【同じSoc】OPPO Reno10 Pro 5GとMotorola edge 20どっち買う?メリット&デメリット。

Snapdragon 778G 5Gを搭載するスマートフォン。コスパが高いのはどっち?

OPPOは2023年10月6日(金)から、最新スマートフォン『OPPO Reno10 Pro 5G』の順次発売を開始。カラーは『シルバーグレー』『グロッシーパープル』の2色展開。OPPO公式ストアの直販価格は『86,800円(税込)』。

OPPO Reno10 Pro 5Gは、スマートフォンの性能を決めるSocに『Snapdragon 778G 5G』を搭載しています。これは『Motorola edge 20』と同じもの。

Motorola edge 20が登場したのは2021年10月。『薄型』『軽量』『高性能』を両立したスマートフォンとして、2023年10月現在も継続発売されいます。

格安SIMでMotorola edge 20が2万ちょっと

Motorola edge 20の通常販売価格は『54,800円(税込)』ですが、リリースからそれなりの期間が経過しているので実売価格は下落。2023年10月6日時点では、Amazonの価格が『36,000円(税込)』。格安SIM『IIJmio(ギガプラン音声SIM、音声eSIM)』への乗り換えであれば、『14,800円(税込)』で購入することが可能です。

記事が見つかりませんでした。

今回はOPPO Reno10 Pro 5GとMotorola edge 20のスペックを比較して、両モデルの『メリット』『デメリット』を解説してきたいと思います。

まず、『Snapdragon 778G 5G』はどの程度の性能を持つSocなのか。2年前に発売を開始したMotorola edge 20に搭載されているモデルなので、『最新のスマートフォンに搭載するには古すぎる』と感じるかもしれません。

超ミドルクラスのスマホMotorola edge 20が1万円台前半に下落

しかし2021年は、ミドルクラスのスマートフォンが一気に高性能化した年。CPU性能を当時のハイエンド並みに高めたSnapdragon 778 5Gは、その一役を担いました。

高い処理能力は今も健在。AnTuTu Benchmark(Ver.10)のトータルスコアは60万超え(日本市場に多く出回っているSnapdragon 695 5G搭載モデルは45万~46万程度)。一般的な使い方であれば、ストレスを感じない『サクサクした動作速度』を体感出来ます。

ただしハイエンドモデルと比較するとGPU性能が低い(バージョンもライト)ので、原神の様な負荷の重い3Dゲームを『高グラフィック』『高フレームレート』設定でバリバリ遊ぶには不向きです。

Motorola edge 20の処理能力

Motorola edge 20をAnTuTu Benchmark(Ver.10)で実測(Ver.9よりスコアが高くなっています)

Motorola edge 20、OPPO Reno10 Pro 5Gの主なスペック

モデル名 Motorola edge 20 OPPO Reno10 Pro 5G
Soc Snapdragon 778G 5G Snapdragon 778G 5G
容量
  • 6GB/128GB
  • 8GB/256GB
メモリ規格 LPDDR4X LPDDR4X
ストレージ規格 UFS(バージョン不明) UFS2.2
電池 4,000mAh 4,600mAh
充電 有線:最大30W 有線:最大80W
重量 約163g 約185g
サイズ
  • 高さ:約163mm
  • 幅:約76mm
  • 奥行き:約6.99mm
  • 高さ:約163mm
  • 幅:約75mm
  • 奥行き:約7.9mm
画面
  • サイズ:6.7インチ
  • 種類: OLED
  • 解像度:1080×2400ピクセル
  • リフレッシュレート:最大144Hz
  • タッチサンプリングレート:不明
  • 最大輝度:不明
  • ピーク輝度:不明
  • 色深度:10bit
  • HDR10+
  • DCI-P3
  • ガラス:Corning® Gorilla® Glass 5
  • サイズ:6.7インチ
  • 種類: OLED
  • 解像度:1080×2400ピクセル
  • リフレッシュレート:最大120Hz
  • 最大240Hz
  • 最大輝度(HDR):950nit
  • 色深度:10bit
  • HDR10+
  • DCI-P3(100%)
  • ガラス:AGC DT-Star2
カメラ
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:1億800万画素
    イメージセンサー:不明
    F値:1.9
    画角:不明
    センサーサイズ:1/1.52インチ
    オートフォーカス:対応
    手ブレ補正:不明
  • 超広角カメラ
    解像度:1,600万画素
    イメージセンサー:不明
    F値:2.2
    センサーサイズ:不明
    マクロ撮影:対応
    オートフォーカス:不明
    視野角:119.2度
  • 望遠カメラ
    解像度:800万画素
    倍率:光学3倍
    イメージセンサー:不明
    F値:2.4
    焦点距離:不明(35mm換算)
    オートフォーカス:対応
    手ブレ補正:光学式
フロントカメラ
  • 解像度:3,200万画素
    F値:2.2
    イメージセンサー:不明
    オートフォーカス:不明
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:5,000万画素
    イメージセンサー:IMX890
    F値:1.8
    画角:不明
    センサーサイズ:1/1.56インチ
    オートフォーカス:対応
    手ブレ補正:光学式
  • 超広角カメラ
    解像度:800万画素
    イメージセンサー:IMX355
    F値:2.2
    センサーサイズ:不明
    マクロ撮影:不明
    オートフォーカス:不明
    視野角:112度
  • 望遠カメラ
    解像度:3,200万画素
    倍率:光学2倍
    イメージセンサー:IMX709
    F値:2.0
    センサーサイズ:不明
    オートフォーカス:対応
    手ブレ補正:光学式
フロントカメラ
  • 解像度:3,200万画素
    F値:2.4
    イメージセンサー:IMX709
    オートフォーカス:対応
防水防塵 IP52 IP54
Bluetooth 5.2 5.2
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax 802.11 a/b/g/n/ac/ax
オーディオ シングルスピーカー シングルスピーカー
SIM nano SIM×2スロット nano SIM+eSIM
デスクトップモード 対応(ワイヤレス/PC) 非対応
おサイフケータイ 非対応 対応

