【11月版】実売2万円台の『安いけどちゃんと使える』スマートフォン3選。実際に使ったことのある端末からセレクト!

安いけど使えるスマートフォン3選

円安などの影響により物価の高騰が止まらない昨今。生活必需品として使われている『スマートフォン』も例外ではありません。何も調べずに『とりあえず安い新型』を買ってしまうと、安物買い(実際は安くもない)の銭失いとなる可能性大。

2023年11月時点でスマートフォンを購入するなら、断然『旧型』をお勧めします。4~5年前は廉価モデルのCPUスペックが極端に低く、かつ今の様に極端な『円安物価高』では無かったので『新型』の方がお勧めでした。

しかしSocが『5G世代』に切り替わってから、廉価なスマートフォンの性能が一気に底上げ。『ブラウジング』『SNS』『スケジュール管理』といった一般的な使い方においては、昔の様な『モッサリ』した動きを感じることが無くなりました。

Googleの自社開発Soc『Tensor』がライバル比較で周回遅れ気味に

ベンチマーク測定アプリAnTuTu Benchmarkは、スマートフォンが持つ総合的な性能を分かりやすく数値化してくれます。個人的にはAnTuTu Benchmark(Ver.10)のトータルスコアが『40万程度』であれば問題無いという認識。

もうひとつ基準としているのが『画面スペック』。スマートフォンは『表示』『操作』の両方を画面で行います。つまりどんな使い方をする場合でも、画面スペックは重視すべき。

リフレッシュレート(1秒間に画面を書き換え可能な回数)』の数値が高いディスプレイは、滑らかに表示を行う事が可能。個人的には60Hzだとスクロールした時『目が疲れるな』と感じることが多いので、理想は『90Hz』以上。『120Hz』であれば尚良し。

リフレッシュレートが高めのスマートフォンは数年前から登場していましたが、当時はSocの電力効率が低め&電池の容量が少なかったので、リフレッシュレートを高めに設定すると『電池もち』が極端に悪くなりました。

記事が見つかりませんでした。

最近のSocは処理能力に加えて『電力効率』が向上。電池容量も『4,000mAh以上』が通常となったので、高リフレッシュレートを設定しても電池の減りは緩やか。実用的に使えます。

タッチサンプリングレート(1秒間に画面がタッチに反応する回数)』の低いスマートフォンは、画面に触れた瞬間の反応が悪いので使っていてストレスを感じます。タッチサンプリングレートが『120Hz以下』の端末は日常使いをしたく無いですね。

今回は上記に当てはまる『実売2万円台(2023年11月6日時点)』のスマートフォンを3台厳選して紹介したいと思います!

実売2万円台で購入可能な実用的に使えるスマートフォン3選

あわせて読みたい
【実際に使ってる】月額990円で満足度が高いハイコスパSIM3選。固定費を削減したいなら通信業者を乗り換... 10年前に『月額千円以内でまともに使えるSIM』など存在しませんでした。その頃に通信料金の節約に挑戦した人は、『安いSIM=通信品質が最悪で使えない』というイメージ...

Xiaomi Redmi 12 5G

Xiaomiのエントリークラス!Redmi 12 5Gを実際に使ったレビュー

旧型』を勧めておきながら、この端末は2023年10月19日に発売開始されたばかりの最新型。

直販価格は29,800円(税込)。Redmi 12 5Gに関してはSocが『Snapdragon 4 Gen 2(4nm)』にアップグレードされており、エントリーモデルながらAnTuTu Benchmark(Ver.10)のトータルスコア『40万超え』。

ディスプレイスペックも問題なし。6.8インチと大きめなので、電子書籍を読んだり動画を観るのに適しています。FeliCa ICチップ搭載で廉価ながら『おサイフケータイ』を使えるのも特徴のひとつ。

