格安なMVNOのサブ回線にはMNOの『LINEMO』や『povo2.0』が最適な理由。メイン回線のトラブル時に大活躍!

サブ回線に最適なMNO

2021年からNTTドコモが『ahamo』、Softbankが『LINEMO』、auが『povo』という格安プランを各通信キャリアがスタートさせました。基本的にはオンライン限定(一部有償サポートあり)のサービスとなり、コストをカットした分通信料金を安く設定。格安でMVNO(回線をレンタル)ではないMNO(自社回線)環境を利用出来るようになりました。

ahamo(NTTドコモ) LINEMO(Softbank) povo2.0(au)
最低基本利用料金 2,970円(税込) 低速:最大1Mbps 990円(税込) 低速:最大300kbps 0円(税込) 最大128kbps(使用期限30日)
20GB 2,970円(税込) 低速:最大1Mbps 2,728円(税込) 低速:最大1Mbps 2,700円(税込) 低速:128kps(使用期限30日)
国内5分以内かけ放題 無料 550円(税込)※契約から1年間無料 550円(税込)
国内無制限かけ放題 1,100円(税込) 1,650円(税込) 1,650円(税込)
通話料金 30秒あたり22円(税込) 30秒あたり22円(税込) 30秒あたり22円(税込)
eSIM 対応 対応 対応

ahamo2,970円のワンプランですが、LINEMO990円~の新プランを開設。povoは『povo 2.0』にアップデートされ基本料金が『0円』に。MNOの敷居が更に低くなりました。一部のMVNOより安いのだから驚きです。

ミニプラン

LINEMOより

povo2.0

KDDIより

MNOMVNO一番大きな違い回線提供方法MNOは通信キャリアが直接回線を提供しているのに対し、MVNOは通信キャリアから回線をレンタル

利用しているユーザーが少ない時間帯であればMVNOでも十分な通信速度を得られますが、お昼休みなどの混雑時には速度が著しく低下。低価格が故の仕方ない部分と言えるでしょう。

メイン回線がMNO、サブ回線はMVNOという使い方をしていると、この『いざという時』サブ回線が役に立たない可能性があります。サブ回線はメイン回線で『データ容量を使い切ってしまった』『圏外で通信が出来ない』といった時必要に。

千円台 通信料金

ahamoLINEMOの通常プランであれば、20GBの通信容量を使い切ってしまっても最大『1Mbps』の速度で通信する事が可能。MVNOの場合、混雑時にはこの最大『1Mbps』を下回る可能性が生じます。それだとサブ回線に切り替える意味が無いですよね。

圏外で通信出来ない』原因が、単純に『電波が入らない』状況なのであれば問題はありません。しかし『通信障害』なのであれば話は別です。例えばSoftbankで障害が起きた場合、サブ回線に切り替える人が一気に増えるので、MVNOだと回線がパンクしてまともに通信出来なくなる可能性が高まります。

混雑時に真価を発揮するのがMNOです。povo 2.0は基本料金が『0円』。必要に応じてデータをトッピングする方式をとっています。トッピングしない状態でも最大『128kbps』の通信速度で利用可能。読み込みに少し時間がかかりますが、その状態でも『QRコード決済』や『LINE』は使えました。

あわせて読みたい
povo2.0は最高の救世主だった!メイン回線が繋がらない時でも『決済機能』や『LINE』が使える。維持費は... KDDIが9月13日にアップデートを行った『povo2.0』。申し込み手数料や月額利用料金『0円』で『電話番号』を使った通話と低速(最大128kbps)ながら『データ通信し放題』...

データをトッピングすればお昼の混雑時でも『50Mbps』程度の高速通信を維持。MVNOとの明確な差はこの『混雑時の安定した速度』にあります。

通信速度

povo2.0を使用して午後0時1分に通信速度を計測

通信速度

povo2.0を使用して午後0時18分に通信速度を計測

仮にユーザーが一時的に倍増したとしても、MVNOほどの影響を受けないのは明らか。つまり『いざという時』のサブ回線にはMNOこそが適しているのです。

povo 2.0であれば月々のランニングコスト『0円』(180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となる場合あり。データ追加390円(1GB)~)。LINEMOは月に3GB高速通信が出来て『990円』。MVNOの保険に如何でしょう。

あわせて読みたい
ドコモが圏外になったらauで繋げば良いじゃない。『メインSIM』から『サブSIM』にデータ通信を切り替え... 通信業者に障害というのはつきものです。しかし通信は人々の生活を支えるインフラなので、実際に障害が発生すると日本中が大混乱。つい先日NTTドコモで発生した通信障害...
あわせて読みたい
mineoのパケット放題 Plusは円安物価高時代の救いとなる!最大1.5Mbpsの安定感は想定以上。通信費を減ら... 待ちに待ったSIMにようやくお目にかかれました。株式会社オプテージの格安SIM『mineo』です。審査完了の通知からそれなりに日数が経っても届かないのでおかしいと思い、...
あわせて読みたい
【裏技】OCNモバイルONEで『1円スマホ』を買って月額550円で運用する方法。ミュージックカウントフリー... 本日(10月21日)から、格安SIMのOCNモバイルONEが月額550円(税込)で利用可能な音声対応SIM用の新プラン『500MB/550円(税込)』の提供を開始しました。 通信容量は50...

この記事に関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!