3年前に発売されたXiaomiのスマホでGoogleフォトを開いたら『虹色のボタン』が出現!

編集マジック

2021年2月26日にSoftBankから発売され、すでに3年以上が経過しているXiaomi(シャオミ)のスマートフォン『Redmi Note 9T』。私は同端末をサブ機として運用中。

久しぶりにRedmi Note 9Tで『Googleフォト』を開いてみると、そこには『Pixelシリーズ』でしか見たことの無い『虹色のボタン』が追加されていました。

虹色のボタンとは『編集マジック』。Googleは以前、公式ブログにおいて『Android』『iOS』を利用中のGoogleフォトユーザーに向けて、『編集マジックを無料で毎月10回使えるようにする(無制限に利用するにはGoogle Oneに登録)』と宣言。それに基づいたアップデートということでしょう。

Redmi Note 9Tが搭載するSocは『Dimensity 800U』。AIを用いて本格的な画像処理を行うには不向きです。虹色のボタンを押すと、スペックが低めなスマートフォンで一体何が出来るのか。

まずは編集したい画像をGoogleフォトにアップロードして、被写体をタップ(もしくは囲む)。『消去』ボタンを押すと、消しゴムマジックよりも遥かに高精度な画像が複数パターン生成されます。

編集前画像

選択

編集マジック使用後

消去以外には『移動』『拡大』『縮小』が可能。SNSで受けそうな『おもしろ画像』を作るのに最適です。被写体によっては空を変えることも。

あわせて読みたい
Pixel 7a、6aに『編集マジック』到着!消しゴムマジックとは別次元のAI性能を廉価モデルで試してみた。 Googleは4月10日(現地時間)、公式ブログにおいて『現在編集マジックをすべてのPixelデバイスに拡大している』と発表。そこから少し時間はかかりましたが、私が所有す...

スペックが低いスマートフォンでこういった高度なAI編集が可能なのは、編集マジックが『クラウド上』で処理を行っているから。

ボケ補正』『消しゴムマジック』『HDRエフェクト』など、様々な無料機能(回数制限なし)が随時追加されているGoogleフォト。『いつ使ったか覚えていない』という人は、とりあえず開いてみましょう。超便利になっているかもしれません。

あわせて読みたい
Googleフォトが超アプデ!『安いスマホ』で撮った写真が化ける。OPPO A79 5G、moto g24で試した Googleは2024年4月10日、公式ブログにおいて『消しゴムマジック』などのAI編集機能を『すべてのGoogleフォトユーザーに提供する』と発表しました。 提供開始は2024年5月...

関連リンク

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...
あわせて読みたい
【7月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!