Apple Musicでロスレス音源の配信開始!iPhoneの設定方法とは。Androidでもハイレゾで聴けるのか?

Apple music

Apple Musicでロスレス音源の配信が開始。まずはiPhoneの設定をハイレゾロスレスへ

Apple Musicがロスレス音源の配信を開始しました。iPhoneはiOSを14.6以上にアップデートし、設定内にある『ミュージック』項目から『オーディオ品質』を『ハイレゾロスレス』に変更する必要があります。

ハイレゾ設定

ロスレス設定

オーディオ品質

最高の解像度で曲を聴くにはDAC(デジタルアナログコンバータ)の接続が必要との表記あり

ただし設定を変えただけでは最大24ビット/192Hzの最大解像度でApple Musicの曲を聴く事は出来ません。公式HPには下記の様な表記あり。

  • サンプレートが 48 kHz を上回る曲を聴くには、外付けの DA (デジタル/アナログ) コンバータが必要です。

私は以前、iPhone 12 miniにDACを接続して音の解像度が上がるかを検証しました。その結果変化なし。

[st-card id=70091 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

しかし上記の検証を行った時は『オーディオの品質』を『ハイレゾロスレス』に変えていなかったので、設定した上でワクワクしながら再度検証。

設定を『ハイレゾロスレス』にし、DACを接続して再度対応解像度を検証

Amazon Music HDでは接続端末の性能を表示する事が可能

残念ながら再検証の結果も変化なし!ちなみに上記の検証はAppleのサポートに問い合わせながら行いました。ざっくりとしたAppleサポートとのやりとりが以下の通り。

Apple Musicに関するサポートとのやりとり

Q:Lightningから直接出力した場合の最大解像度を教えてください。

A:24 ビット/48 kHzです。

Q:『サンプレートが 48 kHz を上回る曲を聴くには、外付けの DA (デジタル/アナログ) コンバータが必要です。』との表記がありますが、具体的にどのDAを接続すれば48Hzで聴けるのか教えてください。

A:分かりません。

Q:USB DACを接続して個人的に検証(Amazon Music HDで)したら、解像度は24 ビット/48 kHzのまま変わらずでした。なぜですか?

A:分かりません。24 ビット/192 kHzはApple Musicの解像度になります。

Q:Amazon Music HDは再生している曲の解像度と、端末の対応する解像度がどちらも表示されます。Apple Musicではどうやって端末側の対応解像度を確認するのですか?

A:そういった機能はなく、今後追加する予定もありません。検証はご自身で行ってください。

もやっとするサポート対応。そしてApple Musicの内容

この対応(対応というか内容)には正直ガッカリしました。端末がどの解像度で音を再生しているのか分からない状態で、ユーザーは納得するのでしょうか?料金据え置きなので流石に文句は出ないと思いますが、詳細を知れば新しくユーザーが増える事は無さそうな気がします。

Androidは高解像度音源に非対応

ちなみに、Androidでは24 ビット/192 kHzに非対応。よってAmazon Music Unlimitedからの乗り換えは止めておいた方が良さそう。UIもAmazon Musicの方が洗練されていて使いやすいですしね。

Amazon Musicからの乗り換えはお勧めできないかも・・・

日本ではAmazon Music HDの利用料金が海外のように値下げされていない(6月8日時点)ので、単純にロスレス音源が980円(税込)で聴けるのであればAmazon Music HDからApple Musicに乗り換えようと実は本気で考えていました。しかし上記の結果から断念。iPhone 12 miniをiPodのようオーディオプレーヤーとして使うという選択肢も消えました。

楽天モバイルであればApple Music、Amazon Music HD問わずロスレス音質で聴き放題!

音楽を聴きたいし動画も観たいという人は楽天モバイル。通信量1GBまでは0円、3GBまでは1,078円、20GBまでは2,178円、無制限で3,278円という料金変動プラン。ロスレス音質で音楽を聴きまくりたいというのであれば、無制限の3,278円が適当かと。楽天モバイルであればAmazon Music HDApple Music問わず聴き放題です。

Rakuten UN-LIMIT VI 楽天モバイルの料金プランは、すべての人に最適なワンプランです。データ1GBまで0円/月 どれだけ使っても無制限2,980円/月

OCNモバイルONEの770円と比較すると高く感じますが、通信ストレスフリーな環境を得られる事や、Rakuten Linkアプリを利用すると国内通話がかけ放題(ナビダイヤル等一部の番号は有料)。OCNモバイルONEとの2枚同時利用もお勧めです。

Apple Musicでロスレス聴くなら楽天モバイル。コストを抑えてロスレス聴くならOCNモバイルONEとAmazon Music HDがお勧め

Apple Musicでロスレス音質が配信されはじめ、外出先でも聴きたいと思ったら楽天モバイルを契約。コストを抑えたいならAmazon Music HD(今後海外に準じて半額程度に値下げされる可能性あり)とOCNモバイルONEの組み合わせがベストかと!それ以外の人は、ロスレス音質に設定しない方が良いですね。とんでもない通信量になりますから!

OCNモバイルONEを利用するメリット

格安SIMのOCNモバイルONEは月額770円でスマホが運用出来る!音楽聴き放題!Wi-Fiスポット使い放題!

  • 音声対応SIMの利用料金が770円(1GB)~
  • 対応する音楽配信サービスの通信が追加料金無しでノーカウントに(MUSICカウントフリー)
  • 容量128GBで月額330円(税込)のオンラインストレージマイポケットの通信がカウントフリー
  • SIMの契約時にスマートフォンを同時購入すると大きな割引を受けられる
  • 余ったデータを翌月に繰越し出来る
  • 専用アプリなしで通話料金が半額
  • 高速/低速(一定容量まで高速通信するバースト転送対応)の切り替えが可能
  • 最低契約期間無し、解約金及びMNP転出手数料0円

>>OCNモバイルONE

[st-card id=68637 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

楽天モバイルを契約するメリット

  • 通信容量が1GB以内なら月額利用料金0円
  • 3ヶ月間利用料金が無料(キャンペーン期間中)
  • 利用料金が0円でもRakuten Linkアプリを使えば通話かけ放題SMS使い放題
  • 5Gネットワーク追加料金なしで使える
  • 2021年夏頃までに人口カバー率が96%まで拡大予定
  • 2021年夏頃にはキャリアメールアドレスが提供される予定
  • 契約事務手数料、SIM交換手数料、契約解除料、MNP転出手数料、SIM再発行手数料が全て0円
  • eSIMに対応している
  • docomo、au、Softbankと比較して利用料金が圧倒的に安い

>>楽天モバイル

関連する動画

Amazon Music値下げ

関連する記事

[st-card id=70091 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card id=70068 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card id=70003 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...
あわせて読みたい
【7月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!