0円終了の楽天モバイルで『国内かけ放題』を続けるか?9社と比較して検討。5分はpovo2.0、10分はmineoが安い

楽天モバイルでかけ放題を続けるべきか他9社と比較

楽天モバイルは2022年7月1日から新プランをスタート。新プランでは基本料金『0円』が廃止となり、データ通信0GB~3GBまでが一律で『1,078円(税込)』に。既存ユーザーは7月1日をもって従来プランから新プランに自動移行。移行後に通信が1GB未満の場合、『7月』『8月』は1,078円の割引。『9月』『10月』は1,078円相当のポイント還元が行われます。

データ量 0GB~1GB 1GB~3GB 3GB~20GB 無制限
従来プラン 0円 1,078円 2,178円 3,278円
新プラン 1.078円 1,078円 2,178円 3,278円

これまでは月のデータ通信を1GB以内に抑えていれば、基本料金『0円』で『国内通話かけ放題(Rakuten Link使用)』だった楽天モバイル。0円運用をしていた人は、通話コストが0円から1,078円に上がる事に。これはかなりの衝撃です。

驚き

広告配信などでコストの埋め合わせをしていれば別として、それすらなく『0円』で『かけ放題』が利用出来ていたのはある意味奇跡。個人的には合計で『万単位』の節約になりました。ありがとう楽天モバイル

Rakuten Link通話時間

これまでは『0円』という比較にすらならない安さで『かけ放題』サービスを提供してきた同社ですが、『1,078円』に最低コストが上がった以上、他社とも比較して一度精査する必要があります。『かけ放題』を提供している10社の比較が下記の通り。

楽天モバイル>> ahamo>> LINEMO>>  Ymobile>> povo2.0>> UQモバイル>> OCNモバイルONE>> mineo>> IIJmio>> NUROモバイル>>
データ量 3GB 20GB 3GB 3GB 0GB(最大128kbpsで通信可能) 3GB 500MB 無制限(最大1.5Mbps) 2GB 3GB
音声対応SIM最低基本料金 1,078円 2,970円 990円 2,178円 0円 1,628円 550円 990円 850円 792円
通話5分かけ放題 0円 0円 550円 550円 500円 490円
通話10分かけ放題 0円 770円 770円 935円 550円 700円 880円
通話無制限かけ放題 0円 1,100円 1,650円 1,870円 1,650円 1,870円 1,430円 1,210円 1,400円
通常通話料金 0円 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒 11円/30秒 22円/30秒(通話アプリ使用:10円/30秒) 11円/30秒(タイプD) 11円/30秒

まず、『音声対応SIM基本料金(各社の最安)』と『通話無制限かけ放題』の合計金額が一番安いのは1,078円(1,078円+0円)楽天モバイル。0円から値上げされたとは言え、やはり安さではダントツです。

povo2.0とRakuten Linkで作る0円のかけ放題スマホ

2番目に安いのは1,650円『0円+1,650円』povo2.0。トッピングをしないと通信速度が最大『128kbps』に制限されますが、基本料金が『0円』なので最低限の料金無制限かけ放題の維持が可能。

  • 音声対応SIM基本料金:0円(税込)
  • 契約月の基本料金:無料
  • 通話料金:22円/30秒
  • データ容量:0GB
  • 翌月くりこし:非対応
  • 5G:対応
  • 低速切り替え:非対応
  • 通信回線:au
  • 公式サイト:https://povo.jp/
あわせて読みたい
楽天モバイル『0円終了』でRakuten HandのSIMどうする?基本料金『0円運用』継続ならpovo2.0で決まり 楽天モバイルは7月1日から新料金プラン『Rakuten UN-LIMIT VII』をスタート。すでに従来プランを契約中のユーザーは7月1日時点で自動的に新プランへと移行。移行後に通...

次に『音声対応SIM基本料金(各社の最安)』と『10分かけ放題』の組み合わせ。長電話をしないという人であればこれで十分。1番安いのはやはり1,078円(1,078円+0円)楽天モバイル

  • 音声対応SIM基本料金:1,078円(税込)
  • 契約月の基本料金:日割り
  • 通話料金:0円(Rakuten Link使用時)
  • データ容量:3GB
  • 翌月くりこし:非対応
  • 5G:対応
  • 低速切り替え:非対応
  • 通信回線:楽天、au(サポート回線)
  • 公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/
あわせて読みたい
【解約待った】mineoとデュアルSIMで楽天モバイル継続が正解。データ通信3GB+かけ放題で1,078円は十分... 5月13日(金)、楽天モバイルが新料金プラン『Rakuten UN-LIMIT VII』を発表し、料金を下記の通り改定。すでに従来プランを契約中のユーザーは、7月1日をもって新プラン...

