【試した】moto g24は『空間オーディオスマホ』だった!内蔵スピーカーやイヤフォンに効果をプラス。音質検証

moto g24(空間オーディオ)

直販価格約2万円(20,800円)の超廉価なMotorolaのエントリーモデル『moto g24』。3Dプリンター用の樹脂素材を使用し、デザイン(造形美)に関してはお値段以上の仕上がりだと感じました。

あわせて読みたい
【買った】moto g24は『3D PMMA』採用でカメラ部がシームレスに隆起!デザインとフィット感良好。指紋目... 『8GB』の大容量メモリを採用するMotorola(モトローラ)のエントリースマートフォン『moto g24』。直販価格はなんと『20,800円(税込)』。あまりに安いので衝動買いし...

しかしSoc(MediaTek社のHelio G85)性能はお値段なりで控えめ。メモリが『8GB』に増量されたとは言え、5Gにも非対応なので『真のヘビーユーザー』が『メイン機』として選択すべき端末ではありません。

あわせて読みたい
【実機使用】moto g24のAnTuTuベンチマークや実際の操作感(動画あり)を検証。 直販価格が約2万円(20,800円)の激安スマートフォン『Motorola moto g24』。この価格帯のスマートフォンには出来る限り『期待値』を下げるべき。 しかしmoto g24には3D...

実際に操作しながら旧モデル(moto g13)との違いを探していたところ、驚きのストロングポイントを発見。エントリーモデルでDOLBY ATMOSをサポートしているのは十分な強みですが、moto g24場合は『空間オーディオ』の選択が可能。

2024年3月26日時点においては、moto g13に加えて『moto g53j 5G』『moto g52j 5G』『Motorola edge 30 Pro』『Motorola edge 40』といった上位モデルも『空間オーディオ』の項目なし。

空間オーディオの設定は、『設定』➡『音とバイブレーション』➡『DOLBY ATMOS』➡『設定』から。

設定

内蔵スピーカー』に加えて『Bluetoothイヤフォン/ヘッドフォン』『有線イヤフォン/ヘッドフォン』と幅広く対応します。

空間オーディオ

しかしあくまで『約2万円のスマートフォン』に追加された機能。設定したところで『違いが分からない』程度の変化かもしれませんよね。そういった心配は杞憂でした。

設定を通常の『音楽』から『空間オーディオ』に切り替えると、音の波形がはっきりと変わります(ただし映画、ゲームとは聴こえ方がかなり似ている気がする。ヘッドトラッキングには勿論非対応)。

DOLBY ATMOS(音楽)設定時の音波形

DOLBY ATMOS(空間オーディオ)設定時の音波形

DOLBY ATMOSをサポートする上位モデル『moto g52j 5G』とmoto g24をBluetoothイヤフォンに接続して聴き比べをしたところ、同じ『スマートオーディオ』『映画』といった既存の設定でも明確に聴こえ方が異なりました。moto g24の方が音の鳴り方的には上位(出力も大きい)。

ちなみにmoto g24の空間オーディオ効果は、『安いイヤフォン』でもしっかりと恩恵を受けられます。1,990円(税込)で購入したRedmi Buds 3 Activeの臨場感をワンランク上に引き上げ。

私が所有しているイヤフォンの中で『もっとも相性が良い』と感じたのは『OPPO Enco Air3i』。このイヤフォンは直販価格『4,980円(税込)』と廉価ながら、『OPPO Alive Audio』という空間オーディオレンダリング技術を採用。

あわせて読みたい
OPPO Enco Air3iを使って感じたメリット『8つ』デメリット『3つ』。Alive Audioありきのイヤホン オウガ・ジャパンは2024年2月15日から、日本市場においてインイヤー型完全ワイヤレスイヤホン『OPPO Enco Air3i』の発売を開始。直販価格は『4,980円(税込)』。 最近...

moto g24の『空間オーディオ』をONにした上でOPPO Enco Air3iの『OPPO Alive Audio』もONにすると、『W空間オーディオ』状態となり臨場感がバグ的に増幅。これはぜひ実際に試していただきたい。

moto g24とOPPO Enco Air3i

内蔵スピーカーも『音楽』と『空間オーディオ』では聴こえ方が劇変。『聴き比べ動画』がコチラ。

    音楽』設定でもソコソコ良い音で鳴らしてくれるのですが、『空間オーディオ』と比べて単調。切り替えた瞬間『キレ』『響き』『抑揚』などが加わり、臨場感があふれます。スマートフォンのスピーカーにしては高出力なのも特徴です。

    moto g24

    他メーカーの場合はMotorolaと逆で、例えばXiaomi(シャオミ)なら『Xiaomi 13T』『Xiaomi 13T Pro』といった上位モデルで『イマーシブサウンド』という空間オーディオ効果を設定可能です。

    空間オーディオ』をエントリーモデルに『付加価値』として追加したのは面白い試み。ハイエンドの場合は他にも強みがありすぎて目立ちません。しかし『約2万円のスマホ』であれば、尖った『プレミアム機能』の一つに。moto g24、サブ機としては名機になりそうな予感!

    あわせて読みたい
    【実機テスト】moto g24の電池もちをチェック!動画視聴、SNS(X)、ナビ&音楽鑑賞 直販価格約2万円の廉価モデルながら、音響効果(DOLBY ATMOS)から『空間オーディオ』を選択可能なMotorolaのスマートフォン『moto g24』。内蔵スピーカーや接続したイ...

    Motorola moto g24のスペック

    Motorola moto g24
    Soc MediaTek Helio G85
    容量 8GB/128GB
    電池 5,000mAh
    重量 約181g
    画面
    • サイズ:6.6インチ
    • 種類: 液晶
    • 画面比率:20:9
    • 解像度:1,612×720ピクセル
    • リフレッシュレート:90Hz
    カメラ リアカメラ

    • メインカメラ
      解像度:5,000万画素
      F値:1.8
      オートフォーカス:PDAF
    • マクロカメラ
      解像度:200万画素
      F値:2.4

    フロントカメラ

    • メインカメラ
      解像度:800万画素
      F値:2.0
    イヤフォンマイクジャック 対応
    Bluetooth 5.0
    位置情報 GPS, A-GPS, GLONASS, Galileo
    Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz / 5GHz)
    SIM NanoSIM カード×2(DSDV)
    防塵防水 IP52
    指紋認証 側面
    スピーカー ステレオ(DOLBY ATMOS対応)
    NFC 対応
    Micro SDカード 対応(最大1TBまで)

    Motorola moto g24にお勧めな格安SIM

    • 4G:LTE LTE B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40/B41
    • 3G:W-CDMA B1/B2/B5/B8
    • 2G:GSM 850MHz/900MHz/1,800MHz/1,900MHz

    docomoの周波数帯対応状況

    • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(×)

    docomo回線が使えるお勧め格安SIM

    Softbankの周波数帯対応状況

    • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(×)

    Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

    auの周波数帯対応状況

    • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(×)

    au回線が使えるお勧め格安SIM

    楽天モバイルの周波数帯対応状況

    • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

    楽天回線が使えるお勧め格安SIM

    関連リンク

    あわせて読みたい
    【IIJmioの4月特典】スマホ110円~!フリップ式が大幅値下げ。月額料金最大6ヶ月間440円割引&家族割継続 格安モバイル通信サービス『IIJmio』を提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年4月1日(月)に『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』...
    あわせて読みたい
    mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
    • URLをコピーしました!