Snapdragon 6 Gen 1搭載!SHARPがAQUOS sense8投入。全体的に好印象も飛びつけない理由

全体的に良好なアップデートを遂げたAQUOS sense8

SHARPは2023年10月3日(火)、AQUOSシリーズの最新作『AQUOS sense8』をリリースしました。『1/1.55インチの大型イメージセンサー』『防塵防水(IP68)』『耐衝撃性能(MIL-STD-810H)』『FeliCa ICチップ(おサイフケータイ)』『顔認証(マスク対応)』といった基本部分は前モデルを踏襲。

IGZO OLEDは最大リフレッシュレートが『180Hz(通常90Hz)』に。これには『毎秒90回の表示更新に連動して間に黒画面を挿入』という、上位モデル由来の拡張技術が使われています。

メインカメラ(標準)の手ブレ補正は従来の電子式に加え、新たに物理的な『光学式』を導入。AQUOS sense7では不可能だった『HDR動画』の撮影にも対応しました。

見逃しそうになりますが、『DisplayPort v1.4』に対応したのも個人的にはかなり気になるポイント。有線でディスプレイに出力が可能になったということかと。実際に試してみたいですね。

記事が見つかりませんでした。

そして大きな話題となっているのが『Snapdragon 6 Gen 1』の採用。AQUOS sense6、AQUOS sense7は続けて『Snapdragon 695 5G』を搭載。AQUOS sense8までSnapdragon 695 5Gが続いていたら、流石に『がっかり』の声が大きくなりそうなもの。

SHARP公式情報によると、AQUOS sense8(Snapdragon 6 Gen 1)はAQUOS sense7(Snapdragon 695 5G)比較でCPU『約36%』、GPU『約33%』の大幅な性能アップを遂げています。数字から見ればしっかりとした『アップグレードモデル』と言えるでしょう。

あわせて読みたい
マクロ撮影非対応のAQUOS sense7にマクロレンズ着けたら凄い写真が撮れた。プラス3千円で得られるもう一... SHARPのミッドレンジスマートフォン『AQUOS sense7』。前モデルから様々なアップデートが行われていますが、その中でもメインと言えるのはやはり『カメラ』。 画質に大...

しかしここで一つの疑問が生まれます。QualcommがSnapdragon 6 Gen 1をリリースしたのは2022年9月。すでに1年以上が経過しています。

6番台のSocは本来人気があり、Snapdragon 695 5Gの様に多くのモデルが採用するのが通常。しかし2023年時点でSnapdragon 6 Gen 1を搭載しているスマートフォンは『IQOO Z8x(中国)』『Honor X50(中国)』『moto G Stylus 5G(西アメリカ)』とかなり限定的。

コストアップを懸念して『Snapdragon 695 5G』の搭載が続いたというのは事実としてあるかもしれませんが、それを踏まえても明らかに異常。

記事が見つかりませんでした。

Wikipediaの情報をたどってみると、Snapdragon 6 Gen 1のプロセスはSamsungの『4nm LPE』。これは歩留まり率の低さで有名な『Snapdragon 8 Gen 1』と同じ表記。この部分に懸念があり、採用モデルが極端に少なかった可能性はゼロでは無いでしょう。

もっとも、Snapdragon 8 Gen 1は途中からTSMCへの移行が行われており、Samsungの製造ライン(4nm)に関しては歩留まり率が改善されたとの情報も(Hi Investment & Securitiesより)。

よってAQUOS sense8が搭載するSnapdragon 6 Gen 1も、改良が加えられた後に作られたものである可能性が十分に考えられます。ひとまず何事もないことを祈りながら、私は当面『様子見』をするつもりです。

お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker
あわせて読みたい
【実際に使ってる】月額990円で満足度が高いハイコスパSIM3選。固定費を削減したいなら通信業者を乗り換... 10年前に『月額千円以内でまともに使えるSIM』など存在しませんでした。その頃に通信料金の節約に挑戦した人は、『安いSIM=通信品質が最悪で使えない』というイメージ...
あわせて読みたい
そろそろiPhoneを卒業すべき理由。ボロボロの旧型iPhoneより安いAndroidスマートフォンの方が高確率で快適 今は殆の人にとって生活必需品となっているスマートフォン。OSは『Android』『iOS』に大分類されます。日本はiOS、つまりiPhoneの利用者が多いことで有名な国。 Webトラ...

SHARP AQUOS sense8、AQUOS sense7の主な仕様

AQUOS sense8 AQUOS sense7
Soc Snapdragon 6 Gen 1(4nm) Snapdragon 695 5G(6nm)
容量 6GB/128GB 6GB/128GB
電池 5,000mAh(USB Power delivery Revision3.0) 4,570mAh(USB Power delivery Revision3.0)
重量 159g 158g
画面 サイズ:6.1インチ
種類:IGZO有機EL
表示色:10億色
解像度:1080×2432ピクセル
ピーク輝度:1,300nit
コントラスト比:1,300万:1
サイズ:6.1インチ
種類:IGZO有機EL
表示色:10億色
解像度:1080×2432ピクセル
ピーク輝度:1,300nit
コントラスト比:1,300万:1
カメラ リアカメラ

  • メインカメラ
    解像度:5,030万画素
    F値:1.9
    イメージセンサーサイズ:1/1.55インチ
    焦点距離:23mm相当(35mm換算)
    手ブレ補正:光学式/電子式
  • 超広角カメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.4
    焦点距離:15mm相当(35mm換算)
    手ブレ補正:電子式

フロントカメラ

  • サブカメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.0
    広角:78度
    焦点距離:26mm相当(35mm換算)
リアカメラ

  • メインカメラ
    解像度:5,030万画素
    F値:1.9
    イメージセンサーサイズ:1/1.55インチ
    焦点距離:23mm相当(35mm換算)
    手ブレ補正:電子式
  • 超広角カメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.4
    広角:120度
    焦点距離:15mm相当(35mm換算)
    手ブレ補正:電子式

フロントカメラ

  • サブカメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.0
    広角:78度
    焦点距離:26mm相当(35mm換算)
オーディオ モノラル(シングルスピーカー) モノラル(シングルスピーカー)
イヤフォンジャック 対応 対応
Bluetooth 5.1 5.1
おサイフケータイ 対応 対応
位置情報 GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS(みちびき) GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS(みちびき)
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac
SIM nanoSIM/eSIM DSDV  nanoSIM/eSIM DSDV
防塵防水 IP68 IP68
MIL規格 MIL-STD-810H準拠 MIL-STD-810H準拠
DisplayPort v1.4 対応 非対応
OS Android™ 13 Android 13

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!