9月AnTuTu中国ランキングでDimensity 9000+がSnaperagon 8+ Gen 1をブチ抜き!

Dimensity 9000+がAnTuTuランキング1位に

ASUSより

AnTuTuが2022年9月度の中国市場におけるベンチマークランキングTOP10を発表。2位~10位まではQualcommの『Snaperagon 8+ Gen 1』を搭載するスマートフォンが独占。

ベンチマークスコア

AnTuTuより

2位のOnePlus  Ace Pro(16GB/512GBモデル)は『1111,200』。

OnePlus  Ace Pro

OnePlusより

Snapdragon 8+ Gen 1Snapdragon 8 Gen 1から『CPU』『GPU』性能を+10%強化。さらに電力効率を30%引き上げています。また、モデムに『Snapdragon X65 Modem-RF System』を採用する事で、通話可能時間を5.5時間以上延長。

Qualcommが取り扱うスマートフォン用Socの中では最上位モデル(2022年10月時点)となる『Snapdragon 8+ Gen 1』ですが、1位の座を奪還したのは『Dimensity 9000+』を搭載するASUS ROG Phone 6DMediaTekQualcommをぶち抜きました。

ROG Phone 6D

ASUSより

Dimensity 9000+ TSMC N4(4nmプロセス)を採用。前モデルではウルトラコア『Arm Cortex-X2』の最大クロック周波数が『3.05GHz』。それを『3.2GHz』に引き上げた事やROG Phone 6Dの筐体設計が相乗効果を生み、100万程度だったスコアが110万超えまで上昇。

ROG Phone 6D

ASUSより

著名なユーチューバーTechNickが自身のチャンネルでDimensity 9000Snapdragon 8 Gen 1の比較を行っており、最近ハイエンドで問題となっている『発熱』に関してはその時点でDimensity 9000の方が有利。

Dimensity 9000

MediaTekより

QualcommSnapdragon 8+ Gen 1から製造プロセスをSamsungからTSMCに切り替えていますが、イチから再設計が行われているわけでは無いので、その事が発熱の制御に繋がっているかは不明。少し前まではQualcommが圧倒的に優勢だったハイエンド市場。今後の動向に注目です。

この記事に関連するカテゴリー

スマートフォン

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!