Redmi 12 5Gは2年半前の『エントリースマホ』Redmi 9Tから『快適さ』を一気に底上げ。細部の改善目立つ

安いスマートフォンの使い勝手をワンランク上に上げたXiaomiのRedmi 12 5G

Xiaomi(シャオミ)は2021年2月5日、日本市場に向けてエントリークラスのスマートフォン『Redmi 9T』の発売を開始しました。

6,000mAhの大容量電池搭載』『フルHD+解像度の6.53インチディスプレイ』『側面指紋認証』と、当時のエントリークラスとしては満足出来るスペックを採用。

Redmi 12 5G(4GB/128GBモデル)の発売が開始されたのは、そこから2年半程度経過した2023年10月19日。『廉価なスマートフォン』は一体どんな変化を遂げたのか。

スマートフォンの処理能力を決める『Soc』に関しては、データの演算処理を行う『CPU』の性能が飛躍的に向上。これはAnTuTu Benchmarkのスコアを見れば明らか。

Redmi 9Tの性能

Redmi 9TをAnTuTu Benchmark(Ver.10)で実測

Redmi 12 5Gの性能

Redmi 12 5GをAnTuTu Benchmark(Ver.10)で実測

CPU GPU MEM UX TOTAL
Redmi 9T 88,679 32,147 47,071 62,762 230,659
Redmi Note 11 105,270 36,217 64,706 79,983 286,176
Redmi Note 10T 130,780 69,398 88,572 95,564 384,314
Redmi 12 5G 138,619 46,798 113,018 109,210 407,645

3Dゲームプレイに影響を与える『GPU』のスコアアップが1万4千程度に留まるのに対して『CPU』は約5万。それに伴い、アプリの動作速度を示す『UX』スコアが11万弱へと急上昇。

実際にRedmi 9TとRedmi 12 5Gをどちらも使ってみると、『体感速度』にはっきりとした違いを感じることが出来ます。もっとも、『快適さ』を後押ししているのは『CPUの性能アップ』だけではありません。

操作性に影響を与えるのが画面の『タッチサンプリングレート(画面が1秒間にタッチに反応する回数)』。Redmi 9Tは実測値で120Hz程度だったのに対し、Redmi 12 5Gはそれを約2倍の程度上回る『250Hz』。

従来のエントリーモデルはCPU性能が低かったので、データを処理するのに時間がかかり、タッチ感度を上げても相乗効果を得づらい状況にありました。

Redmi 12 5GはCPU性能とタッチサンプリングレートを同時に高めたことで、『快適さ』がRedmi 9Tとは雲泥の差に。

スマートフォンで文字打つをはやくする設定について

快適さ』の追求がもうひとつ。それは『画面の明るさ』です。Redmi 9TRedmi 12 5Gのディスプレイに同じ白い画像を表示し、照度計で明るさを実測。Redmi 9Tの『251LUX』に対して、Redmi 12 5Gは『317LUX』。

Redmi 9TとRedmi 12 5Gのディスプレイ

上からRedmi 9T、Redmi 12 5G。Redmi 12 5Gのディスプレイは明るいだけでなくホワイトバランスが適正

直射日光下など『明るい場所』での視認性を上げるには、画面の反射を抑えるか『輝度を高める』しかありません。

Galaxyの最上位モデル『Galaxy S24 Ultra』には、低反射ガラス『Corning Gorilla Armor』がはじめて採用され大きな話題に。しかしそれはあくまでハイエンドだから出来る業。エントリーモデルにとっては『明るさ』こそが正義です。

Redmi 9T、Redmi 12 5G表示領域比較

上からRedmi 9T、Redmi 12 5G

あわせて読みたい
3週間使って分かったRedmi 12 5Gのメリット『9つ』デメリット『3つ』を解説。新世代のエントリースマホ... Xiaomi(シャオミ)の廉価(直販価格29,800円)なスマートフォン『Redmi 12 5G』を購入してから、3週間程度が経過。今回は実際に同端末を利用した上で感じた『メリット...

ディスプレイは明るくなっただけでなく縦の表示領域が増し、Redmi 9Tの2,340×1,080ピクセルから『2,460×1,080ピクセル』に。1画面により多くの情報を表示出来るようになり、シネマ比率の動画も見やすく。

左からRedmi 12 5G、Redmi 9T。Redmi 12 5Gは表示に余裕をもってボタンナビゲーションを使用出来る

極めつけは『アップデート期間』の長さ。Redmi 12 5GはGoogleが制定する『Android Enterprise Recommended』の対象となっており、『Android 15』までのOSアップデート、2027年12月までのセキュリティアップデートに対応。

あわせて読みたい
Redmi 12 5Gは長く安心して使えるAER準拠スマホ!セキュリティアプデ2027年12月、Androidは15迄 Googleは『高性能なハードウェア』『定期的なセキュリティアップデート』といった要件を満たすデバイスに対して『Android Enterprise Recommended』のロゴを付与。 Andr...

