズ構成:5枚
  • オートフォーカス:Focus Pixels使用
  • 手ブレ補正:自動手ブレ補正
  • スマートHDR3:対応
センサー Touch ID、3軸ジャイロ、加速度センサー、気圧計、環境光センサー
位置情報 全モデル(デジタルコンパス、Wi-Fi、iBeaconマイクロロケーション)、Wi-Fi + Cellularモデル(Built‑in GPS/GNSS 携帯電話通信)
スピーカー ステレオ(横向き)
Wi-Fi 802.11ax Wi‑Fi 6、同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80
SIM(Wi-Fi+Cellularモデル) nano-SIM(Apple SIMに対応)、eSIM
対応バンド(Wi-Fi+Cellularモデル)
  • 5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77、n78、n79)
  • FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
  • TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
  • UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)

iPad mini(第6世代)にお勧めな格安SIM

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(◎)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMO

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

この記事に関連するカテゴリー

Apple

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!