Redmi 12 5Gの主な仕様

  • Soc:Snapdragon 4 Gen 2(4nm)
  • AnTuTu Benchmark(Ver.10):41万程度
  • 画面:6.8インチ(フルHD+、液晶、最大リフレッシュレート:90Hz、最大タッチサンプリングレート:240Hz)
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:5,000mAh
  • カメラ:5,000万画素(メイン)、200万画素(深度センサー)
  • 重量:200g
  • 防塵防水(IP68):対応
  • おサイフケータイ:対応
  • Micro SDカード:対応
  • 販売店舗:Amazon楽天市場IIJmiomineo
  • 対応回線:ドコモ、SoftBank、au、楽天モバイル

Redmi 12 5Gに関連する記事

あわせて読みたい
【更新】Redmi 12 5Gをセール価格で安く買える店は?スナドラ4Gen2とFeliCa搭載スマホ スマートフォンの性能を左右するSocには、日本モデルとしてはじめて『Snapdragon 4 Gen 2(4nm)』を採用。AnTuTu Benchmark(Ver.10)の実測値は41万超え。ミドルクラ...
あわせて読みたい
Redmi 12 5G総合レビュー!安くてお勧めのスマホある?と聞かれたら今はコレ!2万円台なのに使い勝手良... 大手テクノロジーメーカーXiaomi(シャオミ)は2023年10月19日(木)、日本市場において『Redmi 12 5G(オープンマーケット版)』の発売を開始しました。直販価格は4GB/...
あわせて読みたい
【3万ちょい】Redmi 12 5GにRedmi Buds 4 Activeというラフな組み合わせが今の時代にフィット 大手グローバルテクノロジーメーカーXiaomi(シャオミ)は、2023年10月19日(木)にエントリークラスのスマートフォン『Redmi 12 5G』を日本市場において発売開始。 直...
あわせて読みたい
2万円台で買えるデカスマホ『Redmi 12 5G』と10万超え『Pixel 8』『iPhone 15』の電池もち比較 大手グローバルメーカー『Xiaomi(シャオミ)』は、2023年10月19日(木)にエントリークラスのスマートフォン『Redmi 12 5G(オープンマーケット版)』の発売を開始。販...

Motorola moto g52j 5G Ⅱ

moto g52j 5GにGCamをインストールして撮影した作例

私が所有しているMotorola moto g52j 5Gのメモリ『8GB』モデル。最近のスマートフォンには、ストレージの一部を仮想的にメモリとして代用する『メモリ拡張』機能が備えられています。しかし読み書き速度に優れるのは、ストレージではなくメモリです。

メモリ容量がハイエンド並みの8GBあれば、複数のアプリを同時に立ち上げたマルチタスク状態でも『メモリ不足』に陥る可能性はかなり低いかと。

SocはCPU性能に優れる『Snapdragon 695 5G』。3Dゲームをバリバリ遊ぶには不向きですが、一般的な使い方であれば動作はいたってスムーズ。電池もちも良好です。

防塵防水性能は『IP68』と最高クラス。『おサイフケータイ』も使えるなど抜群の実用性。40,800円(税込)の直販価格から大幅に値引きされ、実売価格は驚きの2万円台。

Motorola moto g52j 5G Ⅱの主な仕様

  • Soc:Snapdragon 695 5G(6nm)
  • AnTuTu Benchmark(Ver.10):46万程度
  • 画面:6.8インチ(フルHD+、液晶、最大リフレッシュレート:120Hz、最大タッチサンプリングレート実測値:250Hz)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:5,000mAh
  • カメラ:5,000万画素(メイン)、800万画素(超広角)、200万画素(マクロ)
  • 重量:206g
  • 防塵防水(IP68):対応
  • おサイフケータイ:対応
  • Micro SDカード:対応
  • 販売店舗:Amazon楽天市場IIJmiomineo
  • 対応回線:ドコモ、SoftBank、au、楽天モバイル

