8万円台のPixel 7じゃなく5万円台のPixel 6aを買うのアリですよ?Googleスマホは格安モデルも高性能!

Pixel7ではなくPixel 6aを買うのも大いにあり!Googleスマホは高性能

Googleが最新スマートフォン『Pixel 7』『Pixel 7 Pro』をリリース。Pixelは6シリーズから独自Soc『Google Tensor』を採用。7シリーズではそれが『Tensor G2』にアップグレードされています。ただしコスト暴騰の影響か、モデルチェンジによる著しい性能アップは期待出来ません。

投稿が見つかりません。

ちなみにGoogle 6aAnTuTu Benchmarkスコアがコチラ。上位モデルとなるPixel 6と大差なし。Socが同じですからね。

Pixel 6a Antutu

Pixel 6a(Google Tensor)をAnTuTu Benchmarkで実測

Pixel 6(Google Tensor)をAnTuTu Benchmarkで実測

性能差が大きく無いのであれば、再注目したいのがGoogle Tensorを搭載する格安現行モデル『Pixel 6a』。ハイエンドスペックながら販売価格はたったの『53,900円(税込)』。Pixel 7は『82,500円(税込)~』に値上げされ、Pixel 6aとの価格差は『28,600円』。ストアクレジットの還元があったとしても、82,500円は支払う事になります。

Pixel 7

Googleより

では、Pixel 6aPixel 7にはSoc以外にどういった違いがあるのか。Pixel 7Pixel 6aより優れているポイントをまずはピックアップ。

Pixel 6aよりPixel 7が優れているポイント

  • ディスプレイのリフレッシュレートが最大90Hz(Pixel 6aは60Hz)
  • ディスプレイのガラスが落下に強いCorning Gorilla Glass Victus(Pixel 6aはGorilla Glass 3)
  • 最大20Wのワイヤレス充電に対応(Pixel 6aは有線充電のみ)
  • 防水防塵性能がIP68(Pixel 6aはIP67)
  • メモリ容量が8GB(Pixel 6aは6GB)
  • ストレージ256GBモデルが用意されている(Pixel 6aは128GBのみ)
  • 顔認証に対応(Pixel 6aはディスプレイ内指紋認証のみ)
  • メインカメラのイメージセンサーサイズ1/1.31 インチ(Pixel 6aは1/2.55 インチ)

上記に『ココは絶対に譲れない』という内容が含まれているなら、迷わずPixel 7を購入しましょう。悩む必要は無いです。しかしまだ迷っているのであれば、一度Pixel 6aの詳細を確認していきましょう。

60Hzのリフレッシュレートをどう感じるか

Pixel 6aはディスプレイの最大リフレッシュレートが60Hzなので、Pixel 7より1秒間に画面を書き換え可能な回数が『30フレーム』分少ないという事になります。ちなみにiPhoneは上位モデル以外60Hzです。

リフレッシュレート

今利用している端末の最大リフレッシュレートが60Hz以上の場合は、一度60Hzに設定を固定してしばらく使ってみましょう。それで違和感が無ければPixel 6aで問題無いです。滑らかさが損なわれたと感じたなら、Pixel 7の方がお勧めです。

ディスプレイはコンクリートに落とせば傷つく

Pixel 7のディスプレイに使われているガラスは同社が『史上最高のタフさを誇る』としているGorilla Glass Victus(2020年発表)。耐落下性と耐擦傷性の両方を強化。

スマートフォン落下

Gorilla Glass 3は2013年モデルとなり、強度ではGorilla Glass Victusに劣ります。もっとも、傷防止のため保護ガラスを貼る人が殆どだと思いますし、コンクリートに落としたらGorilla Glass Victusでも傷がつきます。

ワイヤレス充電は便利だけど充電器の置き場所に困る

ワイヤレス充電器

ワイヤレス充電は確かに便利ですが、汎用性が高いのはUSB Type-Cコネクタを使用した有線充電です。有線充電器とワイヤレス充電器を2台デスクの上に置くと、デスクスペースが圧迫。いつの間にか利用頻度の高い有線充電のみになっています。あくまで私の場合はですが。

