Sub6エリアが拡大した『povo(au)』と組み合わせて利用するのにお勧めなSIM3選

デュアルSIM

2024年6月14日、KDDI株式会社は『5G(Sub6)のエリアが関東地方で2.8倍(全国では1.5倍)に拡大』したことを公式発表しました(エリアマップはコチラから)。

5Gは『4G転用(NR化)』『Sub6』『ミリ波』に3分類。今回KDDIがエリアを急拡大したSub6は、『5G用』として総務省から割り当てられている高い周波数帯(auは3.7GHz帯/4.0GHz帯)。

Sub6は高周波で『高速通信』を行いやすいだけでなく、チャネル帯域幅(1ストリーム)が最大『100MHz』と広めなのも特徴。ちなみに4G LTEの最大チャネル帯域幅は『20MHz』です。

帯域幅

KDDIより

帯域幅は『道幅』のようなもの。数値が大きくなる(道幅が広くなる)ほど『渋滞』を引き起こしづらくなります(平日のお昼など、ユーザーが混雑する時間帯の低速化が緩和)。

ただし高周波は低周波と比較して直進性が強く、減衰により『電波が届きづらい』といった特性も。つまり『4G LTE』と比較して、『Sub6』のエリアを拡大するには『多くの基地局を設置する必要がある』ということです。

KDDIはSub6基地局を、業界最多となる3万9千局展開(2024年3月末時点)。2023年度末には3.7GHz帯/4.0GHz帯の衛星干渉が緩和され、アンテナ角度を最適化(2024年4月~5月にかけて)出来たことが関東地方のエリア拡大に大きく寄与しました。

KDDIによると、Sub6エリアでは従来比3倍となる『300Mbps超え』の高速通信を実現。通信速度の向上と共に『レイテンシ(通信応答時間』も改善し、オンラインゲームプレイ環境が整備。

Sub6を利用出来る駅は519駅から『612駅(カバー率87%)』、商業地域も338から『363スポット(カバー率86%)』に増加しています。

UQモバイルとpovo

KDDIより

KDDIのSub6を『好きなタイミング』『格安』で利用可能なのが、オンライン専用プランの『povo』。月額基本料金は『0円』。必要な分だけ『トッピング』する独自スタイルが特徴です。

もっとも、ユーザーが混雑しない時間帯や電波が届きやすい場所においては『他のSIM』の方が安く自由度が高い場合も。よって『全てをpovo(au回線)』で通信する必要は無いと私は考えます。

動画を頻繁に観る』といった使い方であれば『安い』『大容量』を優先すべき。『いつでも安定して繋がる環境』を求めるのであれば、『異なる通信キャリアの回線』でデュアルSIMが理想。

今回は『povoと組み合わせて利用するのに適した、私が実際に使っているSIM』を厳選して3種類紹介します。

楽天モバイル(最強プラン)

楽天モバイルの最強プランは、『~3GB:1,078円(税込)』『3GB~20GB:2,178円(税込)』『20GB~無制限:3,278円(税込)』という3段階式の料金プラン。データ高速無制限で3,278円(税込)というのは類を見ない安さ。

あわせて読みたい
楽天モバイルの『超大盤振舞』キャンペーンが『超現実的施策』だと感じた理由。 楽天モバイルは2024年6月14日(金)午前10時~7月1日(金)午前10時までの期間限定(WEBの場合)で『【楽天カード会員様対象】楽天モバイル初めてお申し込みで20,000ポ...

さらにRakuten Linkを使用すると『国内通話無料(ナビダイヤルなど一部対象外)』『SMSメッセージ送受信無料』。

あわせて読みたい
【便利】Rakuten Linkで相手の話している内容を『自動字幕起こし』しながら通話する方法。 楽天モバイル契約者向けのコミュニケーションアプリ『Rakuten Link』。『音声通話』『SMSメッセージ送受信』『楽メールの送受信』に加え、楽天ポイントの確認など様々な...

