【全部2万以下】XiaomiがSmart Band 8 Pro、Redmi Watch 4、Watch S3を同時投入

Xiaomiの激安なスマートウォッチ

Xiaomi Japanは2024年2月27日(火)、『Xiaomi Smart Band 8 Pro』『Redmi Watch 4』『Xiaomi Watch S3』を3台同時にリリースしました。

市場想定売価はXiaomi Smart Band 8 Pro『8,980円(税込)』、Redmi Watch 4『11,980円(税込)』、Xiaomi Watch S3『18,980円』。3モデルはスペック上どういった違いがあるのか、まずは確認していきましょう。

Xiaomi Smart Band 8 Pro』『Redmi Watch 4』『Xiaomi Watch S3』の主なスペック

モデル名 Xiaomi Smart Band 8 Pro Redmi Watch 4 Xiaomi Watch S3
カラー ブラック/ライトグレー オプシディアンブラック、シルバーグレー シルバー、ブラック
製品材質 GG3強化ガラス(カバー)、高強度ファイバーポリマー + NCVM(シェル) アルミニウム合金(フレーム) アルミ合金製フレーム、ステンレススチール製ベゼル、コーニングガラス
ストラップ材質 TPU TPU フッ素ゴム
サイズ 46mm x 33.35mm x 9.99mm 47.5mm x 41.1mm x 10.5mm 47mm x 47mm x 12mm
重量(ストラップ含まず) 約22.5g 31.5g 44g
ストラップの調節可能な長さ 135~205mm 135mm~205mm 140~210mm
ディスプレイサイズ 1.74インチ 1.97インチ 1.43インチ
ディスプレイタイプ 有機EL 有機EL 有機EL
ディスプレイ解像度 336 x 480、336PPI 390 x 450、302PPI 466 x 466、326PPI
ディスプレイ最大輝度 600ニト 600ニト 600ニト
ディスプレイ最大リフレッシュレート 不明 60Hz(LTPS 5Hz) 60Hz
ディスプレイ自動明るさ調整レベル 不明 不明 256レベル
バッテリー容量 289mAh 470mAh 486mAh
バッテリータイプ リチウムイオンポリマーバッテリー リチウムイオンポリマーバッテリー リチウムイオンポリマーバッテリー
バッテリー持続時間 常時ONモード:6日間、標準使用モード:14日間 常時ONモード:10日間、標準使用モード:20日間、ロングバッテリーモード:30日間 Androidシステムでの標準使用モード:15日間、iOSシステムでの標準使用モード:14.5日間、AOD(常時画面表示)使用時:5日間
動作温度 不明 不明 -10℃~45℃
センサー 加速度計、ジャイロスコープ、光学式心拍数および血中酸素濃度計、環境光センサー 心拍センサー(血中酸素センサーを含む)、加速度計、ジャイロスコープ、環境光センサー、電子コンパス 心拍センサー(血中酸素センサー付属)、加速度計、ジャイロスコープ、電子コンパス、気圧計センサー、環境光センサー、磁気センサー
心拍数モニタリング 4チャネル 4チャネル 12チャネル
スポーツモード 150種類以上 150種類以上 150種類以上
ウォッチフェイス 数百種類 200種類以上 数百種類
ヘルスケア 24 時間血中酸素レベルモニタリング、24 時間心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、ストレスモニタリング、女性の健康管理、深呼吸エクササイズ 24 時間血中酸素レベルモニタリング、24 時間心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、ストレスモニタリング、女性の健康管理、深呼吸エクササイズ 血中酸素レベル測定、心拍数モニタリング、睡眠モニタリング、ストレスモニタリング、女性の健康管理、深呼吸エクササイズ
3Dパーソナルトレーナー 対応 対応 対応
自動モーション認識 対応
クイックジェスチャー制御 対応
充電 マグネット式 マグネット式 マグネット式
マイク 対応 対応
スピーカー 対応 対応
Bluetooth通話 対応 対応
オペレーティングシステム Android 8.0またはiOS 12.0以降 Android 6.0またはiOS 12.0以降 Android 8.0またはiOS 12.0以降
衛星測位システム BeiDou、GPS、GLONASS、Galileo、QZSS BeiDou、GPS、GLONASS、Galileo、QZSS BeiDou、GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
緊急支援 対応(クイック通話) 対応(Androidのみ)
ワイヤレス接続 Bluetooth® 5.3 BLE Bluetooth® 5.3 Bluetooth® 5.2 BLE
NFC 対応
ベゼル交換 対応
回転式クラウン 対応
防水性能 5気圧防水 5気圧防水 5気圧防水
Alexa音声アシスト 対応 対応 対応
その他機能 不明 音楽再生、イ ベント、アラーム、タイマー、天気、着信通知、懐中電 灯、スマートフォンを探す 音楽再生、イ ベント、アラーム、タイマー、天気、着信通知、懐中電 灯、スマートフォンを探す
HyperOS 対応

利便性の高さとモニタリングの正確性を求めるならXiaomi Watch S3

Xiaomi Watch S3

Xiaomiより

最上位モデルとなる『Xiaomi Watch S3(日本モデル)』は、2024年2月27日発売日時点で唯一『HyperOS』をサポート(Redmi Watch 4は海外版がHyperOS対応。Xiaomi Smart Band 8も公式グローバルアカウントがHyperOS対応を名言。今後アップデートされる可能性あり)。ポートレートウォッチ機能などを利用可能です。

あわせて読みたい
Hyper OS X公式アカウントがリリース予定デバイス更新。Xiaomi 12Tシリーズ、Redmi Pad SE等 現在日本モデルにおいては『Xiaomi 11T』『POCO F4 GT』『Redmi Note 11』『Xiaomi Pad 6』にロールアウトが行われている『Xiaomi HyperOS』。 加えて『Xiaomi 13T Pro...

手首をひねったりフリックすることで『通話拒否』『Alexa起動』『天気予報表示』『写真撮影』といった操作を行える『クイックジェスチャーコントロール』に対応しているのも同デバイスの特徴。

あわせて読みたい
HyperOS化したXiaomi Pad 6で原神プレイしたらとんでもない事になった。 2024年1月23日(火)、私が所有するXiaomi(シャオミ)端末にはじめて『HyperOS』が配信。それがタブレットの『Xiaomi Pad 6』でした。 アップデート後は全体的に動作が...

また、下位モデルのXiaomi Smart Band 8 Pro、Redmi Watch 4は『4チャネル』で心拍数のモニタリングを行うのに対し、Xiaomi Watch S3は『12チャネル』。健康状態をより正確(平均心拍数精度97.95%)に把握することが可能です。

Xiaomi Watch S3

Xiaomiより

交換可能なベゼルは、別売りで『オーシャンブルー』『クロームイエロー』『デュアルトーンセラミック』といったカラーを用意。ベゼルを交換すると自動的に『専用ウォッチフェイス』へと切り替わります。

ランニング、ウォーキング、ローイングマシン、エリプティカルマシン、サイクリング、縄跳びといった6種類の運動については、『自動モーション認識機能』がエクササイズデータを自動的に認識。プロ仕様の『スキーモード』もサポートしています。

情報の見やすさ、電池もちの良さで選ぶならRedmi Watch 4

Redmi Watch 4

Xiaomiより

1.97インチ』という2インチに迫る特大有機ELディスプレイを備える『Redmi Watch 4』。今回登場した3製品の中で『見やすさ』を最優先するならコレでしょう。

ステンレススチール製の『回転式クラウン』が導入されたのも大きなポイント。画面タッチに加えてクラウンを操作することで画面の切り替えが可能に。Apple Watchのデジタルクラウンに憧れている人は要チェック。

あわせて読みたい
【使って比較レポ】Xiaomiの廉価スマホ!Redmi 12 5GとRedmi Note 10Tはどちらを買うべき? Xiaomi(シャオミ)が2022年4月26日に発売を開始した5G世代のエントリーモデル『Redmi Note 10T(オープンマーケット版)』。そこから1年半程度経過した2023年10月6日に...

3モデルの内唯一『LTPS技術』を採用し、リフレッシュレートを『5Hz~』に制御。標準使用モードで『20日間』、ロングバッテリーモードにおいては一ヶ月近い『30日間』の長時間駆動を実現しています。

一点気になったのは、Redmi Watch 3に搭載されていた『運動の自動認識』機能が製品説明から消えていたこと。Xiaomi公式サポートにお願いしてRedmi Watch 4の動作を確認してもらった(1分程度振り回したり)ところ、『運動を認識する様な反応は無かった』とのことでした。

あわせて読みたい
3週間使って分かったRedmi 12 5Gのメリット『9つ』デメリット『3つ』を解説。新世代のエントリースマホ... Xiaomi(シャオミ)の廉価(直販価格29,800円)なスマートフォン『Redmi 12 5G』を購入してから、3週間程度が経過。今回は実際に同端末を利用した上で感じた『メリット...

廉価なスマートウォッチよりハイスペックなスマートバンドXiaomi Smart Band 8 Pro

Xiaomi Smart Band 8 Pro

Xiaomiより

スマートバンド』という括りながら、ディスプレイサイズが『1.74インチ』まで拡大し、さらに単体で独立した衛星測位を行える『Xiaomi Smart Band 8 Pro』。もはやこれはスマートウォッチですね。

3製品の中で最廉価モデルですが、『最大輝度600ニト』の明るい有機ELディスプレイを採用していたり、『デュアルチャネル』によるモニタリングに対応するなど他メーカーの低価格なスマートウォッチを性能で凌駕。

あわせて読みたい
Xiaomi 13T Pro、13Tが『望遠カメラ』を搭載する意味とは。大きく撮れるだけではない『真のメリット』 Xiaomi(シャオミ)のスマートフォン『Xiaomi 13T』『Xiaomi 13T Pro』は、焦点距離50mm相当(35mm換算)の『望遠カメラ』を搭載しています。 『メイン(広角)カメラデ...

上位モデルと同様に『3Dアニメーションによるパーソナルトレーナー』や『Alexa音声アシスタント』を使えるのも特徴。『とりあえず安いスマートウォッチ』より『少し高めなスマートバンド』を買った方幸せになれるかと。

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!