Xiaomi Redmi 9Tは1万円台なのに駆動時間長すぎ!あわやスタミナキングRedmi Note 9Sを抜くレベル

私が所有する複数のスマートフォンの中で、もっとも長く駆動するのがXiaomiRedmi Note 9Sです。battery life(スマートフォンを仮想的に動かし、電池が100%から20%まで減る時間を計測するPC MARKに搭載された機能)で連続駆動時間を検証した結果はなんと25時間31分。1日を超えています。

Xiaomi Redmi Note 9Sバッテリー持続時間

Xiaomi Redmi Note 9Sをbattery lifeで実測した結果

Redmi Note 9Sの駆動時間が長い理由は2つ。1つは5,020mAhの大容量電池を搭載している事。そしてもう一つはSocに電力効率の高いSnapdragon 720Gを採用しているから。電池容量とSocの性能が、スマートフォンの駆動時間に最も大きな影響を及ぼします。

Redmi Note 9S

Xiaomi Redmi Note 9S

新たにXiaomiが発売した1万円台で買えるスマートフォンRedmi 9Tは、SocにSnapdragon 662を採用。Snapdragon 662はプロセスサイズが11nmとやや大きめなので、Snapdragon 720Gほど電力効率は高くありません。

ただしRedmi 9Tの電池容量はRedmi Note 9Sを上回る6,000mAh。battery lifeで同様に連続駆動時間を検証してみると、24時間20分というRedmi Note 9Sに迫る記録を叩き出しました。

Xiaomi Redmi 9Tのbattery life計測結果は24時間20分

Xiaomi Redmi 9Tをbattery lifeで実測した結果

ちなみに、Redmi 9Tと同じSnapdragon 662を搭載するOPPO A73の計測結果は17時間1分。Redmi 9Tの駆動時間が7時間以上オーバー。やはり電池容量の差は大きいですね。

OPPO A73をbattery lifeで実測した結果

さらにRedmi 9Tが搭載している電池は1,000回繰り返し充電しても劣化しない高品質タイプ。従来モデルと比較してバッテリー寿命が25%も向上しています。電池切れになるまでの時間だけでなく、電池を使える期間も長いという事ですね。これはヘビーユーザーにとっては嬉しい限り。

Xiaomi Redmi 9Tの電池は1000回充電しても劣化しない

高額なフラッグシップモデルを利用していると電池の劣化が気になります。しかしRedmi 9Tは1万円台。さらに劣化しづらい電池を採用。何の気兼ねもなく長時間動画を観たり、テザリング用途でも利用出来ますね。まさに最高のサブ機です。

Redmi 9T

Redmi 9T最高のサブ機と認識させるもう一つの重要なポイントが、主要な国内4Gバンドへのフル対応。docomo、Softbank、au、楽天モバイルのプラチナ回線までを全て網羅。一部のスマートフォンでは利用する事の出来ないバンド18、19もしっかりとサポートしています。

私は月額2,980円で通信量無制限の楽天モバイルRedmi 9Tを組み合わせて使っていますが、凄まじく快適です。Redmi 9Tがあればメイン機は対応バンドを気にしなくてすむので、高性能なグローバルモデルを選び放題に。勿論Xiaomiの最新モデルMi 11も選択肢として加えられます。

[st-card id=66589 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card id=66553 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

また、これまで廉価なサブ機と言えばHD+解像度が主流でしたが、Redmi 9TフルHD+。文字の滲みが気にならなくなり、ニュースやSNS閲覧時の目の疲れが軽減。YouTubeも1080pが選択出来るようになりました。

Redmi S2とRedmi 9T

[st-card id=66618 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

Asphalt 9の様に負荷の大きいゲームをすると動きがカクつくという弱点はありますが、カメラ画質もソコソコ高いのでゲームをしない人にとってはメイン機として必要十分。1万円台で実用レベルのスマートフォンが買えるとは、良い時代になりましたね!

Xiaomi Redmi 9Tの仕様

Xiaomi Redmi 9T
Soc Snapdragon 662
容量 4GB/64GB(LPDDR4X + UFS 2.1)
電池 6,000mAh
充電 最大18W  逆充電:最大2.5W
重量 約198g
画面 6.53インチ(フルHD+、液晶)
素材 ディスプレイ:ゴリラガラス3
ボディ:プラスチック
カメラ 【メインカメラ】

解像度:4800万画素

F値:1.79

焦点距離:26mmm

センサーサイズ:1/2.0

画素サイズ:0.8µm

1.6μm 4-in-1
スーパーピクセル

オートフォーカス:PDAF

【超広角カメラ】

解像度:800万画素

視野角:水平120度

F値:2.2

センサーサイズ:1/4.0

画素サイズ:1.12µm

【深度測定カメラ】

解像度:200万画素
F値:2.4

【マクロカメラ】

解像度:200万画素
F値:2.4

センサー 近接センサー 、周囲光センサー、加速度センサー、電子コンパス 、振動モーター、赤外線ブラスター
ハイレゾ 対応
スピーカー ステレオ(デュアル)
対応バンド 【2G GSM】
B2/3/5/8【3G WCDMA】
B1/2/4/5/6/8/19【4G TDD-LTE】
B38/40/41【4G FDD-LTE】
B1/2/3/4/5/7/8/
18/19/20/26/28

Redmi 9T 開封

Redmi 9T ゲーム

Redmi 9Tを購入可能な店舗

Amazon楽天市場OCN モバイル ONEIIJmioBIGLOBEモバイル

Xiaomi Redmi 9Tに関連する記事

[st-card id=9356 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

Xiaomi Redmi 9Tにお勧めな格安SIM

[st-card id=66589 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

docomoの4G/5G周波数帯対応状況

4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONE

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEモバイル

auの4G/5G周波数帯対応状況

4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G/5G周波数帯対応状況

4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

XiaomiRedmi 9T

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする