8月17日、ジンバルカメラとSnapdragon 888 Plusを搭載するIQOO 8 Proがスマホ市場に襲来!

IQOO 8 Pro

IQOOの公式Weiboより

世界一のスマートフォン市場中国に加え、第二位のインド市場でもシェアを大きく拡大しているスマートフォンメーカーVivo。その子会社として2019年に設立されたのがiQOOです。

IQOOは8月17日に最新モデルとなる『IQOO 8』シリーズをリリース予定。残り数日となり、公式Weiboは8月9日と10日にIQOO 8シリーズに関するティーザーを2つ公式のWeiboに投稿。

1つめの投稿はSoc、メモリ、ストレージに関するもので『Snapdragon 888 Plus』『LPDDR5』『UFS3.1』の採用が明らかに。8月10日にリリースされたばかりの『Xiaomi Mi MIX 4』もSnapdragon 888 Plusを採用しており、今後は同Soc搭載モデルのリリースラッシュとなりそうです。

Snapdragon 888 Plus

IQOOの公式Weiboより

2つめはカメラについて。投稿には撮影サンプルが含まれており、ウォーターマークは『IQOO 8 Pro』。よってこれは上位モデルに関する情報と言えるでしょう。それにしても撮影サンプル、とんでもないクオリティ。

撮影サンプル

IQOOの公式Weiboより

撮影サンプル

IQOOの公式Weiboより

広角カメラの解像度は5,000万画素となり5軸ジンバルを採用。5,000万画素の解像度に対応するイメージセンサーは大型のものが殆ど(Samsung ISOCELL JN1など除く)なので、低照度での高画質も納得です。ジンバルは2020年にリリースされた『Vivo X50 Pro』が初採用。同社の象徴的な技術と言えます。それがついにIQOOにも。

ジンバルカメラ

Vivoより

広角だけでなく超広角カメラも4,800万画素のメイン仕様。最近フラッグシップでは主流になりつつあるダブルメインカメラをIQOO 8 Proも採用します。前モデルではミッドレンジレベルだったカメラスペックが一気にトップレベルに。カメラ好きにも注目の一台となりました。

カメラ

IQOOの公式Weiboより

91mobilesによると、IQOO 8 Proはディスプレイに2K解像度のSamsung E5 AMOLEDパネルを搭載。さらに表示コンテンツによってはリフレッシュレートを1Hzまで低下させる事が可能なLTPOを採用。最大リフレッシュレートは144Hzとなり、1Hz~144Hzの可変式になるとのこと。充電速度は最大120WとこれはSoc、カメラだけでなく全ての作り込みが最高レベルになりそうな予感。究極進化を遂げたIQOOの最新モデルが8月17日にベールをぬぎます。

この記事に関連するカテゴリー

スマートフォン

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!