USBメモリ(SSD)を選ぶ時は『規格』に気をつけろ!『3.0』『3.1』『3.2』で最大転送速度が『同じ』場合も。

ロジテック USBメモリ

ロジテックより

2024年4月時点において、スマートフォンやタブレットが採用している最も汎用的なコネクタと言えば『USB Type-C』。

旧規格となるMicro USB(Type-B)は形状的に上下が決まっていたので、挿し込もうとして『逆だった』ときは煩わしさを感じました。

USB Type-Cでは『両面挿し』が可能となり、さらに『耐久性』『給電力』も向上するなど全方位に進化。

データ転送速度(理論値)』に関しても飛躍的にスピードアップ。ただし『名称による性能の差別化』があまりうまくいっておらず、一部の製品においては『混乱』を生じる状況に。

規格(バージョン) 最大転送速度(理論値)
USB 2.0 480Mbps
USB 3.0 5Gbps
USB 3.1 Gen 1 5Gbps
USB 3.1 Gen 2 10Gbps
USB 3.2 Gen 1 5Gbps
USB 3.2 Gen 2 10Gbps
USB 3.2 Gen 2×2 20Gbps
USB4 Gen 2×2 20Gbps
USB4 Gen 3×2 40Gbps

USB2.0』と『USB3.0』は、『名称』と『最大転送速度』の違いがどちらも明白。『USB3.0の方が上位規格でデータ転送を速く行える』と分かりやすく認識出来ます。

しかし『USB 3.0』と『USB 3.1 Gen 1』はどうでしょう。最大転送速度の表記無しでUSBのバージョンだけ書かれていたら、『USB 3.1 Gen 1の方が速そう』と感覚的に思ってしまうはず。

残念ながらUSB 3.0』と『USB 3.1 Gen 1』の最大転送速度(理論値)は同じ『5Gbps

では、USB 3.0と『USB 3.2 Gen 1』のUSBメモリが『同じ価格』で販売されていたら、どちらを購入しますか?『USB 3.2 Gen 1の方を選ぶ』という人が多いのでは。こちらも最大転送速度は『USB 3.0』『USB 3.1 Gen 1』と同じ『5Gbpsです。

そして上記はあくまで規格に対する理論値。ストレージの最大転送速度はそれぞれ異るのでこの部分も注意が必要。

また、一般的なUSBメモリに使われている『2D NAND型フラッシュメモリ』は、メモリセルあたりに保存可能なビット数に合わせて『SLC(1bit)』『MLC(2bit)』『TLC(3bit)』『QLC(4bit)』に分類。セルあたりのbit数が小さい程『高耐久』『高価』『高速であると覚えておきましょう。

2D NAND型は平面構造ですが、後発技術として3次元構造を取り入れた『3D NAND』が誕生。3D NAND型はメモリセルを縦に積層することで微細化に対応。『高耐久』『高速』『低消費電力』を実現しています。

Amazonでは様々なメーカーがUSBメモリを販売しています。確認したところ、NANDのタイプに関しては非公表が殆ど。『最大転送速度』『容量』『価格』あたりを重視して選ぶことになりそうです。

もっとも、全てのUSBメモリが『Android対応』を明記していないので、スマートフォンやタブレットでの使用を目的とするのであれば『対応製品』を選ぶか『自己責任』のどちらか。スマートフォン側のUSB規格を確認する事も忘れずに。

Amazonで販売されているUSB Type-Cコネクタ採用のUSBメモリ一覧(2024年4月2日時点)

メーカー USB規格 タイプ 容量 最大転送速度(公表値) 実売価格(2024年4月2日時点)
SanDisk USB 3.1 Gen 1 不明 128GB 150MB/s 2,219円
Q ingcess USB 3.0 不明 512GB 不明 2,750円
I-O DATA USB 3.2 Gen 1 不明 128GB 不明 2,680円
トランセンドジャパン USB 3.2 Gen1 3D NAND 256GB 420 MB/s 7,473円
Samsung USB 3.2 Gen1 不明 256GB 400 MB/s 5,990円
TCELL USB 3.2 Gen1 不明 256GB 200 MB/s 4,299円
シリコンパワー USB 3.1 Gen 1 不明 256GB 不明 8,621円

頻繁に抜き挿しやデータの出し入れを行う場合は『USBメモリー』タイプがお勧め。ただし『月に一度まとめてスマートフォンからデータをバックアップする』程度であれば『スティック型SSD』も選択肢に。

Amazonで販売されているUSB Type-Cコネクタ採用のSSD一覧(2024年4月2日時点)

メーカー USB規格 タイプ 容量 最大転送速度(公表値) 実売価格(2024年4月2日時点)
トランセンドジャパン USB 3.2 Gen2 3D NAND 512GB 1,050MB/s 7,980円
I-O DATA USB 3.2 Gen2 不明 1TB 530MB/s 13,280円
シリコンパワー USB 3.2 Gen2 不明 500GB 1,050MB/s 7,980円
fanxiang USB 3.2 Gen2 不明 512GB 560MB/s 6,980円
JNH USB 3.2 Gen2 3D NAND 1TB 1,050MB/s 12,680円
エレコム USB 3.2 Gen1 不明 500GB 600MB/s 7,021円
ロジテック USB 3.2 Gen2 不明 1TB 1,000MB/s 10,980円

SSDタイプの方が『高速』『大容量』を選びやすい印象。USBメモリと同じく『Android対応』を明記していない製品が多いですが(レビューを見るとフォーマットすれば使える様子)、容量と速度の割に価格も魅力的。1台欲しくなりますね!

関連リンク

あわせて読みたい
【IIJmioの4月特典】スマホ110円~!フリップ式が大幅値下げ。月額料金最大6ヶ月間440円割引&家族割継続 格安モバイル通信サービス『IIJmio』を提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年4月1日(月)に『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
  • URLをコピーしました!