ボーナスで安いスマホ卒業しよう!お勧めはRedmi Note 13 Pro+ 5GとNothing Phone(2a)

スマートフォン

サラリーマンが働くモチベーションを維持する為に不可欠な『ボーナス』。将来に備えて貯金をすることは大切ですが、頑張っている自分への『ご褒美』も忘れずに。

とはいえ、『とりあえず高額なもの』を購入することはお勧めしません。せっかくであれば、『日常的に使っているもの』をワンランク上にアップグレードさせましょう。

生活必需品となった『スマートフォン』はその代表例。ボーナスで購入するなら最上位の『ハイエンド』と言いたいところですが、私はあえて『しっかり使えるミドルクラス』をお勧めします。

家電は高性能化するほど『高額』になるのが一般的。一度高性能な『ハイエンド(Android)』を購入してしまうと、『次もハイエンド』というレールの上を走ることになりがち。『買い替えて性能が落ちる』という状況に納得がいかないからです。

iPhoneも性能的には『ハイエンド』。全ての日本ユーザーが高性能を使いこなしているか定かではありませんが、こちらは『iPhoneを使っているから』という盲目的な理由で、値上げが止まらないiPhoneを買い続けます。

スマートフォンが好きでたまらない』という人は、『ハイエンドを買い続ける』という選択肢が恐らく正しいです。しかしそこまでの熱量が無いのであれば『中の上』で十分。

私が所有するスマートフォン(日本モデル)の中で、『中の上』に該当するのは『Nothing Phone (2a)』と『Redmi Note 13 Pro+ 5G』。

Redmi Note 13 Pro+ 5GとPOCO F6 Pro

Redmi Note 13 Pro+ 5G

Phone (2a)カメラデザイン比較

Nothing Phone(2a)

何をもって中の上と判断しているかと言えば、『処理能力』『ディスプレイ』『カメラ画質』『充電速度』といった実用部分。

Nothing Phone (2a)は、スマートフォンの処理能力を決めるSocに『Dimensity 7200 Pro』、Redmi Note 13 Pro+ 5Gは『Dimensity 7200-Ultra』を搭載。Dimensity 7200をベースに、それぞれチューニングがかけられています。

AnTuTu 1

Nothing Phone (2a)のAnTuTu Benchmark実測結果

AnTuTu Benchmark(Ver.10)のトータルスコアはどちらも『70万』以上。これは『AQUOS sense8(Snapdragon 6 Gen 1)』や『OPPO Reno10 Pro 5G(Snapdragon 778 5G)』を上回る処理能力(動作はもちろんサクサク)。

あわせて読みたい
Nothing Phone (2a)のAnTuTuベンチマークを競合5端末と同時に実機比較検証 イギリスに拠点を置くテクノロジーメーカー、『Nothing』のスマートフォン3作目となる『Phone (2a)』。同端末はNothing初の廉価モデルという位置づけなので、背面素材に...

ディスプレイは両モデルとも『有機ELディスプレイ』を採用。有機ELは液晶と比較して『応答速度がはやい』『高いコントラスト比』『画素単体を発光させて表示』といった特徴を持ちます。

応答速度がはやいと残像が発生しづらくなるので、素早い動きの動画を観るのに最適。高コントラストは、HDRコンテンツを表示するのにも向いています。画素を消灯させて『漆黒』を表現することも。ダークモード設定時は『省エネ』効果も得られます。

Redmi Note 13 Pro+ 5Gは『12bit(680億7000万色)』、Nothing Phone(2a)は『10bit(10億7千万色)』の色深度に対応。通常の8bit(1,670万色)ディスプレイと比較して細かく階調表現を行い、グラデーションを滑らかに表示。

1秒間に画面を書き換え可能な回数を示す『リフレシュレート』はどちらも最大『120Hz』。最大リフレッシュレート60HzのiPhone 15よりも、最大2倍滑らかにスクロール。タッチ感度も良好です。

Redmi Note 13 Pro+ 5Gは画面の左右側面が湾曲。フィット感を高めた立体形状を採用しています。Nothing Phone(2a)はフラットデザイン。上下左右ほぼ均等にバランスがとれた『ベゼルレス』仕様。

画面2

Redmi Note 13 Pro+ 5G

ディスプレイ横

Nothing Phone(2a)

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...

