ahamoとLINEMOの特長を知ろう。『NTTドコモ』『SoftBank』という回線の違いだけで選んだらきっと後悔

ahamoとLINEMOにはそれぞれ独自のサービスが用意されています。その内容を知らずに契約してしまうときっと後から後悔するはず。

SoftBankのオンライン専用ブランド『LINEMO』と、NTTドコモの格安プラン『ahamo』。どちらもメイン手続きは『オンライン(ahamoはドコモショップで有償サポート可)』。様々なランニングコストを削減することで、メインプランと比較して大幅な基本料金の引き下げを実現しています。

サービス内容を詳しく知らない人にとっては、『LINEMO=SoftBankの安いの』『ahamo=ドコモの安いの』といったその程度のイメージでしょう。ahamoLINEMOのスマホプランは料金設定も近いので、そう捉えられても何ら不自然ではありません。

しかし実際は『NTTドコモ』『SoftBank』といった回線の違いだけではなく、サービス内容も異なります。今回はahamoLINEMOの共通点に加え、それぞれの特長を解説。どちらを契約するか迷っている人の参考になれば幸いです。

NTTドコモ(5Gギガライト)、ahamo、SoftBank(ミニフィットプラン+)、LINEMOの主なサービス内容を比較

※右にスクロール可

通信業者 NTTドコモ(5Gギガライト) ahamo SoftBank(ミニフィットプラン+) LINEMO
月額基本料金 3,465円~6,765円 2,970円 3,278円~5,478円 ミニプラン:990円
スマホプラン:2,728円
月間データ容量 1GB~7GB 20GB 1GB~3GB ミニプラン:3GB
スマホプラン:20GB
超過後の最大通信速度 128kbps 1Mbps 128kbps ミニプラン:300kbps
スマホプラン:1Mbps
テザリング 対応 対応 対応 対応
通話料金(国内) 22円/30秒(VoLTE、VoLTE HD+) 22円/30秒(VoLTE、VoLTE HD+) 22円/30秒(VoLTE) 22円/30秒(VoLTE)
5分かけ放題(国内) 770円(VoLTE、VoLTE HD+) 0円(VoLTE、VoLTE HD+) 880円(VoLTE、VoLTE HD+) 550円(VoLTE)
24時間かけ放題(国内) 1,870円(VoLTE、VoLTE HD+) 1,100円(VoLTE、VoLTE HD+) 1,980円(VoLTE、VoLTE HD+) 1,870円(VoLTE)
SMS送信料金(国内) 全角1~70文字:3円 全角1~70文字:3.3円 全角1~70文字:3.3円 全角1~70文字:3.3円
SMS受信料金(国内) 0円 0円 0円 0円
契約事務手数料 3,300円 0円(ドコモショップで手続きを行う場合は3,300円) 3,300円 0円
契約解除料 0円 0円 0円 0円
MNP転出手数料 0円 0円 0円 0円

LINEMOとahamoの共通点

基本料金が安くても正真正銘のMNO

一般的な格安SIM(MVNO)は、通信キャリア(MNO)から回線をレンタルしてサービスを提供しています。ahamoは『NTTドコモ』の格安プラン、LINEMOは『SoftBank』のオンライン専用ブランドと、MVNOとは明確に異なる立ち位置。月額基本料金は安くても、列記としたMNOです。安さに加えて安定した通信サービスを求める人にお勧め。

あわせて読みたい
格安SIMが不安な人はSoftBankのLINEMOを選ぼう。MVNOの安さ、MNOの高品質と自由が共存する無双SIM 通信キャリアSoftbankのオンライン専用ブランド『LINEMO(ラインモ)』。手続きをオンラインに一元化し、運営コストを圧縮することで月間データ容量3GBの『ミニプラン』...

WEBから申し込みを行えば契約事務手数料『0円』。初期費用を抑えられる

ahamoLINEMOは、WEBから申込みを行えば通常『3,300円』発生する契約事務手数料が『0円』に。格安SIMではそれ以外に『SIM発行手数料』をとられる場合も。初期費用を出来るだけ安く抑えられるのも、『ahamo』『LINEMO』が持つ共通点の一つです。

あわせて読みたい
契約事務手数料『0円』のSIM達。ahamo、LINEMO、povo2.0、楽天モバイルは低コストで気楽に乗り換え可能 数年前まで、SIMの乗り換え時には『解約金』『転出手数料』『契約事務手数料』など様々な費用が発生していました。それが足かせとなり、同じ通信業者を使い続けていたと...

月間データ容量超過後に最大1Mbpsでデータ通信し放題

ahamoLINEMOスマホプランは、月間データ容量となる20GB超過後も最大『1Mbps』でデータ通信し放題。これはスマートフォンの画面サイズに適した『360p~480p』でストリーミング動画を観るのに適した速度です。

つまり大画面(高解像度)に拘らなければ、光回線や高額プランを契約しなくてもストリーミング動画を観放題。話題のコンテンツをリアルタイムで観られずに、話題に乗り遅れる心配はありません。

あわせて読みたい
実用的なデータ通信し放題が使えるお得な格安SIM達。mineo、楽天モバイル、LINEMO、UQモバイル、ahamo等 『データ通信し放題』と言えば、『光回線』を連想する人が多いかもしれません。確かに光回線は『高速』かつ『安定』して通信を行うのに適しています。ストリーミング動...

ahamoには無いLINEMOの特長とは

月額990円で利用可能なミニプラン(3GB)

ahamoは月間データ容量『20GB(基本料金:2,970円)』の1プラン構成。対するLINEMOは、20GBの『スマホプラン(基本料金:2,728円)』に加えて3GBの『ミニプラン(基本料金:990円)』を用意。家では光回線を契約していて、外出先でスマートフォンを利用する機会が少ない人に20GBは不要。月額コストを千円以内に抑えられるLINEMOミニプランがベストマッチ。

あわせて読みたい
通信速度が『遅い』と感じている人はLINEMOに変えてみよう!月額990円にSoftBankの安心と『お得』がギッ... 『基本料金が高くて通信速度が遅いSIM』と、『基本料金が安くて通信速度が速いSIM』だったらどちらを選びますか?ほぼ100%の人が後者でしょう。 1日を通して速い通信速...

