Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが6月24日に日本リリースへ!シャオミ国内最強端末がおサイフケータイ対応で登場

6月24日にXiaomi Mi 11 Lite 5Gが登場!

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

Xiaomi Japanは6月14日、公式TwitterにおいてMi 11 Lite 5Gのリリースを正式にアナウンス。リリースイベントは6月24日(木)午後2時にオンラインにて開催されます。

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gはおサイフケータイに対応!

同社が公開した画像にはFeliCaのマークがハッキリと。おサイフケータイへの対応が明らかになりました。現在FeliCaチップを搭載するXiaomiの端末はRedmi Note 9Tのみ。価格は2万円台前半と手頃ですが、キャリア(Softbank)のみの取り扱いである事や、SocがMediaTek製なので買わないという意見がやや見受けられました。

Mi 11 Lite 5GはXiaomi国内最高スペック端末に

Mi 11 LiteはSocにQualcommのSnapdragon 780Gを搭載。日本モデルとしてはSnapdragon 765Gを搭載するMi 10 Lite(au販売)がこれまで最高スペック端末でしたが、Snapdragon 780GはSnapdragon 765Gの上位モデル。つまり最高スペックモデルがMi 11 Liteに入れ替わります。

ゲームも快適に動作する様になったSnapdragon 700シリーズの上位モデル

Snapdragon 700シリーズはゲームをするには後一歩の性能といったイメージでしたが、上位モデルに関してはGPUが最適化されはじめたのか、Snapdragon 765Gでもかなり表示が滑らかに(Asphalt 9の場合)。Snapdragon 780Gではさらに快適にでゲームをプレイ出来る事でしょう。

OPPO Reno5 A OPPO Reno3 A GAME

FeliCaチップを搭載しつつグローバルモデルを下回る驚きの易さ

しかしFeliCaチップを搭載しつつ価格がグローバルモデル(449ドル)を下回るというのはやや驚き。日本市場への取り組みが本気である事が伝わります。一度この価格設定をしてしまうと、今後ニューモデルを出す時に苦しくなりそうですが。

何はともあれ、高性能なおサイフケータイ対応スマホが欲しいと思っていた人にとっては超朗報。後はSIMフリーモデルが発売されるかどうかですね。キャリア独占は止めてくれ!

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gについて

Mi 11 Lite 5Gとはどんなスマートフォンなのでしょうか?

電力効率の高い5nmのSnapdragon 780G採用

Socにはハイミッドレンジ用のSnapdragon 780G(8コア)を搭載。5nmの極小プロセスサイズで設計されており、電力効率が高く省エネ駆動。5G用のSocにはぴったりです。

notebookcheckが公表しているAntutu(Ver.8)のスコアは468,196。これはフラッグシップモデル用に開発さたSnapdragon 855と同等の数値。遂にミッドレンジがここまできたかといった印象。700番台後半の上位モデルに関しては、すでにミッドレンジの域を超えつつありますね。

5Gネットワークに対応しつつ厚みは僅か6.81mm

しっかりとした処理能力を持ちながら厚みを6.81mmに抑え、重さはわずか159g。最近は5G対応で電池の大容量化が進み、200gを超える端末が珍しくはなくなりました。

4,250mAhの実用的な容量の電池を搭載し、かつ5Gに対応しつつ159gというのはとんでもない軽さ。実現出来たのは高効率Soc Snapdragon 780Gのお陰でしょう。

6.81mm

ミッドレンジながら10ビットの色深度に対応

6.55インチの有機ELディスプレイは10ビットの色深度に対応。フラッグシップモデルでも未だ8ビットがベーシックなので、Mi 11 Liteはディスプレイにかなり力を入れているという事になります。処理能力よりディスプレイ性能に重点を置いてスマートフォンを購入した方が良い人は実際沢山いますからね。

10ビット

ブラウジング用途に最適な90Hzのリフレシュレート

リフレッシュレート60/90Hz。フラッグシップは120Hzに対応するモデルが増えていますが、リフレッシュレートを高めると消費電力がその分アップ。ブラウジングが日常的な使い方の場合は90Hzの方が電池持ちが長くなり有効と言えます。

90Hz

タッチ感度に優れる240Hzのタッチサンプリングレート

リフレッシュレートは90Hzとやや抑えめながら、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマホなみ。タッチサンプリングレートは1秒間に画面がタッチに反応する回数を示すので、数値が上がるほど画面の反応は良くなります。

ゲームの為ではなく、操作しやすいディスプレイを目指してタッチサンプリングレートを高めにしているという事でしょう。コントラスト比は5000,000:1HDR10+コンテンツの表示に対応。動画を見るにも撮影した画像をプレビューするにも最適です。

Mi 11 Lite ディスプレイ

6,400万画素のリアカメラ、ナイトモードやタイムラプスをサポートするフロントカメラ

リアカメラは6,400万画素のメイン(F値1.79、6枚レンズ)、800万画素の超広角(F値2.2、水平119度)、500万画素のマクロ(コントラストAF:3~7cm)といったトリプル構成。最近主流となっている一般的なミッドレンジスマートフォンのカメラといった感じ。

Mi 11 Lite カメラ

2,000万画素のフロントカメラにはナイトモード、AIビューティ、タイムラプスなど女性向けの機能が備えられているので、TicTocやInstagram用の自撮り撮影もバッチリです。

Mi 11 Lite 写真

iPhoneからの機種変にお勧め!

iPhoneに飽きたからそろそろAndroidに機種変したい。けれど中々良い端末が見つからない。そんな人にお勧めしたいのが軽量かつ処理能力の高いMi 11 Lite。鮮やかなカラーバリエーションが女性に大人気となりそうですね。

Mi 11 Lite カラーバリエーション

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの主な仕様

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
Soc Snapdragon 780G(5nm)

  • CPU:Cortex-A78×1(2.4GHz)、Cortex-A78×4(2.4GHz)、Cortex-A55×4(1.9GHz)
  • GPU:Adreno 642(490MHz)
容量 6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池 4,250mAh(最大33W急速充電)
重量 159g
画面
  • サイズ:6.55インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、800nits(高輝度モード)
  • コントラスト比:5000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 素材:ゴリラガラス6
カメラ メインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.79
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.97
  • 画素サイズ:0.7µm
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:コントラストAF

フロントカメラ

  • 解像度:2,000万画素
  • F値:2.2
  • 焦点距離:27mm
  • センサーサイズ:1/3.4
  • 画素サイズ:0.8µm
NFC 対応
オーディオ デュアルスピーカー
OS MIUI12(Android 11)

Xiaomiに関連する記事

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...
あわせて読みたい
【7月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!