2番手は複数候補あり、1つ目がOCNモバイルONE。データ量は『500MB』と少なめになりますが、合計料金は1,485円(550円+935円)と1,500円を下回ります。スマートフォン本体を廉価で取り扱っている同社。契約するならセール期間中がお勧め。

  • 音声対応SIM基本料金:550円(税込)
  • 契約月の基本料金:無料
  • 通話料金:11円/30秒
  • データ容量:500MB
  • 翌月くりこし:対応
  • 5G:対応(無料の5Gオプションに申し込み必要)
  • 低速切り替え:対応
  • 通信回線:NTTドコモ
  • 公式サイト:https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html
あわせて読みたい
OCNモバイルONEのワンコイン(550円税込)コースを契約するとこんな事が出来る!サブSIMとしてはかなり... 格安SIMのOCNモバイルONEは、2021年10月21日に月額500円(550円税込)のワンコインコースを導入。あまりに安いので逆に興味が持てないという人も多いはず。今回はこの激...

10分かけ放題の第2候補はmineo。合計料金1,540円(990円+550円)ながら、同社の『マイそく(スタンダード)』を契約すれば最大『1.5Mbps』の通信速度で月から金の午後0時~13時までの時間帯以外は実質データ通信し放題(3日間で10GB以上通信を行うと速度制限)。低料金でデータ通信し放題サービスがウリの同社はかけ放題も安かった!

  • 音声対応SIM基本料金:990円(税込)
  • 契約月の基本料金:日割り
  • 通話料金:22円/30秒(無料通話アプリmineo電話を使うと10円/30秒)
  • データ容量:無制限(最大1.5Mbps)
  • 翌月くりこし:非対応
  • 5G:非対応
  • 低速切り替え:非対応
  • 通信回線:NTTドコモ、SoftBank、au
  • 公式サイト:https://mineo.jp/
あわせて読みたい
mineoのマイそくなら月990円で約100GB使い放題!キッチンでレシピ動画も余裕!水場に適した防水スマホと... 格安SIMの『mineo』が2022年3月7日(月)から新たに提供を開始した音声対応プラン『マイそく』。月額『990円(税込)』の『スタンダード』では、月~金の午後0時~13時...

短い事務的な電話をかける機会が多い人は『5分かけ放題』。1番安いのは変わらず楽天モバイル1,078円(1,078円+0円)。2番めはpovo2.0で合計利用料金550円(0円+550円)。これはかなりの安さ。月に12分30分程度(22円/30秒)通話をしている人であれば、povo2.0で5分かけ放題を契約した方が高い確率で安いという計算に。他社とのデュアルSIM運用にも最適ですね。

あわせて読みたい
デュアルSIMはこうやって設定する!OCNモバイルONEとLINEMOを1台のスマホで使用する方法を分かりやすく... 2021年に各通信業者は利用料金の大幅な引き下げを行いました。引き下げに伴い千円以内で利用可能な格安プランが多数登場。従来は1つの通信業者を利用するのが一般的でし...

新料金となっても安さで有利な点は変わらない楽天モバイル。ただし楽天回線下では周波数が『1.7Ghz』に制限され、Wi-Fi接続時に『非通知』になるなど単独使いでは弊害も。通話とコストどちらを優先するか鑑みて、今後の通信プランを検討しましょう。

あわせて読みたい
楽天モバイルでWi-Fi接続時の非通知を回避する方法。プラチナバンドが使えないのはやはり酷。当面は他社... 楽天モバイルはデータ通信『1GB』まで基本料金が『0円』。1GB通信が出来るだけでなく、専用アプリ『Rakuten Link』を使用すれば『国内通話し放題』。 ※2022年7月1日開始...
あわせて読みたい
NUROモバイルが速い!LINEMO、mineo、UQモバイル、OCNモバイルONE、IIJmio、6社の通信速度実測 モバイル通信の速度が著しく低下しやすいのは、ユーザーが集中する平日『お昼』の時間帯。速度が著しく低下する理由は、高速通信が可能な『高周波帯域』が混雑するから...
あわせて読みたい
HISモバイルなら楽天モバイルから理にかなった乗り換えが出来るかも。格安SIMなのにかけ放題がVoLTE(HD+... 楽天モバイルでは2022年7月1日から新プランを導入。データ通信0GB~1GBまでの基本料金が『0円』から改定され、0GB~3GBまでが一律で『1,078円(税込)』に。 データ量 0...

この記事に関連するカテゴリー

スマートフォン

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!