SoftbankとLINEMOにみる、YouTubeの解像度を少し下げてお金を貯める最近のトレンド節約術。気づけば数万

YouTubeの解像度を下げるとお金が貯まるLINEMO的節約術

通信キャリアであるSoftbankが提供している格安プラン『LINEMO(ラインモ)』。

回線を通信キャリアからレンタルして運営を行っているMVNOとは異なるので、混雑する時間帯でも高速通信を行える事が一番の特徴。平日のお昼時に実測したところ『50Mbps』を超えました。

あわせて読みたい
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるの... MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています...
あわせて読みたい
何コレ速すぎぃ!LINEMOでお昼の混雑時に通信速度を実測。MNOでも価格相応の通信品質かと思ったら全然違... Softbankが提供している格安プラン『LINEMO(ラインモ)』。回線を通信キャリアからレンタルしてサービス提供している『MVNO(Mobile Virtual Network Operator)』とは...

これ以上の通信速度を求めるのであれば、光回線を利用するか大本となるSoftbankを契約する必要があります。しかし本当にこれ以上の速度は必要なのか?

1円からのスマホセール

SoftbankLINEMOと同等の契約を行ったらどれくらいのランニングコストが発生するかを調べてみました。

LINEMO(ミニプラン) Softbank(ミニフィットプラン)
データ量 3GB ~3GB
基本料金 990円 5,478円
3GB超過後の通信速度 最大300kbps 最大128kbps
通話料金 22円/30秒 22円/30秒
5分以内かけ放題 550円 880円
24時間かけ放題 1,650円 1,980円
契約事務手数料 0円 3,300円
契約解除料 0円 契約状況により異なる
MNP転出手数料 0円 0円

LINEMOの『ミニプラン』は月に高速通信出来るデータ量が『3GB』で基本料金は『990円(税込)』。Softbankの『ミニフィットプラン』は基本料金5,478円(税込)

速度以前にここまで料金差があると、比較対象とするのは中々難しいですね。Softbankは3GB超過後の最大速度が128kbpsに制限されるのも注意点。月に発生するデータ通信が3GBで収まるという人は、問答無用でLINEMOを選択したほうが良いかと。

LINEMO(スマホプラン) Softbank(メリハリ無制限)
データ量 20GB 無制限(テザリング、データシェア子回線での通信は月間30GBに制限)
基本料金 2,728円 7,238円
データ量超過後の速度 最大1Mbps 最大128kbps
通話料金 22円/30秒 22円/30秒
5分以内かけ放題 550円 880円
24時間かけ放題 1,650円 1,980円
契約事務手数料 0円 3,300円
契約解除料 0円 契約状況により異なる
MNP転出手数料 0円 0円

メインとなるのがコチラ。LINEMOは『スマホプラン』でSoftbankは『メリハリ無制限』。LINEMOは月のデータ量が『20GB』に定められているのに対し、Softbankは『無制限』。

ただしテザリングでは月のデータ量が『30GB』と定められているので、あくまでスマートフォンに特化した使い方と認識しておきましょう。

Xiaomi 11T ProとXiaomi 11Tで夜景撮り比べ

1Mbpsは1秒間に送受信可能なデータ転送速度。データ量を示すbyteに変換すると0.125MBとなります。下りが50Mbpsの場合、10秒6.25MB60秒(1分)で37.5MB60分(1時間)で2.25GB程度のデータを受信出来るという事に。

これ以上の高速通信を必要とするのは『ゲームのダウンロード』『超高解像度動画のストリーミング再生』以外思いつきません。ゲームのダウンロードは頻繁に行うものではないですし、4Kや8Kの動画はそもそもスマートフォンのディスプレイ側が非対応の場合がほとんど。

ただし『ストリーミング動画の再生』は速度以外にデータ量も重要になります。LINEモバイルが公表している内容を参考にすると、1080p(フルHD画質)のデータを1時間再生すると『2GB』のデータ通信が発生。LINEMOでは『20時間』程度で定められたデータ量をオーバーしてしまうことに。Softbankは『無制限』なので1080pで観続けられます。

動画のデータ通信量

LINEモバイルより

LINEMOは20GBを使い切ると最大『1Mbps』の通信速度に切り替わります。Softbankの最大『128kbps』と比較すればかなり実用的。ではこの1Mbps、どの程度の解像度で動画を観る事が出来るのでしょうか。

Youtube見放題オプション

下りが1Mbpsの場合、10秒1.25MB60秒(1分)で7.5MB60分(1時間)で450MBのデータを受信可能。実際に試すと480p(SD画質)程度までは問題なく再生出来ます。YouTubeが推奨している『持続的な速度』にも大体一致。

YouTubeが公表している推奨速度

動画の解像度 推奨される持続的な速度
4K 20 Mbps
HD 1080p 5 Mbps
HD 720p 2.5 Mbps
SD 480p 1.1 Mbps
SD 360p 0.7 Mbps

480p(SD画質)の動画をパソコンの画面で再生すると『画質がやや荒い』と感じるでしょう。しかしスマートフォン程度の画面サイズであれば別。

試しにYouTubeで再生解像度を『480p』『1080p』に切り替え(YouTubeアプリで1080pに対応する動画を表示。右上の●が縦に3つならんだアイコンから『画質』→『詳細設定』)てみてください。

youtube解像度

YouTubeより

切り替えて画質の違いが『ハッキリと分かった』人はSoftbankを契約する価値があると思います。逆に『あまり違いが分からない』のであればLINEMOで十分。

一人で契約する場合、基本料金差は月に『4,510円』。年換算すると『54,120円』。2年で『108,240円』。ハイエンドのスマートフォンが1台買えてしまいます。

iPhoneからの機種変にお勧めなAndroidスマホ

銀行にお金を預けても殆ど利息がつかない昨今だからこそ、大いに価値のある通信料金の節約。SB(Softbank)からLINEMOに乗り換えしてSD(480p)へ。普段観ているストリーミング動画の解像度を少し下げて、その分生活を豊かにしましょう。

あわせて読みたい
デフォルトは危険!ahamo、LINEMO、povo 2.0ユーザーはYouTubeの解像度を絶対指定した方が良い理由 『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』は、NTTドコモ、Softbank、KDDIが提供している格安プラン。通信キャリアが直接提供している『MNO』サービスに該当するので、混雑が想定...
投稿が見つかりません。
あわせて読みたい
SIM選びに迷ったらとりあえずahamo、LINEMO、povo2.0を試した方が良い理由。大正解はこの中にきっとある 通信業者によっては契約時に『契約事務手数料(3,300円程度)』が発生します。しかし通信キャリアNTTドコモが提供している『ahamo』、Softbankの『LINEMO』、KDDIの『po...
あわせて読みたい
格安プランのahamoやLINEMOなら『20GB』使い終わった後でもYouTubeを観たり音楽を聴き続けられる理由。 通信キャリアが提供している格安プラン『ahamo』と『LINEMO』。通信容量は月に『20GB』と定められています(LINEMOはスマホプランの場合)。そこそこ大容量にも感じます...

この記事に関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...
あわせて読みたい
【7月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!