一般的な使い方であればIPX7で不足なし

両モデルは防塵の最高等級IP6Xに準拠。異なるのは防水性能です。JQA(一般財団法人日本品質保証機構)の内容を参考にすると、Pixel 6aIPX7は『水に浸しても影響がないように保護されている』。Pixel 7IPX8は『潜水状態での使用に対して保護されている。IPX7より厳しい条件の中で使用するもの』と定義されています。

防水について(製品外部からの有害な影響を伴う水の侵入に対する保護等級)

保護等級 IPコード 保護の内容
0 IPX0 無保護
1 IPX1 製品上部から垂直に滴下する水に対して保護されている
2 IPX2 製品を15度傾けた状態で施品上部から垂直に滴下する水に対し
て保護されている
3 IPX3 製品上部から両側に60度までの角度で噴霧された水に対して保
護されている
4 IPX4 製品に対するあらゆる方向からの水の飛まつに対して保護され
ている
5 IPX5 製品に対するあらゆる方向からの噴流水(12.5ℓ/min)に対して
保護されている
6 IPX6 製品に対するあらゆる方向からの暴噴水(100ℓ/min)に対して
保護されている
7 IPX7 水に浸しても影響がないように保護されている
8 IPX8 潜水状態での使用に対して保護されている。IPX7より厳しい条件の
中で使用するもの

防水試験は真水で行われているので、海でスキューバダイビング時に使用する事は想定されていません。どちらも防水構造である事に変わりは無いので、日常生活において大きな差を感じる機会は少ないかもしれません。私はIPX7で十分です。

Pixel 6a防水

ピュアAndroidだからメモリ6GBで十分かも

Androidスマートフォンメーカーは殆どがOSを独自にカスタマイズ(ベースはAndroid)しています。よってメモリ使用量がやや大きめになる場合が多いです。

メモリ使用量

しかしPixelシリーズはカスタムの無い『ピュアAndroid』なので、他社と比較してメモリ使用量は少なめ。日常的に使用しているアプリの種類がよほど多くない場合は6GBで足りるはず。

写真や動画を整理してストレージの空き容量を確認

ストレージ容量

使用しているスマートフォンのストレージ容量が『64GB』か『128GB』という人が殆どのはず。64GBであればPixel 6aで問題なし。128GBの人はこれを期に写真や動画を整理し、ストレージ空き容量がどの程度かを確認しましょう。

ロック解除が面倒な人はSmart Lockを活用すると便利

Pixel 7には指紋認証に加えて『顔認証』が追加されました。ロック解除方法としては顔認証の方が楽ちんです。解除すること自体面倒だという人は、『Smart Lock』を試してみましょう。

Smart Lockは『設定』→『セキュリティ』→『詳細設定』『Smart Lock』から設定可能。Smart Lockには下記の様な機能が備えられています。

持ち運び検知機能でロック解除

スマートフォンの持ち運びを検知して、どこかに置くまで最大4時間ロックを解除

持ち運び検知

信頼出来る場所でロック解除

Google Mapで指定した場所にいる時は最大4時間ロック解除を継続

信頼出来る場所でロック解除

信頼出来るデバイスでロック解除

信頼出来るデバイスに登録したBluetooth機器(イヤフォンやスマートウォッチなど)に接続した状態であれば、最大4時間ロック解除を継続

信頼出来るデバイスでロック解除

Smart Lockを設定すれば『ロックを解除する』といった作業自体が不要に。『顔認証』『指紋認証』に捉われる必要が無くなります。

Pixelシリーズはカメラアプリ性能がとても優秀

Pixel 6a カメラ

Pixelシリーズは『6』『6 Pro』ではじめて『1/1.31インチ』の大型イメージセンサーを採用。7シリーズでも同じセンサーが使われています。

カメラ画質の著しい進化を期待出来たのはセンサーサイズが拡大したタイミング。どう画質が変わったかを検証した結果がコチラ。

あわせて読みたい
イメージセンサーが大きくなるとこうなる!グーグル Pixel 6とPixel 5aのカメラを撮り比べしてみた! Googleの最新スマートフォン『Pixel 6』。独自Soc『Tensor』の搭載に加え、メインカメラに1/1.31インチの大型イメージセンサーを採用するなど、前モデルから様々な物理...