Motorola moto g52j 5G( Ⅱ)に関連する記事

あわせて読みたい
moto g52j 5G II、SPECIALをセール価格で安く買える店!6.8インチおサイフケータイ防水スマホ Motorola(モトローラ)は2022年6月3日、同社初の『FeliCa(おサイフケータイ)』対応モデルとなる『moto g52j 5G』を日本市場に向けて発売開始しました。2023年7月4日...
あわせて読みたい
Motorola moto g52j 5G(II)のカメラ画質をチョコっと上げる裏技。無料のGCam導入してパシャリ! Motorolaの『防塵防水(IP68)』『おサイフケータイ』に対応するスマートフォン『moto g52j 5G』。2023年7月7日にはメモリを8GBに増量した『moto g52j 5G II』の発売を...
あわせて読みたい
【バグ安】moto g52j 5G IIが2万円台に急落。メモリ8GB&6.8インチ大画面。大は小を兼ねる余裕のスマホ Motorolaは2023年7月4日(金)から、moto g52j 5Gのメモリ増量版(8GB)となる『moto g52j 5G II』の発売を開始しました。 調理場に例えると、メモリ(RAM)は『まな板...
あわせて読みたい
Motorola moto g52j 5Gはメモリ『6GB』『8GB(II)』どちらを買うべきか。メリット・デメリット Motorola(モトローラ)は2023年7月4日(火)から、moto g52j 5Gのメモリ(RAM)増量モデルとなる『moto g52j 5G II』の発売を順次開始。直販価格は『40,800円(税込)...

OPPO Reno9 A

OPPO Reno9 Aのカメラ画質を無料で向上させる

moto g52j 5G Ⅱと同じメモリ大容量(8GB)&Snapdragon 695 5G搭載モデル『OPPO Reno9 A』。背面にOPPOの独自加工技術『OPPO Glow』を施した、見た目にも拘っているスマートフォンです。

ディスプレイは液晶と比較して発色が美しく応答速度のはやい『有機EL』。実売2万円台で『有機ELディスプレイ』を採用するスマートフォンはとても希少。この部分だけとっても『買い』と言えます。

ストレージ容量は『128GB』と、一般的な使い方であれば必要十分。ストリーミング動画をダウンロードして持ち歩きたい場合は『Micro SDカード』による拡張も可能です。

OPPO Reno9 Aは『ワイモバイル版』がお得。オープンマーケット版とは異なりSIMカードスロットは1つですが、eSIMと物理SIMのデュアルSIM運用に対応します。

OPPO Reno9 Aの主な仕様

  • Soc:Snapdragon 695(6nm)
  • AnTuTu Benchmark(Ver.10):45万程度
  • 画面:6.4インチ(フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート90Hz)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:4,500mAh
  • カメラ:4800万画素(メイン)、800万画素(超広角)、200万画素(マクロ)
  • 重量:183g
  • 防塵防水(IP68):対応
  • おサイフケータイ:対応
  • Micro SDカード:対応
  • 販売店舗:Amazon楽天市場IIJmiomineo楽天モバイルワイモバイル
  • 対応回線:ドコモ、SoftBank、au、楽天モバイル

OPPO Reno9 Aに関連する記事

あわせて読みたい
【更新】OPPO Reno9 Aセール情報!メモリ8GB&システム劣化防止機能搭載スマホ グローバルスマートデバイスブランドのOPPOは、2023年6月22日(木)からOPPO Reno9 Aの発売を開始しました。カラーは『ムーンホワイト』『ナイトブラック』の2色展開。...
あわせて読みたい
【裏技】OPPO Reno9 AにGCamを入れるとカメラ画質はこう変わる!『2刀流』でより幅広いシーンをカバーし... 大手テクノロジーメーカー『OPPO』は、2023年6月22日(木)日本市場に向けて『OPPO Reno9 A』の発売を開始しました。 前世代となるOPPO Reno7 Aから目立ったハード面で...
あわせて読みたい
OPPO Reno9 Aはメモリ増量&周波数アップ!AnTuTuスコアがReno7 A比で 8千弱上昇。46万超え! スマートデバイスブランドのOPPO(オッポ)は、2023年6月22日(木)から『OPPO Reno9 A(オープンモデル版)』の発売を開始。OPPO Reno9 Aはメモリ(RAM)を6GBから『8G...

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!