【使って比較レポ】Xiaomiの廉価スマホ!Redmi 12 5GとRedmi Note 10Tはどちらを買うべき?

Redmi 12 5GとRedmi Note 10Tの実機使用比較レポート

Xiaomi(シャオミ)が2022年4月26日に発売を開始した5G世代のエントリーモデル『Redmi Note 10T(オープンマーケット版)』。そこから1年半程度経過した2023年10月6日に、『Redmi 12 5G(4/128GB)オープンマーケット版』を発売開始。

今回は両モデルを実際に使用した上で気づいた『違い』を中心に紹介していきます!

Redmi 12 5GとRedmi Note 10Tの特徴と違い

あわせて読みたい
【簡単裏技】Redmi 12 5Gの『4GBモデル』で『デュアルアプリ』『セカンドスペース』を使用する方法。 Xiaomi(シャオミ)のスマートフォンで使える代表的な便利機能と言えば、『デュアルアプリ』と『セカンドスペース』。 デュアルアプリを使えば、『X』『Tlereads』『Ins...

Redmi Note 10Tは最高水準の防塵防水性能。たまにお風呂で使っている

防水

Redmi Note 10Tは最高水準の防塵防水規格『IP68』に準拠。Redmi 12 5Gは『IP53』と防水性能が低めとなるので、水場での利用を想定する場合は候補から外れます。

Redmi Note 10Tは廉価かつ防水性能が高いので、私はたまに『お風呂』に持ち込み動画を観ています(推奨はしません)。料理をしながら手を洗わずにそのままレシピを確認することも可能です。

Redmi 12 5Gは縦に広いディスプレイ採用。それでいて重量はほぼ同じ

Redmi Note 10Tの画面サイズは『6.5インチ(2,400×1,080Pixel)』で重さ『約198g』。Redmi 12 5Gは画面サイズ『6.8インチ(2,460×1,080Pixel)』と60Pixel分広い表示領域を持ちつつ重さは『約200g』とほぼ変わらず。

最近はスマートフォンユーザーが増えた影響で、縦長なコンテンツが殆ど(一部のサイトはインプレッションを増やす目的で未だページネーションを多用)。また、縦に表示領域が広いと画面分割時の視認性も向上します。

 

Redmi 12 5GはRedmi Note 10Tより動作が快適

Redmi Note 10TとRedmi 12 5Gではどの程度処理能力に差があるのか。スマートフォンの性能をトータルで数値化してくれるAnTuTuTu Benchmarkのスコアがコチラ。

Redmi Note 10Tの処理能力

Redmi Note 10TをAnTuTu Benchmark(Ver10.1.9)で実測

Redmi 12 5Gの処理能力

Redmi 12 5GをAnTuTu Benchmark(Ver10.1.9)で実測

3Dゲームで遊ばない場合は、データの演算処理を行う『CPU』の性能を重視すべき。Snapdragon 480 5Gを搭載するRedmi Note 10TはCPUスコアが『130,780』なのに対し、Snapdragon 4 Gen 2を搭載するRedmi 12 5Gは『138,619』。

CPU性能が上がると、アプリの動作速度を示す『UX』のスコアが向上。実際に使っていても、動作が軽いと感じるのは『Redmi 12 5G』の方。

Redmi 12 5GとRedmi Note 10Tは電池もちが良い

Redmi Note 10TとRedmi 12 5Gは『5,000mAh』の大容量電池を搭載しています。ただし電池もちを決めるのは電池容量だけではありません。Socやディスプレイの電力効率も重要。

Redmi 12 5Gが採用するSnapdragon 4 Gen 2は、『4nm』という微細なプロセスサイズで製造。一般的にはプロセスサイズが小さくなるほど電力効率は高くなります。

AnTuTu Benchmarkの測定時は高負荷な状態が続きますが、Redmi 12 5Gは電池の減り僅か『-2%(Redmi Note 10Tは-3%)』。それでいてRedmi Note 10Tよりハイスコア。電力効率の高さ、電池もちの良さが実証されています。

ちなみに、YouTubeで1時間同じ動画を再生(Redmi Note 10TとRedmi 12 5Gの画面に同じ白い画像を表示し、40LUX程度に明るさを合わせた上で再生)した際の電池のへりはどちらも『-4%』でした。

Redmi 12 5Gはタッチ感度に優れる

スマートフォンで文字打つをはやくする設定について

操作性に大きな影響を与える『タッチサンプリングレート(1秒間に画面がタッチに反応する回数)』。Redmi Note 10Tは実測値で180Hz~200Hz程度ですが、Redmi 12 5Gは250Hz程度と感度で上回ります。

処理能力に加えてタッチ感度もRedmi 12 5Gの方が上なので、『スマートフォンを操作する時間が長い』という自覚がある人にはRedmi 12 5Gの方がお勧めですね。

Redmi 12 5Gは画面が明るい

ディスプレイに同じ白い画像を表示させて照度計で明るさを測った結果、Redmi Note 10Tの『261Lux』に対しRedmi 12 5Gは『316Lux』。

屋内でしかスマートフォンを使わない』という人はあまり画面の明るさを気にする必要は無いですが、屋外では『明るさ』が視認性を左右するので要注意。

Redmi 12 5GはAER準拠でアップデート期間が長い

安いけどセキュリティ&OSアップデートが長いXiaomiのRedmi 12 5G

Redmi 12 5GはAER(Googleが高性能なハードウェア、定期的なセキュリティアップデートを満たすと認めた端末)に準拠しており、OSアップデートは『Android 15』まで。セキュリティアップデートも2027年12月までとかなり長め。

OSアップデートではソフトウェアの改善や新機能の追加を見込めます。セキュリティアップデート提供中はより安全な環境で安心してスマートフォンを利用可能です。

あわせて読みたい
Redmi 12 5Gは長く安心して使えるAER準拠スマホ!セキュリティアプデ2027年12月、Androidは15迄 Googleは『高性能なハードウェア』『定期的なセキュリティアップデート』といった要件を満たすデバイスに対して『Android Enterprise Recommended』のロゴを付与。 Andr...