今後はプラチナバンドのエリア拡大でさらに『繋がりやすくなる』ことが想定される楽天モバイル。povoを通信の保険に用意しておくことで、安心して楽天モバイルへの乗り換えを行えるはず。

楽天モバイルについて

  • 転入手続き申し込み時に必要なMNP予約番号期限:7日以上(WEBの場合)
  • 開通手続き:My楽天モバイルから
  • MNP開通手続きを行わなかった場合:MNP予約番号有効期限が過ぎて長期間開通手続きを行わないと申込みが消滅する可能性がある
  • 切替受付時間:午前9時~午後9時まで
  • 切り替えにかかる時間:受付時間内の申し込みは当日開通(受け取り直後や午後9時00分直前に手続きをした場合、当日中に完了せず、翌日の開通となる場合がある)
  • 音声対応SIM基本料金:1,078円(税込)~
  • 契約月の基本料金:日割りなし
  • 通話料金:22円/30秒(電話回線)、0円(Rakuten Link使用)
  • 15分かけ放題(電話回線):1,100円(税込)
  • 無制限かけ放題(Rakuten Link使用):0円(税込)
  • データ容量:3GB~
  • 翌月くりこし:非対応
  • 5G:対応
  • 低速切り替え:対応(パートナー回線エリアのみ)
  • 通信回線:楽天、au(パートナー回線)
  • eSIM設定方法(Android):https://network.mobile.rakuten.co.jp/faq/detail/00001374/
  • eSIM設定方法(iOS):https://network.mobile.rakuten.co.jp/guide/setting/ios/
  • APN設定方法(楽天モバイルで購入した端末):https://network.mobile.rakuten.co.jp/guide/setting/
  • APN設定方法(楽天モバイル以外で購入した端末):https://network.mobile.rakuten.co.jp/faq/detail/00001495/?l-id=guide_faq

mineo(マイそく)

mineoの『マイそく(スタンダード)』は、平日のお昼(午後0時~1時)以外の時間帯に最大『1.5Mbps』の通信速度でデータ通信し放題(3日間で10GB以上通信すると速度制限)。最大1.5Mbpsの通信環境は、スマートフォンで動画を観るのに適しています。

あわせて読みたい
mineo『マイそく(スタンダード)』でABEMAの『世界の果てに、ひろゆき置いてきた』をまともに観られる... 関西電力グループ株式会社オプテージが提供している格安SIM『mineo』。私は最初『マイピタ(SoftBank回線)』を契約していたのですが、2022年後半に『マイそく(スタン...

平日のお昼』『高速通信をスポットで行いたい時』にpovoが活躍。マイそく(スタンダード)の月額料金、povoの3GB(30日間有効)トッピングはどちらも『990円(税込)』。月の通信コストは『2千円以内』。

あわせて読みたい
mineoのマイそくスタンダード(SoftBank回線)は地方中都市でもまともに使えるのか?通信速度を実測して... 月額990円(税込)で利用可能な格安SIM『mineo』のマイそく(スタンダード)は、月〜金曜日の午後0時(正午)から1時までの時間以外は最大1.5Mbpsでデータ通信し放題。 ...

mineoは通信回線を『ドコモ』『SoftBank』『au』から選ぶことが可能。povoとデュアルSIMすることを前提とするなら、『ドコモ』『SoftBank』がお勧めです(私はSoftBank回線で運用中)。

