moto g64 5GがAmazonで『在庫切れ(入荷未定)』に。売れて『当然』と思うスマホ

moto g64 5G

Motorolaより

Motorola(モトローラ)は2024年6月28日(日)から、日本市場においておサイフケータイ対応スマートフォン『moto g64 5G』の発売を各チャネルで開始。

moto g64 5Gは『34,800円(税込)』というエントリークラス並みの低価格ながら、SocにMotolora edge 40 NeoOPPO Reno11 Aに近いCPU構成の『Dimensity 7025』を搭載するスマートフォン。

前モデル(moto g53j 5G)から『ディスプレイがフルHD+解像度化』『カメラに光学式手ブレ補正採用』『QZSS(みちびき)サポート』などのアップグレードも遂げており、個人的に『2024年度イチオシ』と言える端末です。

あわせて読みたい
moto g64 5GはOPPO Reno11 A、edge 40 Neoに近いCPU構成!3万円台は神機の予感 スマートフォンの性能に『多く』は求めないけど、とりあえず『快適』に使いたい場合は、脳となりデータの演算処理を行う『CPU』の性能を重視すべき。CPUがポンコツだと...

発売が開始されて間もない『moto g64 5G』が、なんとAmazonで『スペースブラック』『シルバーブルー』の両色とも『在庫切れ(入荷時期未定)』に。

moto g64 5G在庫状況

Amazonより

ソフトバンクのサブブランド『ワイモバイル』では、2024年6月28日(日)から『moto g64y 5G』の予約受付を開始(7月4日木曜日発売)。

あわせて読みたい
【マジか】ワイモバイルでmoto g64y 5Gの予約受付開始!乗換特価3,996円に呆然。レザー調デザイン独占販売 2024年6月28日(金)、SoftBankのサブブランド『ワイモバイル公式オンラインストア』において、『moto g64y 5G』の予約受付が開始されました。 moto g64y 5Gの兄弟モデ...

moto g64y 5Gは内蔵メモリ容量が『4GB』ですが、SIM2 M/Lへの乗換特価『3,996円(2024年7月1日時点)』は、同端末のCPU性能を鑑みれば信じられない安さ(レザー調のバニラクリームも選べる)。

ちなみにメモリは調理場で『まな板』の役割を担い(CPUはシェフ)、広い(容量が大きい)ほどマルチタスクが得意に。日常的に利用している『アプリの数が多い』場合などに有効です(適材適所的な使い方では体感差を得られない可能性が高い)。

あわせて読みたい
【どっちも買った】ワイモバイルで『4千円』のmoto g53y 5Gとmoto g53j 5Gは何が違うのか?実機比較 2023年6月29日(木)からワイモバイルにおいて発売が開始された『Motorola moto g53y 5G』。他社から『シンプル2 M』『シンプル2 L』に乗り換えの場合(2024年1月6日時...

2023年はどちらかと言えば『不作』のイメージが強かった日本スマートフォン市場。2024は止まらない円安が続く中でも『豊作』。ただし『在庫切れ』と『値上げ』には注意したいところです。

あわせて読みたい
moto g64 5Gで夏のAnTuTuベンチマーク測定!3万円台のスマホが3回連続『50万超え』の奇跡。 Motorola(モトローラ)の『moto g64 5G』はメーカー直販価格『34,800円(税込)』の廉価なスマートフォン。超円安下ながら、前世代からお値段据え置き。それでいて『デ...
あわせて読みたい
【買った】moto g64 5Gを購入した6つの理由。moto g52j 5Gユーザーが買うべきアップグレードスマホ 2024年は『気になるスマートフォン』が多いです。その中のひとつがMotorolaの『moto g64 5G』。おサイフケータイ(FeliCa)対応で、8GB/128GBモデルがメーカー直販価格...
あわせて読みたい
moto g64 5Gとmoto g53j 5Gのカメラで『夜景』を撮影したら『安いスマホ』の新境地が見えた。 『夜景画質イマイチ』というのが、廉価なスマートフォンに持っていた私の印象。ハイエンドと比較してイメージセンサーのサイズが小さく、かつ画像を処理するISPの性能も...

Motorola moto g64(y) 5Gの主な仕様

モデル名 moto g64(y) 5G
Soc Dimensity 7025
容量 8GB/128GB(moto g64y 5G:4GB/128GB)
電池容量 5,000mAh
充電速度 最大30W
サイズ
  • 高さ:約161.56mm
  • 幅:約73.82mm
  • 奥行き:約7.99mm
重量 約177g、バニラクリーム:約180g
画面
  • サイズ:6.5インチ
  • 種類: 液晶
  • 解像度:1080×2400ピクセル
  • リフレッシュレート:最大120Hz
  • タッチサンプリングレート:不明
  • 最大輝度:不明
  • ピーク輝度:不明
  • 色深度:不明
  • HDR10+:不明
  • DCI-P3
  • ガラス:不明
カメラ リアカメラ

  • メインカメラ
    解像度:5,000万画素
    イメージセンサー:不明
    F値:1.8
    センサーサイズ:不明
    焦点距離:不明(35mm換算)
    画素サイズ:不明
    オートフォーカス:PDAF
    手ブレ補正:光学式
    動画撮影:1080p@60fps/30fps
  • マクロカメラ
    解像度:200万画素
    イメージセンサー:不明
    F値:2.4
    焦点距離:不明(35mm換算)
    動画撮影:720p@30fps

フロントカメラ

  • 解像度:1,600万画素
    F値:2.4
スピーカー ステレオ(DOLBY ATMOS)
防塵防水 IP52
認証 側面指紋認証、顔認証
Micro SDカード 対応(最大1TB)
Bluetooth 5.3
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
位置情報 GPS, A-GPS, GLONASS, Galileo, QZSS, Beidou
おサイフケータイ 対応
イヤフォンジャック(3.5mm)
SIM nano SIM+eSIM

Motorola moto g64(y) 5Gにお勧めな格安SIM

  • 5G:n1/n3/n28/n41/n77/n78
  • 4G:LTE B1/B2/B3/B4/B8/B11/B12/B17/B18/B19/B26/B28/B38/B41/B42
  • 3G:W-CDMA B1/B2/B4/B5/B8

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(◎)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(◎)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

関連リンク

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...
あわせて読みたい
【7月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!