中国市場においてもHuaweiが陥落。Vivo、OPPO、Xiaomiがシェアを山分け。Appleはほぼ横ばいに留まる

スマートフォンマーケットシェア

世界第一位の規模を持つ中国のスマートフォン市場。Counterpointの調査結果によると、6月18日に開催された大規模セールが好調となり、2021年6月度は1日から3週間の売上が前月比で15%、前年比で7%増加。

中国スマートフォンシェア

2021年6月3週目までの中国スマートフォンマーケットシェア(Counterpointより)

メーカー別のシェアを見ていくと、VivoOPPOXiaomiがほぼ横並びとなり60%以上のシェアを獲得。AppleHuaweiと続いています。中国では絶対的なシェアを維持していたHuaweiが大きく急落。前年比で見ると23%もシェアを落としている事が分かります。

中国市場前年比

2021年6月3週目までの中国スマートフォンマーケットシェア前年比較(Counterpointより)

Huaweiの後釜として大きくシェアをのばしているのがVivo、OPPO、Xiaomiの3社。Vivoの勢いが止まりませんね。今後HuaweiはHarmony OSの導入でどこまでシェアを奪い返す事が出来るのでしょうか。

Appleは+1%とほぼ横ばい。realmeは様々な割引に加えてニューモデルとなるRealme Q3 Pro Carnivalの投入が功を奏し、前年比10倍の売上を達成したとのこと。シェア率も+4%と存在感を増しています。

世界スマートフォンシェア率

グローバルスマートフォンマーケットシェア(Counterpointより)

Vivo、OPPO、Xiaomiはグローバル市場においても大きくシェアを拡大中。2021年度後半も勢いを持続させる事は出来るのか。今後訪れる新型コロナウィルスからの本格的な景気回復が、スマートフォンマーケットにはどういった影響を与えるのか、注目です。

この記事に関連するカテゴリー

スマートフォン

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!