【使ってみた】Xiaomi Redmi Note 10Tは『コレで十分』に『防水』と『おサイフ』をマシマシしたスマホ!

十分なスマホに防水とおサイフをマシマシしたRedmi Note 10T

大手グローバルスマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ)は、2022年4月14日に最新スマートフォン『Redmi Note 10T』を発表しました。4月22日からSoftBank、4月26日にはオープンマーケット版の発売を開始。メーカー小売価格は『34,800円(税込)』。

Redmi Note 10Tはドコモ、SoftBank、au全部で使える防水おサイフスマホ

Xiaomiより

今回はXiaomiから端末(オープンマーケット版)の提供を受けてレビューを行います。まずはスマートフォンの性能をトータルで示す『AnTuTu Benchmark』からテスト。スコアは『294,220』と30万弱。

Redmi Note 10Tの処理能力

Xiaomi Redmi Note 10TをAnTuTu Benchmarkで測定した結果

AnTuTu Benchmark ver.9
Redmi 9T 200,820(Snapdragon 662)
Redmi Note 11 241,423(Snapdragon 680)
Redmi Note 10T 294,220(Snapdragon 480 5G)
Redmi Note 10 JE 294,643(Snapdragon 480 5G)
Mi 11 Lite 5G 524,980(Snapdragon 780G 5G)
Xiaomi 11T 630,573(Dimensity 1200-Ultra)
Xiaomi 11T Pro 779,233(Snapdragon 888)

Redmi Note 10Tはスマートフォンの性能を決めるSocに『Snapdragon 480 5G』を採用。4G世代のエントリーモデルとなる『Redmi 9T』からは10万近くの大幅なスコアアップ。『CPU』の上昇が特に顕著(69,486→96,714)となり、アプリの動作速度は体感レベルではっきりと上がっています。

2022年3月10日発売された『Redmi Note 11』と比較しても、Redmi Note 10Tの方5万程度上。処理能力はSnapdragon 480 5GSnapdragon 680より明確に上。

ただしGPUは通常の『AnTuTu 3DBench 』に非対応。負荷の低い『AnTuTu 3DBench Lite』で測定が行われています。スコアも『65,686』と高いとは言えません。快適なゲームプレイ環境を求めるのであれば、GPU性能の高い『Xiaomi 11T』や『Xiaomi 11T Pro』をセレクトするのがベスト。

あわせて読みたい
Xiaomi 11TがMIUI 13(Android 12)にアプデでGPUスコアUP!ゲーム端末としてより頼もしく。 スマートフォンの性能を決めるのは『Soc』です。国内のAndroidスマートフォンに搭載されているSocの大半はQualcomm社の『Snapdragon』シリーズ。海外で大きなシェアを持...
あわせて読みたい
3年後も快適が続くハイエンドスマホ!Xiaomi 11T Proが6万円台は間違いなく安い。長く使う前提ならコレ... スマートフォンは通常、使用期間が長くなるほど連続駆動時間が短くなり、動作は徐々に遅くなります。では、何が原因でそういったことが起こっているのでしょうか。 スマ...

Redmi Note 10Tはディスプレイが『液晶』なので、有機ELを採用する『Redmi Note 11』『Mi 11 Lite 5G』からは発色で見劣りします。動画視聴に関しても有機ELは優れる点が多いので、YouTubeを頻繁に観るという人には『Redmi Note 11』『Mi 11 Lite 5G』の方がお勧めです。

あわせて読みたい
YouTubeを長時間観るなら『有機ELスマホだろぅ!』と言いたい理由。Xiaomi、Motorolaからお勧め5選! YouTubeの標準アスペクト比は『16:9』。最近のスマートフォンは縦長が主流となり『20:9』程度が一般的。つまり殆どのコンテンツは横に黒帯が残る状態です。 液晶ディ...
あわせて読みたい
【2千円でイケる】mineoと楽天モバイルの組み合わせが至極。YouTube見放題、国内通話し放題!我慢せず楽... 格安SIMのmineoは『パケット放題Plus』という月額385円のオプションを提供しています。サービス内容は、通信量がカウントされない節約モード時の最大通信速度を200kbps...

ちなみにRedmi Note 10T5,000mAhの電池大容量モデル。輝度を80%程度まで高めた状態でYouTube(1080p)を1時間視聴したところ、電池の減りは『8%』。光が明るい場所でなければ輝度は30%~40%で十分。輝度を下げた分電池の持ちは長くなります。

redmi note 10T ディスプレイ

1秒間に可能な画面の切り替え回数を示す最大リフレッシュレートは、前モデルとなるRedmi Note 9Tの『60Hz』から『90Hz』に向上。デフォルトでは『60Hz』に設定されているので、30コマ分滑らな操作感を味わいたい人は『90Hz』に変更しましょう(設定→ディスプレイ→リフレッシュレート)。