OPPO Reno10 Pro 5G、Motorola edge 20を購入するメリット

  • カメラ性能が高い
  • 10bit対応の大型かつ滑らかな有機ELディスプレイ

OPPO Reno10 Pro 5GとMotorola edge 20は、どちらもメインカメラにハイエンドクラスの大型イメージセンサーを搭載しています。イメージセンサーの面積が広がると、扱える光の量が増えてダイナミックレンジが拡大。質感豊かなリアリティのある画質を得られるように。

ピンクの花

【Motorola edge 20のメインカメラで撮影】F値:1.9、シ ャッタースピード:1/120、ISO:278、焦点距離:5.88mm、倍率:等倍

あじさい

【Motorola edge 20のメインカメラで撮影】F値:1.9、シ ャッタースピード:1/120、ISO:125、焦点距離:5.88mm、倍率:等倍

motorola edge 20のカメラで撮影3

【Motorola edge 20のメインカメラで撮影】F値:1.9、シ ャッタースピード:1/753、ISO:100、焦点距離:5.88mm、倍率:等倍

motorola edge 20で撮影2

【Motorola edge 20のメインカメラで撮影】F値:1.9、シ ャッタースピード:1/436、ISO:100、焦点距離:5.88mm、倍率:等倍

物理的に被写体を拡大出来る『光学ズーム』に対応しているのも共通点。ミドルクラスで望遠カメラを備えるスマートフォンは希少。デジタルズームの画質がどんどん向上しているのも事実ですが、あくまで『トリミング』なので光学ズームとはそもそもが異なります。

あわせて読みたい
【実写】Motorola edge 20のカメラ性能が高すぎた。望遠画質と動画撮影時の手ブレ補正までバッチリな神... 2022年は『原料高』『原油高』『人件費の高騰』『円安』など様々な物価高要因が複合的に起こり、メーカーは想定外の値上げを余儀なくされる状況に。 2021年時点ですでに...

ディスプレイは6.7インチの大型有機EL。10bit(10億色以上の表示)に対応することで廉価モデルと差別化。有機ELは液晶と比較し高コストですが、その分発色が美しく残像が発生しづらい(応答速度がはやい)といったメリットを持ちます。

有機ELが動画鑑賞に適している理由 YouTube

10億色対応

Motorola edge 20の6.7インチ有機ELディスプレイ

最大リフレッシュレート(1秒間に画面を書き換え可能な回数)が『144Hz(Motorola edge 20)』『120Hz(OPPO Reno10 Pro 5G)』と高めであることも大きな強み。カメラに加えてディスプレイもハイエンドスペックです。

OPPO Reno10 Pro 5Gを購入するメリット

  • メモリとストレージが大容量(8GB/256GB)
  • おサイフケータイ対応
  • 最大充電速度が速い(80W)
  • 電池が大容量(4,600mAh)
  • ソフトウェア(OS、セキュリティ)のアップデートが長い(2026年2月まで)

OPPO Reno10 Pro 5Gはメモリ『8GB』、ストレージ『256GB』の大容量モデル。よほどのヘビーユーザー以外はMotorola edge 20の『6GB/128GB』で支障がないと思いますが、余裕のある環境でスマートフォンを使えるのは間違いなし。

両モデルは『Micro SDカード』に非対応ですが、USB Type-Cコネクタを備えるフラッシュメモリーを接続ることで、手軽にデータのバックアップを行えます。写真や動画を頻繁に撮る人は一つ持っておいて損はないでしょう。

フラッシュメモリー

SanDiskより

Motorola edge 20の画面は『6.7インチ』と大型なので、『4,000mAh』という数字だけ見ると少し足りない様な気も。しかし実際に使ってみると、極端に電池の減りがはやいといったことはありませんでした。これはSnapdragon 778G 5G(6nm)の電力効率が高いから。

あわせて読みたい
Motorola edge 20を実際に使ってみたら電池もちが予想外に良かった。ゲームしない勢には完成形的スマホ... Motorolaの薄型軽量スマートフォン『Motorola edge 20』。私は購入前、正直このスマートフォンにあまり期待をしていませんでした。その理由が『電池容量』。 Motorola e...

