AQUOS sense6の有機EL IGZOが神ってる!22gの軽量化も実現。女性に超モテるスマホの魅力が更にアップ!

IGZOが有機ELになって神進化したAQUOS sense6。さらに22g軽量化!

SHARPの大人気スマートフォン『AQUOS sense』シリーズが『AQUOS sense4』から『AQUOS sense6』にアップデート。処理能力に特化したモデルでは無いので、近い価格帯で高い処理能力を求めるのであれば、『Mi 11 Lite 5G』や『Motorola edge 20』をお勧めします。

AQUOS senseシリーズの魅力は処理能力ではありません。17項目のテストをクリアしてMIL規格(MIL-STD-810H)を取得した耐久性の高さ。そして最高レベル防水防塵性能(IPX5/IPX8/IP6X)ととにかく場所を選ばずタフに使えること。

AQUOS sense6防水

そしてFeliCaに対応しているので『おサイフケータイ』も使えます。男性であれば処理能力などスペック重視になりますが、女性ユーザーは『実生活に寄り添っているかどうか』を重要視しているような。だからAQUOS senseシリーズが人気なのでしょうね。

実用性の高さはそのままに、今回大きく刷新された一つが『デザイン』。私はAQUOS sense4のデザインは『微妙だな』と感じていました。女性ユーザー向けのモデルである事を考えるともう少し何とかならないものかと。

AQUOS sense4のデザイン1

AQUOS sense4のデザイン2

AQUOS sense6では有機ELを採用した事でバックライトが不要に。物理的に薄くフラットなデザインへの切り替えが可能となりました。

薄くなったAQUOS sense6
横に並べると厚みの違いをはっきりと確認出来ます。重量も22g軽量化。薄型軽量化しつつ、画面サイズを『5.8インチ』から『6.1インチ』に拡大出来たのは、有機ELを採用して指紋認証センサーを画面内に埋め込んだから。

AQUOS sense4とAQUOS sense6の厚みを比較

AQUOS sense6の画面内指紋認証

フレームの丸みを抑えたことで野暮ったさが無くなり洗練されたイメージに。iPhoneの最新シリーズに近づいた印象です。手に持つと尚更『iPhoneぽいな』と感じます。

AQUOS senes6側面

AQUOS sense6上面

ライトカッパーのカラーリングとの相性も良好。折角デザインが良くなったので、薄さを活かしたクリアケースと合わせて使いたいですね。

AQUOS sense6

デザイン以上に強化されたのが『ディスプレイ』。もともとSHARPが開発した『IGZO』技術を採用していたので、液晶の中ではトップクラスの画質と低消費電力を持っていたAQUOS sense4のディスプレイ。

AQUOS sense6では先述している通り液晶が『有機EL』に進化。さらに10bit(10億色以上)表示にも対応するという1段飛ばしなアップデートを敢行。そして画面サイズが『6.1インチ』に拡大した事で0.3インチ分多くの情報を1画面で表示出来る様に

これまで疑いの余地なく『美しい』と認識していたAQUOS sense4のIGZOディスプレイですが、AQUOS sense6の『有機EL IGZO』と比較するとその差は一目瞭然。ダイナミックレンジが広がったことで奥行きが一気に増しました。

ダイナミックレンジの差

左:AQUOS sense6 右:AQUOS sense4

10bit対応』非対応による大きな違いも明らかに。下の画像でAQUOS sense4は空のグラデーション部分が破綻してしまっています。それに対しAQUOS sense6はとても高精細で滑らか。黒の深さと階調の豊かさをどちらも兼ね備えていなければこのクオリティで表示する事は出来ません。

AQUOS sense4

AQUOS sense4のIGZOディスプレイ

有機EL IGZO

AQUOS sense6の有機EL IGZOディスプレイ

AQUOS sense4のディスプレイ

AQUOS sense4のIGZOディスプレイ

AQUOS sense6のディスプレイ

AQUOS sense6の有機EL IGZOディスプレイ

カラフルな色の表示もご覧の通り。有機ELの質が悪いと原色系の発色が強くなりすぎて目にきつい不自然な描写に。

ビビッドカラーの表示比較

下:AQUOS sense6 上:AQUOS sense4

有機EL IGZOの場合はピクセルごとに色表現が精細なので不自然さは皆無。逆にリアリリティが強すぎてガラス越しに生の景色を観ているかの様な錯覚を起こしてしまいます。このレベルのディスプレイはかなり稀ですね。

『ディスプレイの画質が上がっているだろう』と想定はしていましたが、実際に比較してみるとその差は明らかに想定以上。見入ってしまいます。

AQUOS sense4ユーザーは、機種変するつもりが無いのであれば量販店でAQUOS sense6を見かけても素通りしてください。恐らくショックを受けるので!

投稿が見つかりません。

SHARP AQUOS sense6の主な仕様

SHARP AQUOS sense6
Soc Snapdragon 690 5G
容量 4GB/64GB、6GB/128GB
電池 4,570mAh(USB Power delivery Revision3.0)
重量 156g
画面
  • サイズ:6.1インチ
  • 表示色:10億色
  • 種類: 有機EL(IGZO OLED)
  • 解像度:1080×2432ピクセル
  • タッチサンプリングレート:120Hz
  • HDR10
  • HLG
  • YouTube HDR
カメラ
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:4800万画素
    F値:1.8
    広角:79度
    焦点距離:26mm相当(35mm換算)
    手ブレ補正:電子式
  • 望遠カメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.4
    広角:45度
    焦点距離:53mm相当(35mm換算)
    望遠:光学2倍
    手ブレ補正:電子式
  • 超広角カメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.4
    広角:120度
    焦点距離:15mm相当(35mm換算)
    手ブレ補正:電子式
オーディオ シングルスピーカー
イヤフォンジャック 対応
Bluetooth 5.1
FeliCa 対応
位置情報 GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS(みちびき)
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
SIM nanoSIM/eSIM DSDV
防塵防水 IPX5/IPX8/IP6X
MIL規格 MIL-STD-810H
OS Android 11

SHARP AQUOS sense6にお勧めな格安SIM

  • 5G : n3 / n28 / n77 / n78 / n79
  • LTE : B1 / B3 / B5 / B8 / B18 / B19 / B38 / B39 / B41/ B42
  • 3G : B1 / B5 / B8
  • GSM : 850 / 900 / 1,800 / 1,900MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(◎)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...
あわせて読みたい
【7月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!