mineoについて

  • 転入手続き申し込み時に必要なMNP予約番号期限:10日以上
  • 開通手続き:Myページから
  • MNP開通手続きを行わなかった場合:MNP予約番号有効期限前日に強制的に変更
  • 切替受付時間:午前9時~午後9時(Aプラン、Dプラン)※午後8時以降に手続きを実施した場合は切り替えが翌日になる場合あり、午前10時~午後7時(Sプラン)※午後6時以降に手続きを実施した場合は切り替えが翌日になる場合あり
  • 切り替えにかかる時間:最大30分程度(Aプラン/Dプラン)、1時間程度(Sプラン)
  • 音声対応SIM基本料金:250円(税込)~
  • 契約月の基本料金:日割り
  • 通話料金:22円/30秒(無料通話アプリmineo電話を使うと10円/30秒、10分かけ放題時間超過後は11円/30秒)
  • 10分かけ放題:550円(税込)
  • 無制限かけ放題:1,210円(税込)
  • データ容量:1GB~(マイピタ)
  • 翌月くりこし:対応(マイピタ)
  • 5G:対応(マイピタ)
  • 低速切り替え:対応(マイピタ)
  • 通信回線:NTTドコモ、SoftBank、au
  • eSIM:対応(Aプラン、Dプラン)
  • eSIM設定方法(Android):https://support.mineo.jp/setup/guide/esim.html
  • eSIM設定方法(iOS):https://support.mineo.jp/setup/guide/ios_esim.html
  • APN設定方法(Android):https://support.mineo.jp/manual/network_setup.html
  • APN設定方法(iOS):https://support.mineo.jp/setup/guide/ios_network.html
  • 公式サイト:mineo

LINEMO(ベストプラン)

SoftBankのオンライン専用ブランド『LINEMO』。そしてauのオンライン専用プラン『povo』。LINEMOの『ベストプラン(3GB~)』は月額990円(税込)~。povoと組み合わせれば、信じられない安さで『MNO環境』を構築出来ます。

あわせて読みたい
LINEMOのベストプランで『月末にうっかり3GB超え(+1,100円)』を回避する方法。 2024年6月6日、ソフトバンク株式会社は『LINEMOベストプラン』を発表。新プランの提供開始に先駆け、2024年6月14日(金)から『ミニプラン受付終了日』までの期間中には...

LINEMOのベストプランは、月間データ通信量が『3GB』を超えるた時点で『+7GB』『+1,100円』の変動型。povoは『3GB:990円(税込)』なので一見割高ですが、3GBのトッピングは『30日間』有効。

あわせて読みたい
LINEMOは『ベストプラン』『ベストプランV』でどう変わるのか。メリットとデメリットに分けて解説。 ソフトバンク株式会社は2024年6月6日(木)、オンラインブランド『LINEMO(ラインモ)』の新料金プランとして『ベストプラン』『ベストプランV』を発表。提供は2024年7...

LINEMOはデータの『繰り越し』に非対応なので、月末になると余ったデータ容量が消滅。povoなら『月の半ば』に3GBトッピングしても、『翌月半ば』まで無駄を抑えて使い続けられます。

LINEMOについて

  • 転入手続き申し込み時に必要なMNP予約番号期限:10日以上
  • 開通手続き:メールに記載のURLから
  • MNP開通手続きを行わなかった場合:SIMカードの到着日から6日後の午後8時30分までに切り替えを行わなかった場合、その翌日(SIMカード到着日の7日後)に回線切替
  • 切替受付時間:午前9時~午後8時30分まで
  • 切り替えにかかる時間:最大15分程度
  • 音声対応SIM基本料金:990円(税込)~
  • 契約月の基本料金:日割り
  • 5分かけ放題:550円(税込)、無料(ベストプランV)
  • 無制限かけ放題:1,650円(税込)、1,100円(ベストプランV)
  • 通話料金:22円/30秒
  • データ容量:3GB~
  • 翌月くりこし:非対応
  • 5G:対応
  • 低速切り替え:非対応
  • 通信回線:SoftBank
  • eSIM設定方法(Android/iOS):https://www.linemo.jp/process/esim/
  • APN設定方法(Android):https://www.linemo.jp/process/apn/android/
  • APN設定方法(iOS):https://www.linemo.jp/process/apn/ios/

関連リンク

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...
あわせて読みたい
【7月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!