SIM選びに迷ったらとりあえずahamo、LINEMO、povo2.0を試した方が良い理由。大正解はこの中にきっとある

最高のSIMの選び方

通信業者によっては契約時に『契約事務手数料(3,300円程度)』が発生します。しかし通信キャリアNTTドコモが提供している『ahamo』、Softbankの『LINEMO』、KDDIの『povo 2.0』は共通して契約事務手数料が『無料(2回線目からは手数料が発生する場合あり)』。さらに解約手数料も『無料』なので、実際に使っみて『イマイチ』だった場合は簡単に他社に移行する事が可能です。

ahamo(NTTドコモ) LINEMO(Softbank) povo 2.0(KDDI)
3GB なし 990円(税込) 低速:最大300kbps 990円(税込) 低速:最大128kbps(使用期限30日)
20GB 2,970円(税込) 低速:最大1Mbps 2,728円(税込) 低速:最大1Mbps 2,700円(税込) 低速:128kps(使用期限30日)
国内5分以内かけ放題 無料 550円(税込)※契約から1年間無料 550円(税込)
国内無制限かけ放題 1,100円(税込) 1,650円(税込) 1,650円(税込)
通話料金 30秒あたり22円(税込) 30秒あたり22円(税込) 30秒あたり22円(税込)
eSIM 対応 対応 対応
契約事務手数料 無料 無料 無料
解約事務手数料 無料 無料 無料

ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』は通信キャリアが直接回線を提供している格安プラン。つまり『docomo』『Softbank』『au』の回線をレンタルしてユーザーに提供している『MVNO』ではなく、高品質な『MNO』にカテゴライズされます。

MVNOとは

MVNOは『docomo』『Softbank』『au』から回線をレンタルしているので基地局の設置や管理が不要。また、基本は実店舗を持たずオンラインを窓口とすることでランニングコストを削減。低料金設定でMNOと差別化を図っています。

千円台 通信料金

ただし利用者がかぶりやすい朝の通勤通学時、お昼休み、帰宅時になると、レンタルしている回線とユーザー数のバランスがとれなくなり『速度の低下』を引き起こしやすいのが最大のデメリット。WEBページの読み込みが遅くなったり、動画の解像度が極端に落ちるのは誰でもストレスですよね。

ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』は、MNOながらMVNOの様に受付窓口やサポートをオンラインに切り替え(一部有償サポートあり)。販売及び運営コストを大幅に削減する事に成功し、MVNO並みの低料金を実現しました。

ミニプラン

LINEMOより

docomo』『Softbank』『au』と同じ周波数帯を利用出来るので電波が途切れる心配はなく、かつ直接回線を提供する側なので混雑時も通信速度が安定。通信キャリアの標準プランから乗り換えれば通信料金を大きく節約。MVNOからであれば通信品質が改善。『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』は様々な不満を解消してくれるコスパ最強のモバイル通信サービスなのです。

個人的にお勧めしたいのは、月に定められた『20GB』の通信量を超えても最大『1Mbps』で通信出来る『ahamo』と『LINEMO』のスマホプラン。最大1Mbpsであれば動画を観たり音楽が聴けるので、例えデータ通信をし過ぎたとしても月を通して『いつも通り』スマートフォンが使えます。

あわせて読みたい
格安プランのahamoやLINEMOなら『20GB』使い終わった後でもYouTubeを観たり音楽を聴き続けられる理由。 通信キャリアが提供している格安プラン『ahamo』と『LINEMO』。通信容量は月に『20GB』と定められています(LINEMOはスマホプランの場合)。そこそこ大容量にも感じます...

実際に使ってみて、もし『20GBも使わない』と分かったら『LINEMO』のミニプランか『povo 2.0』の出番。LINEMOのミニプランは通信容量3GBと少なめですが、月額990円と激安。povo 2.0は月額基本料金『0円』で必要な時だけデータを『トッピング』。低速時の速度はLINEMOミニプランが最大300kbpspovo 2.0が最大128kbpsと実用的ではありませんが、通信料金を抑えつつ要所でMNOの高速通信を使いたいという人にとってはこれらがベストな選択肢と言えるでしょう。

povo2.0の速度

povo2.0を使用して午後0時1分に通信速度を計測

ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』ともにeSIMをサポートしているので、PixelシリーズやiPhoneの様に物理的なSIMカードスロットが1つしか無い端末でも『Dual SIM運用』出来るのもポイント。色々な意味で自由度が高い通信キャリアの格安プラン。SIM選びに迷っているならとりあえずお試しあれ。3つの内必ず一つは『大正解』があるはずですよ!

投稿が見つかりません。
あわせて読みたい
Pixel 6シリーズにはahamo、LINEMO、povo2.0が最適な理由。eSIM対応と高速通信が肝となる! Googleの最新スマートフォン『Pixel 6』『Pixel 6 Pro』には、同社初の独自Soc『Tensor』が搭載されています。バランスとAI性能を重視したソコソコ高性能なSocになるだ...
あわせて読みたい
格安なMVNOのサブ回線にはMNOの『LINEMO』や『povo2.0』が最適な理由。メイン回線のトラブル時に大活躍! 2021年からNTTドコモが『ahamo』、Softbankが『LINEMO』、auが『povo』という格安プランを各通信キャリアがスタートさせました。基本的にはオンライン限定(一部有償サ...
投稿が見つかりません。 投稿が見つかりません。

この記事に関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...
あわせて読みたい
【7月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!