Redmi 12 5Gは8GB/256GBの大容量モデルを選べる

Redmi 12 5Gが発売を開始した当初は『4GB/128GB』モデルしか選ぶ事が出来ませんでした(それでもRedmi Note 10T比較ではストレージ容量2倍)。しかしユーザーの希望を叶えてか、2023年12月8日に『8GB/256GB』モデルが追加されました。

メモリ容量が大きくなるとマルチタスク(アプリを同時に複数起動など)時の動作環境に余裕が生まれ、ストレージが増えると本体にストリーミング動画を保存したり、お気に入りのアプリを沢山インストールすることが可能。

あわせて読みたい
Redmi 12 5Gは『4GB/128GB』『8GB/256GB』どちらを購入すべき?大きな違いは『余裕』があるか。 Xiaomi(シャオミ)は2023年12月8日、すでに(10月19日)日本で発売済みのRedmi 12 5G(4GB/128GB)に、『8GB/256GB』モデルを追加しました。想定売価は4GB/128GBより5...

Redmi 12 5GとRedmi Note 10Tはどちらを購入すべきか?

一見スペックが近い両モデルですが、総合的には『Redmi 12 5Gの方が格上』といった印象。『防水性能』の部分に必要性を感じず、かつ予算が許すのであればRedmi 12 5Gを購入した方が満足度は高いでしょう。

あわせて読みたい
3週間使って分かったRedmi 12 5Gのメリット『9つ』デメリット『3つ』を解説。新世代のエントリースマホ... Xiaomi(シャオミ)の廉価(直販価格29,800円)なスマートフォン『Redmi 12 5G』を購入してから、3週間程度が経過。今回は実際に同端末を利用した上で感じた『メリット...
あわせて読みたい
【使ってみた】Xiaomi Redmi Note 10Tは『コレで十分』に『防水』と『おサイフ』をマシマシしたスマホ! 大手グローバルスマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ)は、2022年4月14日に最新スマートフォン『Redmi Note 10T』を発表しました。4月22日からSoftBank、4月26日には...

Xiaomi Redmi 12 5GとRedmi Note 10Tの主な仕様

モデル名 Redmi 12 5G Redmi Note 10T
Soc Snapdragon 4 Gen 2(4nm) Snapdragon 480 5G(8nm)
メモリ容量 4GB(LPDDR4X) 4GB(LPDDR4X)
ストレージ容量 128GB(UFS 2.2) 64GB(UFS 2.2)
電池 5,000mAh 5,000mAh
充電速度 最大18W 最大18W
重量 約200g 約198g
サイズ
  • 高さ:約169mm
  • 幅:約76mm
  • 厚み:約8.2mm
  • 高さ:約163mm
  • 幅:約76mm
  • 厚み:約9mm
画面
  • タイプ:液晶
  • サイズ:6.8インチ
  • 解像度:フルHD+
  • 最大輝度:550nit
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:240Hz
  • SGSブルーライト低減認証:あり
  • タイプ:液晶
  • サイズ:6.5インチ
  • 解像度:フルHD+
  • 最大輝度:不明
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:非公表
  • SGSブルーライト低減認証:なし
カメラ メインカメラ(背面)

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.8

深度測定センサー(背面)

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.2
メインカメラ(背面)

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.8

深度測定センサー(背面)

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:不明
防水防塵 IP53 IP68
イヤフォンジャック 搭載 搭載
Bluetooth 5.0 5.1
位置情報 GPS、Glonass、Galileo、Beidou GPS、Glonass、Galileo、Beidou、NavIC、IRNSS
Wi-Fi Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
SIM nano SIM+eSIM nano SIM+eSIM
認証 側面指紋認証+AI顔認証 背面指紋認証+AI顔認証
おサイフケータイ 対応 対応
スピーカー モノラル モノラル
Micro SDカード 対応(最大1TB) 対応(最大1TB)
5G(Sub6) 対応 対応

Xiaomi Redmi 12 5GとRedmi Note 10Tにお勧めなSIM

主な通信バンドに対応 通信業者
ドコモ IIJmioahamomineoNUROモバイル
SoftBank ワイモバイルLINEMOmineoNUROモバイル
au UQモバイルmineoNUROモバイル
楽天 楽天モバイル
あわせて読みたい
楽天カード新規入会・利用&楽天モバイルはじめて申し込みで最大『3万円相当』ポイントプレゼントのマジ... 楽天モバイルが、2024年6月14日(金)午前10時~7月1日(金)午前10時までの期間限定(WEBの場合)で『【楽天カード会員様対象】楽天モバイル初めてお申し込みで20,000...
あわせて読みたい
【6月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!