Motorola edge 20の時点ですでに十分な電池もち。4,600mAhのOPPO Reno10 Pro 5Gではさらにゆとりが生まれるはず。しかも最大『80W』の急速充電技術(80W SUPERVOOC™フラッシュチャージ)に対応。電池切れに対するストレスは皆無です。

充電について

OPPOより

Motorola edge 20を購入するメリット

  • 薄くて軽い(185g→163g)
  • 実売価格が安い
  • デスクトップモードReady forを使える

Motorola edge 20を購入する2大メリットは『安さ』と『軽さ』です。この2つをスマートフォンの『選ぶ基準』にしている人も多いはず。画面サイズ『6.7インチ』で『163g』というのは異次元。手に持った瞬間伝わるレベルの軽さです。

Motorolaのカメラは望遠画質と動画撮影時の手ブレ補正性能もずば抜けてる!

トータル性能を鑑みれば、『3万円台』という実売価格がまずあり得ません。安すぎます。OPPO Reno10 Pro 5Gが『8万円台』で発売されたので、Motorola edge 20の安さが際立つカタチに。

Motorolaの上位モデルだからこそ使えるデスクトップ機能『Ready For』も見逃すべきではありません。同機能を使用して外部ディスプレイやパソコンに接続すると、専用UIに切り替わってパソコンライクな使い方が可能に(マルチウインドウ対応)。

デスクトップモード

マルチウィンドウ

Ready For Tablet』は、AndroidタブレットにMotorola edge 20の画面を表示させて直接操作を可能にする機能。タブレットの操作中にMotorola edge 20に必要な通知があっても、見逃す事が無くなります。

あわせて読みたい
【凄技】MotorolaのReady Forが神すぎ。タブレット(メーカー問わず)からスマホの操作(ファイル共有)... Samsung、Huawei、Xiaomiといったメーカーは、一部のフラッグシップに、デバイスにパソコンやタブレットとスマートフォンの画面同期機能(Dexやマルチスクリーンコラボ...

先述している通り、Motorola edge 20は『2021年』に発売を開始したスマートフォン。つまりいつ在庫切れ(終売)になっても不思議ではありません。物価が上がり続けている日本市場に残っている数少ない掘り出し物です。

OPPO Reno10 Pro 5Gを購入するデメリット

  • 販売価格が高すぎる
  • 立体ディスプレイ採用

OPPO Reno10 Pro 5Gの直販価格は『86,800円(税込)』。一般的なエントリークラスのスマートフォンと比較して性能は高めですが、8万円台の値付けは流石にやりすぎ。せめて6万円台で発売出来なかったのか。一部通信キャリアでも取り扱いが行われているので、その辺りとの兼ね合いによるものか。

ディスプレイは左右がラウンドした立体型。立体型のディスプレイは見た目に高級感があってプロダクト的には美しいのですが(Pixel 7 Pro所有)、画面いっぱいに動画や静止画を表示させると、ラウンド部分にはみ出すことがしばしば。人によっては気になるかもしれません。

立体ディスプレイ

OPPOより

Motorola edge 20を購入するデメリット

  • ソフトウェア(OS、セキュリティ)のアップデートが早めに停止される
  • おサイフケータイを使えない

すでに発売開始から2年程度経過しているMotorola edge 20。当然のことながら、OPPO Reno10 Pro 5Gよりも早くソフトウェアのアップデート対象から外れます。

ただし、ソフトウェアのアップデートが停止されたからといってスマートフォンが『使えなくなる』わけではありません。Androidスマートフォンは、基本的に『Google Playストア』からアプリケーションのダウンロード。

お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker

Google Playストアには『Google Play プロテクト』というセキュリティシステムが備えられており、アプリケーションに何らかの脅威やリスクが存在する場合は、検出して通知してくれます。

もしソフトウェアのアップデート停止が『大問題』に発展するのであれば、そもそも『中古スマートフォン』の市場は成り立たないことになります。Google Playストアからウィルス対策用のアプリをダウンロードすることも可能なので、セキュリティに対する過度な心配は不要です。

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!