メインカメラ(背面)はRedmi Note 13 Pro+ 5Gが『2億画素』の超高解像度に対応。1/1.4インチの大型イメージセンサーや光学式手ぶれ補正を搭載し、最大『4倍』のロスレスズーム撮影が可能。ミドルながらハイエンドよりの画質を得られます。

ゼラニウム2

Redmi Note 13 Pro+ 5Gのメインカメラで撮影(ロスレス4倍ズーム)

あじさい2

Redmi Note 13 Pro+ 5Gのメインカメラで撮影(ロスレス4倍ズーム)

あわせて読みたい
【対決】Pixel 8aの『超解像ズーム』とRedmi Note 13 Pro+ 5Gの『ロスレスズーム』を実写比較 Googleの対象となるPixelシリーズでは、AIによって画像を補間する『超解像ズーム』を利用することが可能です。同機能は廉価モデル『Pixel 8a』にも導入されており、最大...

Nothing Phone(2a)』のイメージセンサーも『1/1.56インチ』と大きめ。Ultra XDRというRAW画像を8フレーム用いた画像処理技術により、ディテールや明るさを拡張。より自然で高精細な表現が可能に。動画撮影時の手ブレ補正精度も高めです。

薄いムラサキの花

Nothing Phone(2a)のメインカメラで撮影

夕暮れのすずらん

Nothing Phone(2a)のメインカメラで撮影

あわせて読みたい
Nothing Phone (2a)のカメラで『写真(44作例)』『動画』を撮影!廉価モデル画質なのか? イギリスに拠点を置くテクノロジーメーカーNothing(ナッシング)。同社が初めてリリースしたスマートフォンの廉価モデルが『Nothing Phone (2a)』です。直販価格は8GB/...

Redmi Note 13 Pro+ 5Gの充電速度は最大『120W』と、ハイエンドを含めてもトップクラス。120W充電対応の充電器が付属するのもポイントです。Nothing Phone(2a)も最大『45W』とストレスを感じない程度。ただしこちらは充電器『別売り』です。

円安によりスマートフォンの価格も年々上昇していますが、今まで『3~4万円以上のスマートフォンを購入したことが無い』という人であれば、『Redmi Note 13 Pro+ 5G』『Nothing Phone(2a)』を購入することで、体感的な満足感を得られるはず。

Xiaomi Redmi Note 13 Pro+ 5GとNothing Phone (2a)の主な仕様

Xiaomi Redmi Note 13 Pro+ 5G Nothing Phone (2a)
Soc MediaTek Dimensity 7200-Ultra(4nm) MediaTek Dimensity 7200 Pro(4nm)
容量 8GB/256GB、12GB/512GB 8GB/128GB、
12GB/256GB
電池 5,000mAh 5,000mAh
充電速度 最大120W(充電器同梱) 最大45W(充電器別売)
重量 約204.5g 約190g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:2,712×1,220px
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:2,160Hz(ゲームモード設定時)
  • 1,800ニト(ピーク)
  • 色深度:12bit
  • コントラスト比:5,000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 素材:Corning Gorilla Glass Victus
  • サイズ:6.7インチ
  • 種類: 有機EL
  • 解像度:1084×2412ピクセル
  • 最低リフレッシュレート:30Hz
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:240Hz
  • 最大(屋外)輝度:1,100ニト
  • ピーク輝度:1,300ニト
  • コントラスト比:5,000,000:1
  • 10bit表示:対応
  • DCI-P3:100%
カメラ メインカメラ

  • 解像度:2億画素
  • F値:1.65
  • イメージセンサーサイズ:1/1.4インチ
  • 画素サイズ:2.24μm(16-in-1)
  • 手ぶれ補正:光学式、電子式
  • ALD(フレア軽減):対応

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.2

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

  • 解像度:1,600万画素
  • F値:2.4
メインカメラ

  • 解像度:5,000万画素
  • イメージセンサー:非公開
  • イメージセンサーサイズ:1/1.56インチ
  • 画素サイズ:非公開
  • F値:1.88
  • 手ブレ補正:光学式、電子式

超広角カメラ

  • 解像度:5,000万画素
  • イメージセンサー:非公開
  • イメージセンサーサイズ:1/2.76インチ
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:非公開
  • 画角:114度
  • Ultra XDR:対応

フロントカメラ

  • 解像度:3,200万画素
  • イメージセンサー:非公開
  • イメージセンサーサイズ:1/2.74
  • F値:2.2
おサイフケータイ 対応 対応
防塵防水 IP68 IP54
スピーカー デュアルスピーカー(Dolby Atmos対応) デュアルスピーカー
ネットワーク  802.11a/b/g/n/ac/ax 802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.3 5.3
SIM nano SIM + eSIM NanoSIM カード×2
指紋認証 画面内、AI顔認証 画面内、AI顔認証
Micro SDカード 非対応 非対応
位置情報 BeiDou B1、GPS L1、Galileo E1、GLONASS G1、QZSS L1、AGNSS A-GPS、A-GLONASSS、A-BDS GPS (L1), GLONASS (G1), BDS (B1I), GALILEO (E1), QZSS (L1)

関連リンク

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...
あわせて読みたい
【7月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!