光の取得量が増えているのは間違いないですが、Pixelシリーズの場合はカメラアプリの作り込みがとても優秀。1/2.55インチでも1,200万画素解像度であれば、十分な画質を得られます。Pixel 6aでも高画質はもちろん健在。

【Google Pixel 6aのメインカメラで撮影】F値:1.7、シ ャッタースピード:1/3344、ISO:58、焦点距離:4.38mm、倍率:デジタル2倍

オレンジのコスモス2

【Google Pixel 6aのメインカメラで撮影】F値:1.7、シ ャッタースピード:1/275、ISO:45、焦点距離:4.38mm、倍率:デジタル2倍

白とピンクの花2

【Google Pixel 6aのメインカメラで撮影】F値:1.7、シ ャッタースピード:1/275、ISO:45、焦点距離:4.38mm、倍率:等倍

ピンクの花2

【Google Pixel 6aのメインカメラで撮影】F値:1.7、シ ャッタースピード:1/709、ISO:56、焦点距離:4.38mm、倍率:等倍

紫の細い花2

【Google Pixel 6aのメインカメラで撮影】F値:1.7、シ ャッタースピード:1/120、ISO:141、焦点距離:4.38mm、倍率:等倍

夜景1

【Google Pixel 6aのメインカメラで撮影】(夜景モード)

動画撮影時の手ブレ補正精度も秀逸。ここまでブレと画質の劣化をどちらも軽減出来るスマートフォンは少ないです。

Pixel 6a手ブレ補正

望遠(光学)レンズを備えるのは最上位モデルPixel 7 Proのみですが、Kenkoのスマートフォン用望遠レンズ(光学8倍)を装着すれば、スマートフォン離れした写真を撮れます。

Kenko 小型レンズ

Pixel 6aはオートフォーカス性能が優秀なので、他の端末と比較して望遠レンズ装着時にピントを合わせやすかったです。

黄色い花

【Google Pixel 6aのメインカメラで撮影】F値:1.7、シ ャッタースピード:1/468、ISO:55、焦点距離:4.38mm、倍率:8倍(望遠レンズ)

線路

【Google Pixel 6aのメインカメラで撮影】F値:1.7、シ ャッタースピード:1/211、ISO:62、焦点距離:4.38mm、倍率:8倍(望遠レンズ)

花と蝶

【Google Pixel 6aのメインカメラで撮影】F値:1.7、シ ャッタースピード:1/217、ISO:51、焦点距離:4.38mm、倍率:8倍(望遠レンズ)

かりん

【Google Pixel 6aのメインカメラで撮影】F値:1.7、シ ャッタースピード:1/100、ISO:117、焦点距離:4.38mm、倍率:8倍(望遠レンズ)

キバナコスモス

【Google Pixel 6aのメインカメラで撮影】F値:1.7、シ ャッタースピード:1/349、ISO:55、焦点距離:4.38mm、倍率:8倍(望遠レンズ)

Google Pixel 6aの主な仕様

Google Pixel 6a
Soc Google Tensor

Titan M2™ セキュリティ コプロセッサ

容量
  • 6GB:128GB
電池 4,410mAh(最大18W充電)
重量 178g
画面
  • サイズ:6.1インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:60Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比:1000,000:1
  • 素材:ゴリラガラス3
  • 常時表示:対応
カメラ メインカメラ

  • 解像度:1,220万画素
  • F値:1.7
  • 視野:77度
  • ピクセル幅:1.4µm
  • イメージセンサーサイズ:1/2.55インチ
  • 超解像ズーム:7倍
  • オートフォーカス:デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
  • 手ブレ補正:光学式