Redmi 9Tは『2023年12月』でセキュリティアップデートの提供が終了しているので、比較するとRedmi 12 5Gに対するサポートがどれだけ手厚いか分かります。

FeliCa ICチップを搭載し、『おサイフケータイ』に対応したのも大きなポイント。2023年12月8日には『8GB/256GB』の大容量モデルがラインナップに追加されました。

あわせて読みたい
Redmi 12 5Gは『4GB/128GB』『8GB/256GB』どちらを購入すべき?大きな違いは『余裕』があるか。 Xiaomi(シャオミ)は2023年12月8日、すでに(10月19日)日本で発売済みのRedmi 12 5G(4GB/128GB)に、『8GB/256GB』モデルを追加しました。想定売価は4GB/128GBより5...

安くて電池もちが良い』といった部分をRedmi 9Tから踏襲しつつ、そこに様々な『快適さ』が加わったRedmi 12 5G。数年前に購入した『安いスマホ』からの乗り換えであれば、高確率で大満足出来るはずです。

あわせて読みたい
【更新】Redmi 12 5Gをセール価格で安く買える店は?スナドラ4Gen2とFeliCa搭載スマホ スマートフォンの性能を左右するSocには、日本モデルとしてはじめて『Snapdragon 4 Gen 2(4nm)』を採用。AnTuTu Benchmark(Ver.10)の実測値は41万超え。ミドルクラ...
あわせて読みたい
【超便利&無料】Androidスマートフォンをワイヤレスストレージ化する方法。Micro SDカードの読み書きに... 低価格帯のエントリーモデルでは使えるのに、高価格帯のハイエンドでは使えないもの。『Micro SDカード』です。Micro SDカードを使用すれば2千円程度で100GB以上の容量...
あわせて読みたい
実用的なデータ通信し放題が使えるお得な格安SIM達。mineo、楽天モバイル、LINEMO、UQモバイル、ahamo等 『データ通信し放題』と言えば、『光回線』を連想する人が多いかもしれません。確かに光回線は『高速』かつ『安定』して通信を行うのに適しています。ストリーミング動...
あわせて読みたい
【固定費削れ】mineo、UQモバイル、ahamo、LINEMO、ワイモバイル、NUROモバイルならスマホで娯楽三昧! スマートフォンがまだ『ガラケー』の頃は、『パソコンが家にある』のは当たり前でした。しかし今では大概の事をスマートフォンで出来てしまいます。 そうなってくると、...

Xiaomi Redmi 12 5GとRedmi 12Cの仕様比較

モデル名 Redmi 12 5G Redmi 12C
Soc Snapdragon 4 Gen 2(4nm) Helio G85(12nm)
メモリ容量 4GB、8GB(LPDDR4X) 3GB、4GB(LPDDR4X)
ストレージ容量 128GB、256GB(UFS 2.2) 64GB、128GB(eMMC 5.1)
電池 5,000mAh 5,000mAh
充電速度 最大18W 最大10W
重量 約200g 約192g
サイズ
  • 高さ:約169mm
  • 幅:約76mm
  • 厚み:約8.2mm
  • 高さ:約168.76mm
  • 幅:約76.41mm
  • 厚み:約8.77mm
画面
  • タイプ:液晶
  • サイズ:6.8インチ
  • 解像度:フルHD+
  • 最大輝度:550nit
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:240Hz
  • SGSブルーライト低減認証:あり
  • タイプ:液晶
  • サイズ:6.71インチ
  • 解像度:HD+
  • 最大輝度:500nit
  • 最大リフレッシュレート:非公表
  • 最大タッチサンプリングレート:非公表
  • SGSブルーライト低減認証:なし
カメラ メインカメラ(背面)

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.8

深度測定センサー(背面)

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.2
メインカメラ(背面)

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.8

ポートレート用補助レンズ

  • 解像度:QVGA

フロントカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.2
防水防塵 IP53 IP52
イヤフォンジャック 搭載 搭載
Bluetooth 5.0 5.1
位置情報 GPS、Glonass、Galileo、Beidou GPS、Glonass、Galileo、Beidou
Wi-Fi Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
SIM nano SIM+eSIM nano SIM+nano SIM
認証 側面指紋認証+AI顔認証 背面指紋認証+AI顔認証
おサイフケータイ 対応 非対応
スピーカー モノラル モノラル
Micro SDカード 対応(最大1TB) 対応(最大1TB)
5G(Sub6) 対応 非対応

Xiaomi Redmi 12 5G(オープンマーケット版)にお勧めなSIM

主な通信バンドに対応 通信業者
ドコモ IIJmioahamomineoNUROモバイル
SoftBank ワイモバイルLINEMOmineoNUROモバイル
au UQモバイルmineoNUROモバイル
楽天 楽天モバイル
あわせて読みたい
楽天カード新規入会・利用&楽天モバイルはじめて申し込みで最大『3万円相当』ポイントプレゼントのマジ... 楽天モバイルが、2024年6月14日(金)午前10時~7月1日(金)午前10時までの期間限定(WEBの場合)で『【楽天カード会員様対象】楽天モバイル初めてお申し込みで20,000...
あわせて読みたい
【6月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!