【AI】クラウドに逃げたTensor G3。デバイスで完結を目指すSnapdragon 8 Gen 3。違いが鮮明に

今後さらに加速する生成AI技術。GoogleとQualcommはどちらが優位か

Qualcommより

Googleのスマートフォン『Pixel』シリーズの特化機能として全面的にアピールされている『AI』。AIと言えば『自動で勝手にやってくれる』『便利』などを連想する人が多いはず。

実際その通りだと思いますが、『どんなAI機能を搭載しているのか』『どういった方法でAI処理を行うのか』は予め知っておいた方がいいでしょう。Pixel 8、Pixel 8 Proを例にすると、デバイス単体(オフライン環境)では主に下記の様な作業をAIが行ってくれます。

  • 消しゴムマジックで不要なモノを写真から消す
  • 音声消しゴムマジックで動画から騒音を消す
  • ベストテイクで集合写真の顔を変える

もっとも『消しゴムマジック』に関して言えば、クラウドAIを利用した『編集マジック』と比較して精度がとても低く、実用レベルに達していないのが率直な感想。ベストテイクは思い出の改変が行われてしまうので、個人的に使う機会は無いと予想。

あわせて読みたい
【必見】Pixel 8の『消しゴムマジック』で実際に色々消してみた!どこまで実用的に使えるかを検証。クラ... Googleのスマートフォン『Pixel』シリーズで使えるAI機能と言えば、CMでもお馴染みの『消しゴムマジック』です。まだPixel端末を使ったことがない人は興味津々のはず。 ...
あわせて読みたい
Pixel 8、Pixel 8 Proで使える『ベストテイク』は表情だけじゃなく思い出の記録もチェンジ!?使いすぎ注意 Googleが2023年10月12日から発売を開始する『Pixel 8』『Pixel 8 Pro』には、AIを駆使した便利機能が多数追加されています。そのうちの一つが『ベストテイク』。似てい...

次に『インターネット接続』が必須となるAI機能がコチラ。

  • 編集マジックで被写体の位置や背景を変える
  • 登録していない番号からかかってきた電話の内容を自動的にスクリーニングして内容を文字で伝える(日本版はアップデートで対応予定)
  • リアルタイム翻訳
  • 動画ブーストで画質向上(夜景撮影など。アップデートでPixel 8 Proが対応)

編集マジックは選択した被写体を『消去』『移動』させたり、背景を異なるイメージに変更することが可能。スマートフォン上で処理を行っていないので、クオリティはかなり高いです。

あわせて読みたい
Pixel 8、Pixel 8 Proで使える『クラウドAI』。画像を編集するとどの程度データ量消費する?検証してみた Googleの最新スマートフォン『Pixel 8』『Pixel 8 Pro』では、クラウドAIを活用した編集機能を使えます。ローカル環境で処理が完結しないので、『Pixel 8、Pixel 8 Pro...

ただし毎回データ通信が発生するのはデメリット。遊び感覚で編集マジックを使いまくっていると、月間データ容量が消費されて『気づいたら速度制限』という状況になりかねません。

動画ブースト』に関して言えば、頻繁に使うなら『大容量データ通信環境』『Google Oneへの加入』がほぼ前提となるでしょう。

あわせて読みたい
Pixel 8 Proに追加予定の『動画ブースト(ビデオ夜景モード)』。使うには継続的な『追加コスト』を覚悟... Googleの『Pixel 8』『Pixel 8 Pro』では、『クラウドAI』を使用した編集機能を使うことが出来ます。クラウドなので、インターネット接続環境が必須。スマートフォン単...

電話に関しては『非通知拒否』を設定しているので、スクリーニング機能が役立つのは恐らく年に数回程度。リアルタイム翻訳はYouTube動画などでも活用出来ますが、話すスピードがはやいと翻訳が追いつかず、メチャクチャな内容が散見される状況。

AI機能を全面的に押し出している端末で無ければ、正直『オマケにしては上々だ』という評価が出来るかもしれません。しかしPixelに関して言えば、ハード面(特にSoc)で『Snapdragon』『Dimensity』搭載端末に劣っているので、どうしてもAIに対する評価が厳しくなります。

あわせて読みたい
【衝撃】Pixel 8(Tensor G3)のベンチマークを連続実測したら、2~3回目はPixel 7 Proを下回る Googleが2023年10月12日(木)より発売を開始した『Pixel 8』『Pixel 8 Pro』は、第3世代の自社開発Socとなる『Tensor G3』を搭載しています。 Tensorは第2世代(Tensor...

Qualcommのハイエンド用最新Soc『Snapdragon 8 Gen 3』は、プロモーション動画で『Gen AI』をキャッチコピーにするほどの入れ込み用。最大100億パラメータサイズの生成AIモデルをデバイス上でサポートする世界初のエンジンを採用しています。

Snapdragon 8 Gen 3

Qualcommより

Qualcommが公開している動画の内容を参考にすると、『Expand your photo(写真を拡大してください)』という指示に対してAIが生成した画像のクオリティが凄い。

記事が見つかりませんでした。

生成AI1

Qualcommより

生成AI2

Qualcommより

現状のクラウドAIでも生成不可能なのではないかという驚きの完成度。実際にSnapdragon 8 Gen 3搭載端末でこのレベルの生成が行えるなら、もはやPixelを『AIスマホ』と呼べなくなりますね。

お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker

上記以外にも興味深い機能が。『Video Object Eraser』は動画版の消しゴムマジック。選択した『』『』が動画内から消えて背景が自動生成。

動画消しゴムマジック1

Qualcommより

動画消しゴムマジック2

Qualcommより

動画消しゴムマジック3

Qualcommより

さらに『動画撮影用夜景モード』にも対応する模様。各スマートフォンメーカーがどこまでSnapdragon 8 Gen 3のポテンシャルを限界まで引き出せるか、今後続々と登場するハイエンドモデルに注目ですね!

夜景動画撮影

Qualcommより

あわせて読みたい
【実際に使ってる】月額990円で満足度が高いハイコスパSIM3選。固定費を削減したいなら通信業者を乗り換... 10年前に『月額千円以内でまともに使えるSIM』など存在しませんでした。その頃に通信料金の節約に挑戦した人は、『安いSIM=通信品質が最悪で使えない』というイメージ...
あわせて読みたい
ahamoとLINEMOの特長を知ろう。『NTTドコモ』『SoftBank』という回線の違いだけで選んだらきっと後悔 SoftBankのオンライン専用ブランド『LINEMO』と、NTTドコモの格安プラン『ahamo』。どちらもメイン手続きは『オンライン(ahamoはドコモショップで有償サポート可)』。...

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!