2万円台で買えるデカスマホ『Redmi 12 5G』と10万超え『Pixel 8』『iPhone 15』の電池もち比較

2万円台のスマホと10万円台のスマホではどっちが電池の減りが早いのか

大手グローバルメーカー『Xiaomi(シャオミ)』は、2023年10月19日(木)にエントリークラスのスマートフォン『Redmi 12 5G(オープンマーケット版)』の発売を開始。販売価格は4GB/128GBモデルが『29,800円』。

円安やコスト高の影響により、2022年~2023年にかけては『性能の低下』『販売価格の上昇』という、ユーザーにとっては最悪の状況が続いたスマートフォン業界。

Redmi 12 5GはSocに『Snapdragon 4 Gen 2』を搭載。一般的な使い方では十分な処理速度を備えつつ、情報を認識しやすい『6.8インチ』の特大画面を採用。『ゲームをしないライトスマートフォンユーザー』に最適な端末を『2万円台』で実現しています。

あわせて読みたい
【実測】Redmi 12 5GはAnTuTu41万超え。GeekbenchはRedmi Note 11 Proを上回る 2023年10月19日(木)、グローバルテクノロジーメーカーXiaomi(シャオミ)が、スマートフォン『Redmi 12 5G(オープンマーケット版)』の発売を開始しました。直販価格...

ただし『画面が大きい』ということは、その分表示中の消費電力が上がって電池もちが悪くなる可能性あり。実際どうなのか。直販価格『119,900円(税込)~』のPixel 8(6.2インチ)と、『124,800円(税込)~』のiPhone 15(6.1インチ)と比較してみることに。

画面に同じ白い画像を表示させて照度計で明るさを合わせる(82~84LUX)』『自動明るさ調整OFF』『YouTubeで同じ動画(解像度1080p)を1時間再生』『電池残量60%台から開始』『総合使用時間が短い(最大電池容量が減っていない)』『Wi-Fi接続』といった共通の条件下で検証。

Pixel 8とiPhone 15は有機ELディスプレイを採用しているので、黒フチの範囲が広いとその分電力消費が減り(黒部分は消灯状態になるので)優位な結果に。今回は差が出づらい様に、全ての端末で『画面サイズに合わせる』まで動画を拡大表示しています。

記事が見つかりませんでした。

端末名 再生前の電池残量 再生後の電池残量 減った電池量
Redmi 12 5G(6.8インチ) 61% 56% -5%
Pixel 8(6.2インチ) 64% 57% -7%
iPhone 15(6.1インチ) 68% 64% -4%

※検証条件により、電池の減りは異なる可能性があります。

YouTubeで同じ動画を1時間再生した結果は上記の通り。iPhone 15は電池の減りが僅か『-4%』。画面サイズはやや小さめ(表示幅はやや広い)ですが、動画視聴時に『電池が減りづらい』というのは間違いないでしょう。

あわせて読みたい
【撮った】iPhone 15とiPhone 13のカメラ(静止画)画質を比較!2,400万画素のデータサイズも検証。 Appleが9月13日(水)にリリースした『iPhone 15』は、ベーシックモデルとしてはじめて総画素数が『4,800万画素』に。4つの画素(ピクセル)を1つの画素にグループ化す...

Redmi 12 5Gは『6.8インチ』というファブレットサイズの大画面ながら、電池の減りはiPhone 15に次ぐ『-5%』と健闘。重量も『約200g』に抑えられており、チタン素材を採用して大幅な軽量化が行われたiPhone 15 Pro Max(6.7インチ)の『約221g』よりも遥かに軽いです。

あわせて読みたい
【更新】Redmi 12 5Gをセール価格で安く買える店は?スナドラ4Gen2とFeliCa搭載スマホ スマートフォンの性能を左右するSocには、日本モデルとしてはじめて『Snapdragon 4 Gen 2(4nm)』を採用。AnTuTu Benchmark(Ver.10)の実測値は41万超え。ミドルクラ...

残念な結果に終わったのはGoogleの『Pixel 8』。3端末中電池の減りがもっとも早く『-7%』。Pixel 8の画面サイズは6.2インチと小さめ(重量は約187gと軽くはない)。電池容量は『4,575mAh』とやや大きめながら、電池の減りが早いというのは『動画視聴時の電力効率が低い』可能性大。

ベンチマークスコアの実測やゲームプレイ時にも、電力効率の低さが露呈されていたPixel 8。動画視聴時に電池の減りが早いというのは、ライトユーザーにとっても『マイナス』の要素。10万円を超える高額端末なので、全体的にもう少し頑張って欲しいのが正直な印象ですね。

あわせて読みたい
Pixel 8、Pixel 8 Proの『7年間アップデート提供』に違和感。まずはSocの電力効率向上を実現すべきでは Googleの『Pixel 8』『Pixel 8 Pro』は、発売開始から『7年間』の長期に渡るセキュリティとOSのアップデートに対応。前世代(Pixel 7、Pixel 7 Pro)から2年間延長され...
あわせて読みたい
そろそろiPhoneを卒業すべき理由。ボロボロの旧型iPhoneより安いAndroidスマートフォンの方が高確率で快適 今は殆の人にとって生活必需品となっているスマートフォン。OSは『Android』『iOS』に大分類されます。日本はiOS、つまりiPhoneの利用者が多いことで有名な国。 Webトラ...

記事が見つかりませんでした。

あわせて読みたい
【実際に使ってる】月額990円で満足度が高いハイコスパSIM3選。固定費を削減したいなら通信業者を乗り換... 10年前に『月額千円以内でまともに使えるSIM』など存在しませんでした。その頃に通信料金の節約に挑戦した人は、『安いSIM=通信品質が最悪で使えない』というイメージ...

Xiaomi Redmi 12 5Gを購入すべきポイント

あわせて読みたい
Xiaomiの安いスマホ復活!Redmi 12 5Gは2万円台でAnTuTu『45万』。6.8型大画面におサイフつき! Xiaomi Japanは2023年9月27日(水)、日本市場に向けて新製品発表会を行いました。複数リリースされた製品の中で、特に気になったのがエントリークラスのスマートフォン...
安くて美しい6.8インチの超大型スマホがシャオミから登場!

Xiaomiより

  • AnTuTu Benchmark(Ver.10)トータルスコア41万を超える処理能力を持つSnapdragon 4 Gen 2搭載(微細な4nmプロセス)
  • FeliCa ICチップ搭載でおサイフケータイGoogleウォレットといった決済サービスに対応(外出時の荷物が減る)
  • SGSブルーライト低減認証取得。フルHD+解像度の6.8インチ超大画面(スマホを超えたファブレット級)採用
  • 最大リフレッシュレート(1秒間に画面を書き換え可能な回数)90Hzの滑らか表示(一般的な廉価端末のリフレッシュレートは60Hz)
  • 最大タッチサンプリングレート(1秒間に画面がタッチに反応する回数)240Hzのスムーズな操作性(タッチサンプリングレート200Hzを超える端末は体感レベルで操作し易い)
  • 電力効率に優れるSocと5,000mAhの大容量電池により最大27時間(公表値)の動画視聴を実現
  • 最大18Wの実用的な速度で素早く充電
  • 128GBの大容量ストレージ(eMMCより読み書き速度に優れるUFS2.2規格)採用
  • Micro SDカード対応(最大1TB)で保存領域の拡張が容易。ストリーミング動画をダウンロードして外出先で視聴出来る
  • 廉価モデルに採用が目立つ樹脂(プラスチック)素材ではなくガラス素材を背面に使用
  • 画面にガラスフィルムを貼っても認証精度が落ちない、マスク着用時もスムーズにロックを解除する側面指紋認証
  • AI技術を使用した顔認証システム採用
  • 約5,000万画素の広角カメラに約200万画素の深度センサーを組み合わせた背面カメラ
  • 有線イヤフォン・ヘッドフォンを使用出来るイヤフォンジャック搭載
  • スマートフォンケース付属
  • SoftBank、ドコモ、au、楽天モバイルといった複数通信キャリアの帯域をサポート
  • 5Gモバイルネットワーク(Sub6)対応
  • 物理的なnanoSIMに加えて開通まで時間がかからないeSIMをサポート

Xiaomi Redmi 12 5Gに関連する記事

あわせて読みたい
Xiaomiの安いスマホ復活!Redmi 12 5Gは2万円台でAnTuTu『45万』。6.8型大画面におサイフつき! Xiaomi Japanは2023年9月27日(水)、日本市場に向けて新製品発表会を行いました。複数リリースされた製品の中で、特に気になったのがエントリークラスのスマートフォン...

Xiaomi Redmi 12 5GとRedmi 12Cの仕様比較

モデル名 Redmi 12 5G Redmi 12C
Soc Snapdragon 4 Gen 2(4nm) Helio G85(12nm)
メモリ容量 4GB(LPDDR4X) 3GB、4GB(LPDDR4X)
ストレージ容量 128GB(UFS 2.2) 64GB、128GB(eMMC 5.1)
電池 5,000mAh 5,000mAh
充電速度 最大18W 最大10W
重量 約200g 約192g
サイズ
  • 高さ:約169mm
  • 幅:約76mm
  • 厚み:約8.2mm
  • 高さ:約168.76mm
  • 幅:約76.41mm
  • 厚み:約8.77mm
画面
  • タイプ:液晶
  • サイズ:6.8インチ
  • 解像度:フルHD+
  • 最大輝度:550nit
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:240Hz
  • SGSブルーライト低減認証:あり
  • タイプ:液晶
  • サイズ:6.71インチ
  • 解像度:HD+
  • 最大輝度:500nit
  • 最大リフレッシュレート:非公表
  • 最大タッチサンプリングレート:非公表
  • SGSブルーライト低減認証:なし
カメラ メインカメラ(背面)

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.8

深度測定センサー(背面)

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.2
メインカメラ(背面)

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.8

ポートレート用補助レンズ

  • 解像度:QVGA

フロントカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.2
防水防塵 IP53 IP52
イヤフォンジャック 搭載 搭載
Bluetooth 5.0 5.1
位置情報 GPS、Glonass、Galileo、Beidou GPS、Glonass、Galileo、Beidou
Wi-Fi Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
SIM nano SIM+eSIM nano SIM+nano SIM
認証 側面指紋認証+AI顔認証 背面指紋認証+AI顔認証
おサイフケータイ 対応 非対応
スピーカー モノラル モノラル
Micro SDカード 対応(最大1TB) 対応(最大1TB)
5G(Sub6) 対応 非対応

Xiaomi Redmi 12 5G(オープンマーケット版)にお勧めな格安SIM

Redmi 12 5Gが対応する周波数帯

  • 5G Sub-6: 対応バンド n3/n28/n41/n77/n78
  • LTE: 対応バンド 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/38/39/40/41/42
  • 3G:WCDMA 1/2/4/5/8/6/19
  • 2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

Xiaomiに関連する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!