OPPOが6月20日にReno Aシリーズの最新モデル(Reno11 A?)発表へ。67W充電対応か

OPPO Reno Aティザー

2024年6月7日、OPPO Japan X公式アカウントが『Reno Aシリーズの新製品が間もなく発表されます』とティザー画像付きでポスト。

画像内では『67』を目立たせており、この数字が新製品の一部スペックを表しているのはほぼ間違いないでしょう。

ヒントとなるのは『まずは充電し忘れお寝坊さんに数字を送ります』というポスト内容。私は『67W充電』が採用されると予想します。

OPPO Reno7 A』『OPPO Reno9 A』の充電速度は最大『18W』。これはXiaomiMotorolaといった競合メーカーでは『最廉価モデル』程度の性能。OPPO のエントリーモデル『OPPO A79 5G』すら下回ります(同モデルは最大33W充電対応)。

あわせて読みたい
【レビュー】OPPO A79 5Gを約1ヶ月使用して感じたメリット『9つ』とデメリット『3つ』 OPPOのエントリーモデル『OPPO A79 5G』。使いはじめて約1ヶ月が経過しました。直販価格『29,800円(税込)』という廉価設定なので、購入当初はあまり期待をしていなか...

朝起きた時に『電池残量10%』といった状況では間違いなく不便。

もっとも、OPPOの充電技術が他メーカーと比較して劣っているのかと言えば、そういったことは全くなし。『SUPERVOOC』という独自急速充電技術を持ち、日本でも発売されている上位モデルの『OPPO Reno10 Pro 5G』は最大『80W』充電に対応。

私は最大『120W』の充電速度に対応するモデルを含め、複数台のスマートフォンを所有。『充電をストレスと感じなくなる』境界線がまさに『67~68W』程度。『OPPO Reno7 A』『OPPO Reno9 A』からの機種変であれば、充電体感速度が『劇的に』変わります。

ちなみに、『OPPO Reno7 A』『OPPO Reno9 A』は充電器の同梱なし。仮に最大67W充電対応であれば、『家にある低出力の充電器をそのまま使う』のは性能的に勿体ない。充電速度に加え、充電器がどうなるのかも注目すべきポイントに。

ニューモデルの登場は『2024年6月20日(木)』。それまでに新たなヒントは登場するのか。OPPO Japan公式アカウントから目が離せません。

関連リンク

あわせて読みたい
楽天カード新規入会・利用&楽天モバイルはじめて申し込みで最大『3万円相当』ポイントプレゼントのマジ... 楽天モバイルが、2024年6月14日(金)午前10時~7月1日(金)午前10時までの期間限定(WEBの場合)で『【楽天カード会員様対象】楽天モバイル初めてお申し込みで20,000...
あわせて読みたい
【6月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!