超広角カメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • 画角:水平114度
  • F値:2.2
  • ピクセル幅:1.25µm
  • レンズ補正:対応

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
  • 視野:84度
  • ピクセル幅:1.12µm
防水防塵 IP67
オーディオ
  • スピーカー:ステレオ
おサイフケータイ 対応
SIM  nano SIM+eSIM

Google Pixel 6aにお勧めなSIM

  • 5G Sub-6: 対応バンド n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 14 / 20 / 25 / 28 / 30 / 38 / 40 / 41 / 48 / 66 / 71 / 77 / 78
  • LTE: 対応バンド B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71
  • UMTS / HSPA+ / HSDPA: 対応バンド 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • GSM / EDGE クアッドバンド(850、900、1,800、1,900 MHz)

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(◎)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamomineo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMOmineo

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

UQモバイルmineo

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Pixel 7、Pixel 7 Proの主要スペック

Pixel 7 Pixel 7 Pro
Soc Google Tensor G2 Google Tensor G2
容量
  • 8GB:128GB
  • 8GB:256GB
  • 12GB/128GB
  • 12GB/256GB
  • 12GB/512GB
電池 4,355mAh(有線充電:最大21W 無線充電:最大20W) 5,000mAh(有線充電:最大23W 無線充電:最大20W)
重量 197g 212g
画面
  • サイズ:6.3インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比較:1,000,000:1
  • ピーク輝度:1,400nit
  • 素材:Corning® Gorilla® Glass Victus™
  • 常時表示:対応
  • サイズ:6.7インチ
  • タイプ:有機EL(LTPO)
  • 解像度:QHD+
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比較:1,000,000:1
  • ピーク輝度:1,500nit
  • 素材:Corning® Gorilla® Glass Victus™
  • 常時表示:対応
カメラ メイン(広角)カメラ

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.85
  • 視野:82度
  • 画素サイズ:1.2µm
  • イメージセンサーサイズ:1/1.31 インチ
  • 手ブレ補正:光学式、電子式
  • 超解像ズーム:8倍

超広角カメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • 画角:水平114度
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.25µm
  • レンズ補正:対応

フロントカメラ

  • 解像度:1,080万画素
  • F値:2.2
  • 視野:92.8
  • ピクセル幅:1.22µm
メイン(広角)カメラ

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.85
  • 視野:82度
  • 画素サイズ:1.2µm
  • イメージセンサーサイズ:1/1.31 インチ
  • 手ブレ補正:光学式、電子式

超広角カメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • 画角:水平125度
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.25µm
  • レンズ補正:対応

望遠カメラ

  • 解像度:4,800万画素
  • F値:3.5
  • 画素サイズ:0.7µm
  • 倍率:光学5倍
  • 超解像ズーム:30倍
    手ブレ補正:光学式、電子式

フロントカメラ

  • 解像度:1,080万画素
  • F値:2.2
  • 視野:92.8
  • ピクセル幅:1.22µm
防水防塵 IP68 IP68
オーディオ
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
防水防塵 IP68 IP68
Bluetooth 5.2 5.2
Wi-Fi Wi-Fi 6(802.11ax): 2.4 GHz + 5 GHz、HE160、MIMO Wi-Fi 6(802.11ax): 2.4 GHz + 5 GHz、HE160、MIMO
おサイフケータイ 対応 対応
SIM  nano SIM+eSIM nano SIM+eSIM

Google Pixel 7にお勧めなSIM

  • 5G Sub-6: 対応バンド  n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 14 / 20 / 25 / 28 / 30 / 38 / 40 / 41 / 48 / 66 / 71 / 75 / 76 / 77 / 78
  • LTE: 対応バンド B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71
  • UMTS / HSPA+ / HSDPA: 対応バンド 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • GSM / EDGE クアッドバンド(850、900、1,800、1,900 MHz)

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)、Band n257(◎)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n257(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMO

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n257(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n257(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

関連カテゴリー

Google

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!