LINEアプリ対象サービス使用時のデータ消費がゼロ

LINEMOミニプランスマホプランは、どちらも『LINEギガフリー』に対応。LINEアプリ対象サービス利用時の通信が『ノーカウント』に。

あっという間にデータ消費が『GB』に到達してしまう『ビデオ通話』までギガフリーの適用内。さらに動画や高解像度画像など、大容量ファイルの送受信にも対応(1日1.1GBまで)するサービス旺盛ぶり。

生活の拠点が変わり、家族や友達と離れて暮らす事になった人にお勧めですね。iPhoneと組み合わせれば『見守りシステム』としても機能します。

あわせて読みたい
家にiPhoneが眠ってるLINEMOユーザーは『見守り』を試してみよう!外出先から『データ消費0』でペットに... SoftBankのオンラインブランド『LINEMO』は、実店舗を構えずに運営コストを大幅に削減。MNOの高品質とMVNOの低料金をどちらも『良いとこ取り』。 LINEMOには『ミニプラ...

留守電パックサービスが使える

LINEMOでは、月額『220円(税込)』追加すればオプションサービス『留守電パック』の利用が可能。留守電パックには『留守番電話サービス(伝言メッセージ30件まで、最大72時間預かり)』『着信転送サービス(かかってきた電話を指定した番号へ転送)』『着信お知らせ機能(圏外や電源がOFFの時に着信があったこと、伝言メッセージが残されたことを知らせる)』といった3サービスが含まれます。

LINEMOには無いahamoの特長とは

通話がお得かつ高音質。VoLTE、VoLTE HD+対応

ahamoには追加料金なしで『5分かけ放題』が付帯しています。無制限かけ放題も月額『1,100円(税込)』と、格安SIMでも太刀打ち出来ない安さ。しかも『VoLTE』『VoLTE HD+』対応で高音質というオマケつき(格安SIMの場合は大体オートプレフィックス採用で電話回線品質。)。電話番号を使って連絡をとる事が多い人にはahamoがイチオシです。

あわせて読みたい
【解決】通話品質が『イマイチ』だと感じている人はHISモバイル、ahamo、ワイモバイルに乗り換えよう!... 通信キャリアのメインプランから『格安SIM(MVNO)』に乗り換えて、不満点の一つとなりやすいのが『通話品質』の低下。『基本料金が安くなったのだからその分音が悪くな...

月額1,980円で80GBデータ容量を追加出来る

ahamoユーザーには、月額『1,980円(税込)』で利用可能な『大盛りオプション』が用意されています。追加される容量はなんと『80GB』。デフォルトの月間データ容量と合わせて『100GB』。

LINEMOの公開データを参考にすると、タブレットやパソコンの画面サイズに適したHD(720p)解像度で約1時間YouTube動画た場合、『1GB』のデータを消費。100GBなら月に100時間程度は動画を観られるということ。十分でしょう。

画質 1GBで再生できる時間
360p 約3時間
480p(SD画質) 約2時間
720p(ハイビジョン画質) 約1時間
あわせて読みたい
チューナーレステレビにTVer入れたら民間放送『無料』で観放題!SIMはmineo、ahamo、楽天モバイルがお勧... 最近やたらと話題になっている『チューナーレススマートテレビ』。その理由は総務省が2023年1月18日(水)に『日本放送協会放送受信規約の変更の認可』を行い、2023年4...

Netflix、YouTube Premium、Disney+、Lemino、DAZN加入で最大20%のdポイント還元を受けられる

2023年4月からNTTドコモは『爆アゲセレクション』をスタート(開始日はサービスにより異なる)。ahamoユーザーがNTTドコモ経由で『Netflix』『YouTube Premium』『Disney+』『Lemino』『DAZN』に申し込みを行うと、最大『20%』のDポイント還元を受けることが出来ます。

付与されたDポイントで生活必需品を購入するくせをつければ、サブスクリプションサービスを楽しみつつ月に発生するコストを抑える事が可能。長期契約を前提とすればかなりの節約に。

あわせて読みたい
4月にahamoのコスパ爆アゲ!ドコモからNetflix、YouTube Premium加入で最大20%dポイント還元 NTTドコモの格安プラン『ahamo』。月間データ容量『20GB』に『5分かけ放題(VoLTE、VoLTE HD+)』がついて、ドコモのMNOが月額『2,970円(税込)』で使えるのはどう考...

LINEMOについて

あわせて読みたい
LINEMOが2022年オリコン顧客満足度調査『キャリア格安ブランド』ランキングで総合1位に!簡単&繋がるが... オリコン株式会社のグループとなる『株式会社oricon ME』は、2022年 オリコン顧客満足度®調査 『キャリア格安ブランド』ランキング(回答者数2,318名。調査手法:インタ...

ahamoについて

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!