HuaweiがMate 60 Proでまさかの自前Soc『Kirin』回帰の衝撃。更にMate 60 Pro+も登場か

アメリカ制裁下のHuaweiが自社Socを搭載

2023年8月30日、Huaweiが最新スマートフォン『Mate 60 Pro』をリリースしました。カナダのオタワに拠点を置き、半導体に関する情報を配信しているメディアサイト『TechInsights Inc.』は、Mate 60 Proに搭載されているSoc『Kirin 9000s』を解析。

その結果によると、製造は中国のSMICが担当しており、プロセスサイズは『7nm』。SMICは『Semiconductor Manufacturing International Corporation』の略称。台湾の張汝京(Richard Chang)が2000年8月に創業しています。

SMICには、世界最大手の半導体メーカーとなる『TSMC』が10%出資。旧モデルとなる『Kirin 9000』は、元々TSMCが製造を行っていました。しかしアメリカの追加制裁が発動したことで、TSMCはHuaweiからの新規受注を停止。

記事が見つかりませんでした。

Kirin 9000を搭載するMate 40 Proの後継『Mate 50 Pro』では、遂に自社のSocを搭載出来なくなりました。加えて『5G』の利用にも制限が入り、『5Gを使えないSnapdragon 8+ Gen1』を採用(ケースで5Gに無理やり対応)するという悲惨な状態に。

この時は流石に『Huaweiのスマートフォン事業もいよいよ限界か』と感じました。よって今回の『Kirinへの回帰』はある意味衝撃。Huaweiというか中国の底力を見せつけられたといった印象。

ただし7nmというプロセスサイズは、最新Socと比較して技術的に弱いです。Snapdragon 8 Gen 2は『4nm』。歩留まりを高め、ハイパフォーマンス時の電力効率を大幅に改善した同Socが、Kirin 9000sの競合になるとは到底考え難いです。

あわせて読みたい
【実際に使ってる】月額990円で満足度が高いハイコスパSIM3選。固定費を削減したいなら通信業者を乗り換... 10年前に『月額千円以内でまともに使えるSIM』など存在しませんでした。その頃に通信料金の節約に挑戦した人は、『安いSIM=通信品質が最悪で使えない』というイメージ...

Huaweiの公式ページ(中国)にはMate 60 Proの情報がすでに公開されていますが、なぜかSocの部分がすっぽりと抜けている。

Black MOBのYouTubeレビューによると、Mate 60 ProのAnTuTuトータルベンチマークスコアは『655,602』。Ver.10ではGPUが非対応で計測出来ていません。それを踏まえても100万に届かないでしょう。性能的にはSnapdragon 8 Gen 1以下、GoogleのTensor G2以上といったところか。

今は『7nm』が限界なのかと思いきや、Mate 60 ProにはどうやらMate 60 Pro+という上位モデルが存在する模様。Weiboにおいて『熊本科技』が投稿した画像を各メディアが報じています。

Mate 60 Pro+

Weiboより

Mate 60 Pro+が本当に登場するのか。そしてMate 60 Pro+には一体どういったSocが搭載されるのか。しばらくはHuaweiから目が離せません!

あわせて読みたい
高品質なソフトバンク回線を安く使いたい人は『ワイモバイルの営業マン』になって『一人目のユーザー』... 通信キャリアSoftBankは、オンライン専用ブランド『LINEMO(ラインモ)』と、サブブランドの『ワイモバイル』を展開。月額基本料金のみで比較すると、下記の通りLINEMO...
あわせて読みたい
ahamoとLINEMOの特長を知ろう。『NTTドコモ』『SoftBank』という回線の違いだけで選んだらきっと後悔 SoftBankのオンライン専用ブランド『LINEMO』と、NTTドコモの格安プラン『ahamo』。どちらもメイン手続きは『オンライン(ahamoはドコモショップで有償サポート可)』。...

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!