リフレッシュレート

エントリーモデルながら、最高水準の防水防塵規格『IPX8 IP6X』に対応するRedmi Note 10TXiaomiの国内モデルとしては『Redmi Note 10 JE』に続き『2台目』です。

防水

水場でスマートフォンを利用する機会が多い場合は、有機ELの画質よりも実用的な『防水性能』を重視すべき。防水非対応のスマートフォンだと、キッチンで調理をしている時は操作するのに『手を洗って拭く』という面倒なひと手間が発生します。多少手が濡れたり汚れていても、そのままスマートフォンが使えるというのはやはり大きいですよね。

濡れた手で操作

カメラは『5,000万画素』の『広角』と『200万画素』の『深度カメラ』といったシンプルな2眼構成。超広角は削られています。私は普段メインカメラ(広角)での撮影が9割以上なので特に問題なし。

Redmi Note 10T カメラ

Xiaomiの廉価モデルはRedmi Note 11からオートフォーカス性能が向上。Redmi Note 10Tにもその要素が引き継がれており、撮影中にフォーカスが合わずにストレスを感じる事はありませんでした。

綿毛

【Xiaomi Redmi Note 10Tのメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/100、ISO:70、焦点距離:4.25mm

白い花1

【Xiaomi Redmi Note 10Tのメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1938、ISO:49、焦点距離:4.25mm

ピンクの花

【Xiaomi Redmi Note 10Tのメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/469、ISO:50、焦点距離:4.25mm

白い花2

【Xiaomi Redmi Note 10Tのメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/100、ISO:86、焦点距離:4.25mm

黄色い花

【Xiaomi Redmi Note 10Tのメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1263、ISO:50、焦点距離:4.25mm

スマートフォンのカメラ画質は、イメージセンサーやレンズ以外に画像を処理する『ISP』の影響を受けます。Snapdragon 480 5Gが採用するISP『Qualcomm Spectra™ 345』は、全体的にくせがなく万人受けしそうなイメージ。花の色も自然です。

スロットはSIMカード1枚Micro SDカード1枚を同時に使える『デュアル』仕様。通常Micro SDカード側はSIMカードと排他的な扱いになりますが、Redmi Note 10Tの場合はMicro SDカード専用。

カードスロット

SIMカードスロットは1つですが、同端末は『eSIM』に対応。物理SIM+eSIMで『デュアルSIM』が可能。Micro SDカードを使いながらデュアルSIM運用出来る希少モデル。

あわせて読みたい
Xiaomi Redmi Note 10TでeSIM(povo2.0)を開通させてみた。開通までの流れを分かり易く解説 Xiaomi(シャオミ)は2022年4月26日から、Snapdragon 480 5Gを採用する新世代のエントリーモデル『Redmi Note 10T(オープンマーケット版)』の発売を日本市場で開始し...
eSIM

Xiaomiより

eSIMに対応するSIM

Redmi Note 10Tは4G世代から処理能力カメラ画質が底上げされたエントリーモデル。日常的な使い方であれば、大半の人がこの端末で満足出来るでしょう。そしてそこに『防水防塵』と『おサイフケータイ』をプラス。

防水おサイフケータイ

いくらスペックが高くても、使いたい場所で使えなければ意味がない。最高クラスの防水に対応したことで、使える場所が一気に広がった『Redmi Note 10T』。とことん使い倒してコストパフォーマンスを上げましょう!

あわせて読みたい
Xiaomi Redmi Note 10T、OPPO A55s 5G、AQUOS wishの違いは?5G防水スマホ比較 最新スマートフォンは『5G世代』に突入。4G世代ではやや物足りなさを感じたSnapdragon 400シリーズの性能が、実用レベルまでアップ。Snapdragon 480 5Gを搭載する『Redm...

Redmi Note 10T(オープンマーケット版)取扱店舗

あわせて読みたい
【更新】防水おサイフスマホ!Xiaomi Redmi Note 10Tをセール価格で安く買えるお店は? 大手スマートフォンメーカー『Xiaomi(シャオミ)』は、2022年4月14日に市場販売価格『34,800円(税込)』の5G対応エントリーモデル『Redmi Note 10T』をリリースしまし...

Redmi Note 10T(オープンマーケット版)の主な仕様

Redmi Note 10T
Soc Snapdragon 480 5G(8nm)
容量 4GB/64GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池 5,000mAh(最大18W急速充電 ※充電器付属なし)
重量 198g
画面
  • サイズ:6.5インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:90Hz(アダプティブ)
  • 360度周囲光センサー
カメラ メインカメラ

  • 解像度:5,000万画素

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
防水防塵 IPX8 IP6X
おサイフケータイ 対応
指紋認証 側面
イヤフォンジャック 対応
SIM nanoSIM/eSIM
外部メモリー 最大1TB

Redmi Note 10T(オープンマーケット版)にお勧めな格安SIM

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

ahamoOCNモバイルONEIIJmiomineo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMOmineo

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

UQモバイルmineo

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!