iPhone 15で『OCNモバイルONE(ドコモ)』と『LINEMO(SoftBank)』の通信速度を実測した結果。

iPhone 15の通信速度

Appleが2023年9月22日(金)から発売を開始した『iPhone 15』。スマートフォンの性能を決める『Soc』は、前世代で『Pro』モデルが採用していた『A16 Bionic』に刷新。

加えてメインカメラのイメージセンサーを大型化するなど、大幅な物理的アップデートを遂げています。価格はiPhone 14の119,800円(税込)から『124,800円(税込)』に微上げとなりましたが、性能アップが伴っているので個人的には不満なし。

高性能化したiPhone 15を盤石の状態で使うなら、『通信環境』にもしっかりと拘りたいところ。通信速度が遅いと折角の高いパフォーマンスを発揮し切れずに、インターネット接続時の体感速度が著しく低下してしまいます。

あわせて読みたい
ahamoとLINEMOの特長を知ろう。『NTTドコモ』『SoftBank』という回線の違いだけで選んだらきっと後悔 SoftBankのオンライン専用ブランド『LINEMO』と、NTTドコモの格安プラン『ahamo』。どちらもメイン手続きは『オンライン(ahamoはドコモショップで有償サポート可)』。...

私は仕事柄複数のSIMを契約。これまで何度も通信速度の実測を行ってきて、『ダントツ』でお勧めしたいのがSoftBankのオンラインブランド『LINEMO』。

LINEMOは一般的な格安SIM(MVNO)と異なり、回線を提供する側の『MNO』に属します。それでいてミニプラン(3GB)の月額基本料金は『990円(税込)』と千円以下。さらに追加料金なしで『LINEギガフリー』が付帯。

LINEギガフリーとは、対象となるLINEアプリ使用時の通信が『ノーカウント』となるLINEMO独自サービス。メッセージのやりとりや音声通話に加え、『ビデオ通話』『ファイル送受信(1日1.1GBまで。最大ファイルサイズ1GB)』といった大容量通信も含まれます。

あわせて読みたい
Pixel 7aで『平日お昼』にSIM6種類速度比較!SoftBank『LINEMO』が桁違いの爆速ブッチギリで優勝! 2023年5月11日に登場したGoogleのスマートフォン『Pixel 7a』。物価高の影響が続き、2023年前半は盛り上がりに欠けたSIMフリーAndroid市場。Pixel 7aがカンフル剤となり...

通常月間データ容量をオーバーすると速度制限がかかってしまい、友達と『音声通話(LINE)』すら出来ない状況に。LINEMOを契約していれば、データ容量の『買い増し』をせずとも、1ヶ月を通して連絡手段が確保されます。

今回は実際にiPhone 15を使用して、すでに新規受付を停止した『OCNモバイルONE(ドコモ回線、3GB:990円)』と、LINEMOの通信速度(下りメイン)を実測。高性能なスマートフォンに相応しい『高速SIM』はどっちだ(測定場所によって通信速度は異なります)!

速度1

iPhone 15を使用してOCNモバイルONE(ドコモ回線)の通信速度を実測(2023年10月10日午前9時2分)

OCNモバイルONEは『5Gオプション』に加入していますが、私の利用環境だとアンテナピクトが『5G』になることは少なく大体4G。

午前9時頃の通信速度は『87Mbps』。一時期10Mbpsを切ることが多かったOCNモバイルONE(ドコモ回線)ですが、この時間帯は帯域に余裕を感じる速さ。

速度2

iPhone 15を使用してLINEMO(SoftBank回線)の通信速度を実測(2023年10月10日午前9時2分)

LINEMOはさらにその上をいく『260Mbps』。日常的にこの程度出ていれば文句なし。ちなみにアンテナピクトが『5G』に変わっていても、帯域が『4G転用』の場合は速い速度を得られない場合があるので、その点は認識しておきましょう。

お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker

続いてもっともユーザーが混雑する『平日のお昼』に実測。この時間帯に高速通信が可能なSIMは『ホンモノ』です。逆に低下する場合は、通勤・通学の時間帯や人口密度の高い場所で『低速化』する可能性があります。

速度3

iPhone 15を使用してOCNモバイルONE(ドコモ回線)の通信速度を実測(2023年10月10日午後12時33分)

OCNモバイルONEは、午前9時台の『87Mbps』から大きく低速化して『6.5Mbps』。10Mbpsを切ってしまっているので、格安SIMの中でもやや遅い部類です。

速度4

iPhone 15を使用してLINEMO(SoftBank回線)の通信速度を実測(2023年10月10日午後12時48分)

LINEMOは平日昼の混雑をモノともせずに『190Mbps』を記録。午前の実測よりは速度が低下していますが、それでも200Mbps付近を維持。OCNモバイルONE比較で『29.2倍』。私の満足度は100%を振り切っている状態。iPhone 15との相性もバッチリでした!

あわせて読みたい
ワイモバイルの『シンプル2』は値上げか?『M』と『LINEMO(スマホプラン)』のサービス内容を比較した... SoftBankのサブブランド『ワイモバイル』は、10月3日から新料金プラン『シンプル2』をスタート。『ギガマシマシ!』というキャッチピーの通り、データ容量を増量。ただ...
あわせて読みたい
高品質なソフトバンク回線を安く使いたい人は『ワイモバイルの営業マン』になって『一人目のユーザー』... 通信キャリアSoftBankは、オンライン専用ブランド『LINEMO(ラインモ)』と、サブブランドの『ワイモバイル』を展開。月額基本料金のみで比較すると、下記の通りLINEMO...

LINEMOについて

iPhone 15の主な仕様

モデル名 iPhone 15
Soc A16 Bionicチップ
容量 128GB、256GB、512GB
重量 171g
画面 6.1インチ
カメラ メインカメラ

  • 解像度:4,800万画素
  • F値:1.6
  • 焦点距離:26mm
  • 手ブレ補正:センサーシフト光学手ブレ補正
  • 望遠:2倍(1,200万画素、52mm、クアッドピクセルセンサー活用)

超広角カメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • F値:2.4
  • 焦点距離:13mm
  • 視野角:120度

フロントカメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • F値:1.9
  • Face ID:TrueDepthカメラによる顔認識の有効化
防水防塵 IP68
オーディオ ステレオ
Bluetooth 5.3
Wi-Fi 2×2 MIMO対応Wi-Fi 6(802.11ax)
おサイフケータイ 対応
SIM nano SIM+eSIM

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!