シャオミの『Redmi Note』シリーズが累計販売台数『2億台』突破!日本の総人口より沢山売れてるスマホに!

Redmi Noteシリーズ2億台突破

Xiaomiより

2014年3月にはじめて市場に登場したXiaomiのサブブランドRedmiの『Note』シリーズ。初期モデルは8GBというメモリ並のストレージ容量が採用されていました。

初登場から7年が経過した同シリーズは、遂に累計販売台数が『2億台』を突破(Xiaomiデータセンターによる情報)。日本の総人口が2021年7月1日時点(総務省調べ『)で『1億2536万人』なので、それを遥かに上回っています。

スマホ

2021年にリニューアルモデルが発売されるほど人気となったRedmi Note 8

日本市場には『Redmi Note 9S』『Redmi Note 9T』『Redmi Note 10 Pro』の3モデルを投入。Redmi Note 9Sは24,800円(税込)というエントリークラス並の価格ながら、SocにSnapdragon 700シリーズを搭載。さらにカメラも4,800万画素と、日本市場スマートフォン市場の常識を完全に覆しました。

スマートフォン

2万円台ながら性能だけでなくデザインにも拘っったRedmi Note 9S

Redmi Note 9TはXiaomiブランドではじめて『FeliCaチップ』を搭載。おサイフケータイに対応しつつ『21,600円(税込)』という破格の安さを実現。通信キャリアSoftbankに採用された事でXiaomiブランドの信頼を高める役割も果たしました。

5GネットワークもサポートするRedmi Note 9T

最新モデルとなるRedmi Note 10 Pro1/1.52インチの大型イメージセンサーを採用。iPhone 12 miniや最上位モデルとなるMi 11に引けをとらないカメラ画質に引き上げました。

[st-card id=68855 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

さらに6.67インチの大型有機ELディスプレイは120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応。フラッグシップ級のカメラとディスプレイを備えつつ価格は『34,800円(税込)』。この圧倒的なコストパフォーマンスの高さが『2億台』売り上げたRedmi Noteシリーズ一番の魅力。

オーティオプレーヤーとしても優秀なRedmi Note 10 Pro

日本SIMフリースマートフォン市場でOPPOとトップシェア争い。世界ではAppleを抜いて販売台数『2位』になった世界を代表するスマートフォンメーカーXiaomi。Redmi Noteシリーズと共にさらなる成長を続けます。

[st-card id=68855 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

[st-card id=72269 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

Xiaomiに関連する記事

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!