Xiaomi Mi Note 10のマクロカメラで逆光を撮るとこうなる

カメラレンズのF値。値が小さくなるほどボケやすくなり、光の取得量が多くなります。スマートフォンのフラッグシップモデルに搭載されているメインカメラのレンズはF値の小さい明るめのものが多く、ほぼ全て1台です。

明るいレンズはメリットの方が多いのですが、撮るシーンによっては光が入りすぎて白飛びしてしまうことも。逆光で撮りたい時等がまさにそうです。一眼レフでは減光フィルターといって、あえて光の取得量を減らすフィルターを取り付けて撮影します。スマートフォン用にもフィルターは用意されていますが、専用のぴったりはまるものというのは中々存在しません。

そこで代用できるのが『撮影するレンズを替えること』です。メインレンズは明るめですが、複数のカメラが搭載されている場合、暗めのレンズを使っているカメラが含まれている可能性は高いです。Xiaomi Mi Note 10は5つのカメラを搭載していて、その中で最も暗いレンズを使っているのが『マクロカメラ』です。メインカメラのF値が『1.7』なのに対し、マクロカメラは『2.4』。なんとなくいけそうな気がします。実際に、Mi Note 10のマクロカメラを使って、逆光の撮影に挑戦してみました!

いかがでしょうか!逆光の光をうまく抑えつつ、通常のマクロ撮影とは違った雰囲気で撮る事ができました。超広角カメラもF2.2とやや暗めなレンズを採用しているので、光の強い場所では面白い写真が撮れるかもしれません。Mi Note 10には5つもカメラがついているので、1つのカメラで撮ってイマイチだと思ったら、他のカメラに切り替えて試してみましょう!

Xiaomi Mi Note 10 のリアルタイム最安値情報はコチラ

[st-card id=26675 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

合わせて読みたい関連記事はコチラ

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...
あわせて読みたい
【7月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする