【実機使用】moto g24のAnTuTuベンチマークや実際の操作感(動画あり)を検証。

moto g24検証

直販価格が約2万円(20,800円)の激安スマートフォン『Motorola moto g24』。この価格帯のスマートフォンには出来る限り『期待値』を下げるべき。

しかしmoto g24には3Dプリンター用の『3D PMMA』という素材が使われており、カメラ部分がシームレスに隆起するFind X3 Proの様なデザインを採用。予想外に安っぽいではなく『美しい』とさえ感じさせる見た目。

あわせて読みたい
【買った】moto g24は『3D PMMA』採用でカメラ部がシームレスに隆起!デザインとフィット感良好。指紋目... 『8GB』の大容量メモリを採用するMotorola(モトローラ)のエントリースマートフォン『moto g24』。直販価格はなんと『20,800円(税込)』。あまりに安いので衝動買いし...

背面には指紋(汚れ)がつきづらい加工が施されているので、人の手が触れてもその美しい見た目を保てます。第一印象は『オフライン(実店舗)で売れそうな端末』。

処理能力を決めるSocにはMediaTek社の『Helio G85』を採用(moto g13から変わらず)。『5Gに対応していない』というのは予め認識しておきましょう(大部分の人にとって当面問題は生じないはず。サブ機として5G対応スマホにテザリングで接続するのもアリ)。

今回はまず、スマートフォンのパフォーマンスをトータルでスコア化してくれる『AnTuTu Benchmark』のスコアを3回連続で実測。他モデルの実測結果と比較してみましょう。

Motorola moto g24のAnTuTu Benchmark測定結果

moto g24 5GのAnTuTu Benchmark実測結果

ベンチマーク

ビルド番号UTA34.82-51でAnTuTu Benchmark(Ver.10)を再実測

moto g24 AnTuTu Benchmark(Ver10)実測結果

1回目 2回目 3回目
CPU 84,932(85,512) 85,359(84,614) 85,605(84,238)
GPU 41,958(41,678) 41542(41,659) 41,459(41,421)
MEM 68,304(67,010) 67,613(64,626) 66,259(66,329)
UX 75,562(72,366) 77,430(79,006) 77,343(78,822)
TOTAL 270,756(266,566) 271,944(269,905) 270,670(270,810)
最大温度 22度(30度) 25度(31度) 26度(32度)
電池残量 -4%(-3%) -4%(-4%) -4%(-3%)

他モデルのAnTuTu Benchmark測定結果

他モデルAnTuTu Benchmark(Ver10)1回目実測結果

端末名 OPPO A79 5G OPPO Reno7 A OPPO Reno9 A Motorola moto g53j 5G Motorola moto g52j 5G Motorola moto g13 Xiaomi Redmi 12 5G
CPU 135,890 153,818 148,318 139,910 148,593 89,606 140,416
GPU 58,984 83,635 84,931 70,096 102,017 40,365 49,244
MEM 91,244 92,188 99,158 94,592 98,899 67,089 105,002
UX 97,297 106,902 117,187 98,006 115,115 74,349 110,125
TOTAL 383,415 436,543 449,594 402,604 464,624 271,409 404,787
最大温度 25度 25度 25.6度 24度 23度 24.1度 26度
電池残量 -3% -3% -3% -2% -2% -4% -2%

他モデルAnTuTu Benchmark(Ver10)2回目実測結果

端末名 OPPO A79 5G OPPO Reno7 A OPPO Reno9 A Motorola moto g53j 5G Motorola moto g52j 5G Motorola moto g13 Xiaomi Redmi 12 5G
CPU 134,404 152,739 155,362 137,366 145,185 88,337 132,853
GPU 60,754 83,342 84,454 0(error) 101,539 40,102 48,909
MEM 92,465 91,140 99,303 92,589 95,870 65,266 107,302
UX 98,889 107,587 118,001 95,773 116,229 75,370 109,889
TOTAL 386,512 434,808 455,362 325,728 458,823 269,075 398,953
最大温度 26.1度 26.6度 26.7度 25度 24度 26.1度 28度
電池残量 -3% -2% -2% -2% -2% -4% -2%

他モデルAnTuTu Benchmark(Ver10)3回目実測結果

端末名 OPPO A79 5G OPPO Reno7 A OPPO Reno9 A Motorola moto g53j 5G Motorola moto g52j 5G Motorola moto g13 Xiaomi Redmi 12 5G
CPU 134,030 153,728 154,924 138,139 148,890 88,046 139,732
GPU 60,825 83,217 84,136 69,498 100,769 39,323 49,106
MEM 91,910 93,210 95,641 90,503 99,953 65,923 103,878
UX 97,449 109,429 118,065 99,605 112,552 75,314 109,154
TOTAL 384,214 439,584 452,766 397,745 462,164 268,606 401,870
最大温度 26.5度 27.3度 27.6度 27度 25度 26.4度 30度
電池残量 -2% -2% -3% -3% -2% -3% -3%

moto g24のAnTuTu Benchmarkスコアに対する評価

※UXスコアが現時点で異常と表示されています。moto g13(Helio G85)に近い数値なので大きな乖離は無いと予想しますが、念の為後日再検証予定。異常表示が消えるまではスコアより『操作感』を参考になさってください。

【2024年4月17日更新】moto g24(ビルド番号UTA34.82-51)でAnTuTu Benchmarkを再実測したところ、UXスコアの異常が非表示に。数値に大きな変化はありませんでした(外気温の影響を受けて温度はやや上昇)。

AnTuTu Benchmarkのスコアは旧モデルとなる『moto g13』とほぼ同じ。moto g24では内蔵メモリ容量が『2倍(8GB)』に増えていますが、その部分は数値に大きな影響なし。moto g53j 5G(8GB)moto g53y 5G(4GB)で実測した時も同じ様な結果でした。

エントリーモデルで重視すべきは『CPU(データの演算処理を行う力)』と『UX(アプリの動作速度)』。どちらもmoto g53j 5G(Snapdragon 480+ 5G)やmoto g52j 5Gシリーズ(Snapdragon 695 5G)に劣ります。価格と見た目ではなく『処理能力』を求める場合は、当然ながら上位モデルの方がお勧めです。

moto g24の操作感(Chrome、Instagram、Kindle、YouTube、文字入力)

moto g24が『どの程度の動作をするのか』というのは、当然数字からは『何となく』しか判断する事が出来ません。実際に『Chrome』『Instagram』『Kindle』『X(Twitter)』『文字打ち』で検証しました(YouTube動画あり)。

検証1

moto g24でChromeを操作(選択でYouTube再生)

まずはGoogleのブラウザ『Chrome』から。ページ、画像の読み込み共に意外と軽快。高解像度の画像を使用していていたり、ページの作り方によってもう少し読み込みから表示までに時間がか場合もあります。

検証2

moto g24でInstagramを操作(選択でYouTube再生)

続けて『Instagram』。投稿画像のサムネイル一覧をスクロールするとそれなりの頻度で読み込み時間が発生。ちなみにハイエンドでもスムーズにスクロールはされず、読み込み時は止まります(スピードはmoto g24より若干速い)。

検証3

moto g24でKindleを操作(選択でYouTube再生)

Kindleは文字データがメインであれば、ページの読み込みにかかる時間は一瞬。AmazonのKindle Paperwhiteなどは、moto g24より遥かに低スペックですからね。電子書籍を読むには十分な性能ということです。

moto g24のディスプレイが『HD+』と控えめなので『文字が滲まないか』は気になるところかと。しかしスマートフォンのディスプレイサイズでは、フルHD+との違いがほぼ分かりません(私の場合)。

あわせて読みたい
【試した】moto g24は『空間オーディオスマホ』だった!内蔵スピーカーやイヤフォンに効果をプラス。音... 直販価格約2万円(20,800円)の超廉価なMotorolaのエントリーモデル『moto g24』。3Dプリンター用の樹脂素材を使用し、デザイン(造形美)に関してはお値段以上の仕上が...
検証4

moto g24でYouTubeを操作(選択でYouTube再生)

YouTubeはショート動画をスムーズに再生。ただし再生位置の移動などは、高性能モデルの方が体感的に速いです(検証時の動画はHD解像度。データサイズの小さい480p程度であればほぼ変わらない)。

検証5

moto g24でX(Twitter)を操作(選択でYouTube再生)

Xは可もなく不可もなくといった動き。moto g24は最大リフレッシュレートが『90Hz(1秒間に画面を90回書き換え)』なので、120Hzに慣れてしまっている人は少し滑らかさに欠けると感じるかも。

検証6

moto g24で文字入力(選択でYouTube再生)

エントリーモデルで重視すべきもう一つのスペックが『タッチサンプリングレート(1秒間に画面がタッチに反応する回数)』。Socの性能がそれなりでも、タッチ感度が低いと使い物になりません。

moto g24のタッチサンプリングレートを実測したところ『180Hz』程度。これは私の中で実用レベル(低い端末は100~120Hz)。文字打ちも違和感なし。それなりの速度でメモをとれます。

あわせて読みたい
【実機テスト】moto g24の電池もちをチェック!動画視聴、SNS(X)、ナビ&音楽鑑賞 直販価格約2万円の廉価モデルながら、音響効果(DOLBY ATMOS)から『空間オーディオ』を選択可能なMotorolaのスマートフォン『moto g24』。内蔵スピーカーや接続したイ...

Motorola moto g24のスペック

Motorola moto g24
Soc MediaTek Helio G85
容量 8GB/128GB
電池 5,000mAh
重量 約181g
画面
  • サイズ:6.6インチ
  • 種類: 液晶
  • 画面比率:20:9
  • 解像度:1,612×720ピクセル
  • リフレッシュレート:90Hz
カメラ リアカメラ

  • メインカメラ
    解像度:5,000万画素
    F値:1.8
    オートフォーカス:PDAF
  • マクロカメラ
    解像度:200万画素
    F値:2.4

フロントカメラ

  • メインカメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.0
イヤフォンマイクジャック 対応
Bluetooth 5.0
位置情報 GPS, A-GPS, GLONASS, Galileo
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz / 5GHz)
SIM NanoSIM カード×2(DSDV)
防塵防水 IP52
指紋認証 側面
スピーカー ステレオ(DOLBY ATMOS対応)
NFC 対応
Micro SDカード 対応(最大1TBまで)

Motorola moto g24にお勧めな格安SIM

  • 4G:LTE LTE B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40/B41
  • 3G:W-CDMA B1/B2/B5/B8
  • 2G:GSM 850MHz/900MHz/1,800MHz/1,900MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(×)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(×)

au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

関連リンク

あわせて読みたい
【IIJmioの4月特典】スマホ110円~!フリップ式が大幅値下げ。月額料金最大6ヶ月間440円割引&家族割継続 格安モバイル通信サービス『IIJmio』を提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年4月1日(月)に『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
  • URLをコピーしました!