Xperia 10 IIユーザーがXperia 10 III Liteを欲しくなる理由。オーディオ拡張機能が最強進化!

音楽環境が大きく改善されたXperia 10 III Lite

SONYより

SONYが2021年8月27日から発売を開始した『Xperia 10 III Lite』。『Xperia 10 III』との主な違いはストレージの容量。Xperia 10 IIIが128GBなのに対し、Xperia 10 III Liteは64GB

スマホ

SONYより

もっとも、Xperia 10 III LiteはMicro SDカードをサポートしているので、容量に関しては然程気にする必要は無いかと。

また、Xperia 10 III LiteはXperia 10 IIIでは非対応となる『eSIM』に対応。eSIMは物理的なSIMカードを必要としません。通信業者とのオンライン上のやりとり、スマートフォン側の設定のみで通信環境を簡単に構築出来ます。

オーディオプレーヤーWALKMANの開発元でもあるSONY。一部のXperiaはそのWALKMANの高音質技術『DSEE』を搭載しています。DSEEには音声圧縮で失った音の再現性を高め、ハイレゾ相当にアップコンバートする効果があります。

音声拡張

DSEE Ultimateについて(SONYより)

Xperia 10 IIIシリーズの前モデルとなるXperia 10 IIは『DSEE HX』に対応。DSEE HXの効果を得るには純正の『ミュージックアプリ』を使用する必要があり、『ストリーミング音楽』には非対応。さらに接続方法は『有線』に限定。

ストリーミング音楽をBluetooth接続で聴くのが主流となっている今の現状からいくと、正直利便性が良いとは言えません。私はXperia 10 IIを所有していますが、DSEE HXの恩恵を受けた事は殆どありません。

Xperia 10 III Liteでは『DSEE HX』が『DSEE Ultimate』へと進化。このアップグレードにより、ついにDSEEは『ストリーミング音楽』『ワイヤレス接続(LDACに対応するヘッドフォンが必要)』に対応したのです。

DSEE Ultimate

SONYより

Xperia 10 III Liteで音楽を聴くのに最もお勧めしたいヘッドフォンが、Bluetoothハイレゾコーデック『LDAC』をサポートする『Soundcore Life Q35』。LDACに対応しつつ高級感のあるデザイン。それでいて1万円程度で買える抜群のコストパフォーマンスが魅力です。

あわせて読みたい
【レビュー】LDAC対応で1万円ちょいのヘッドフォン!Anker Soundcore Life Q35の出来栄えとは。 『LDAC対応』に惹かれてまたヘッドフォンを購入してしまいました。Ankerの『Soundcore Life Q35』です。通常販売価格は『10,990円(税込)』。LDACに対応するヘッドフォ...

私はSoundcore Life Q35を実際に使用していますが、価格からは到底考えられない素晴らしい音質。個人的には『ボーカル』『楽器』『反響』『低音』のが特に優れていると感じました。ANC(アクティブノイズキャンセル)までサポートしているから驚きです。

ヘッドフォン

LDACは『96kHz/24bit』のサンプリング周波数とビット深度に対応する高音質コーデック。ただし『非可逆圧縮』を採用しているので、圧縮をかける際に一部の音が損失するというのが欠点。

その部分の再現性を高めてくれるのがXperia 10 III Liteの『DSEE Ultimate』。まさにBluetoothでハイレゾを聴くには最高の組み合わせと言えます。

DSEE

SONYより

少し前までハイレゾは一曲単位でダウンロードしてオフライン環境で聴く必要がありました。しかし今はAmazon Music HDApple Musicといった高解像度ストリーミングサービスが誕生し、誰でも容易にハイレゾ音源を楽しめるようになりました。

しかも月額利用料金が980円(Amazon Music HDはプライム会員であれば780円)という信じられない安さ。Xperia 10 III LiteSoundcore Life Q35で最強コスパなハイレゾライフをエンジョイしましょう!

SONY Xperia 10 III Liteを購入すべきポイント

防水

SONYより

  • SONYがBRAVIAで培った映像技術のノウハウを取り入れたTRILUMINOS®DISPLAY for mobileを採用する21:9比率有機ELディスプレイ。HDRコンテンツの再生にも対応。
  • SON独自のAI技術により、MP3やAACの圧縮音源をハイレゾ相当の高音質にアップスケーリングするDSEE Ultimate機能を搭載。DSEE Ultimateはストリーミングサービスに加えワイヤレスヘッドフォンにおける再生にも対応。
  • SONYの空間音響技術を駆使した360 Reality Audioをサポート。
  • 無線でもハイレゾ音源を楽しめるBluetoothコーデックLDACに対応。
  • 約169の軽量ボディ。細長なスリム設計なので片手持ちが容易。
  • 4,500mAhの大容量電池搭載と省電力設計により最大20時間の連続動画再生を実現。
  • 3年使ってもバッテリーが劣化しにくい最新充電技術いたわり充電を採用。
  • 最高水準の防塵防水規格IP68に準拠。お風呂でスマホを使用しているユーザーにもお勧め。
  • FeliCaチップ搭載でおサイフケータイに対応。SuicaやPASMOの定期発行をスマートフォンから行える。
  • 広角、超広角、望遠撮影が可能なトリプルカメラ搭載。
  • 望遠カメラは物理的に被写体を拡大する光学2倍ズームに対応。
  • 5GネットワークをサポートするSnapdragon 690 5G搭載。安定した動作と超高速通信が可能。
  • eSIMへの対応によりオンライン上のやりとりのみであっという間にSIMが開通。
  • docomo、Softbank、au、楽天モバイルといった幅広い通信回線をサポート。使いたいSIMを利用出来る。

SONY Xperia 10 III Liteを購入可能な店舗

投稿が見つかりません。

格安SIMの音声対応SIM利用料金一覧(税込)

OCNモバイルONE IIJmio BIGLOBEモバイル イオンモバイル
1GB:770円 2GB:858円 1GB:1,078円 0.5GB:1,023円
3GB:990円 4GB:1,078円 3GB:1,200円 2GB:1078円
6GB:1,320円 8GB:1,518円 6GB:1,870円 3GB:1,298円
10GB:1,760円 15GB:1,848円 5GB:1,518円
20GB:2,068円 10GB:2,068円

SONY Xperia 10 III Liteの主な仕様

Xperia 10 III Lite
Soc Snapdragon 690 5G(8nm)
容量 6GB:64GB(Xperia 10 III Lite)※Micro SD:対応(最大1TBまで)
電池 4,500mAh(最大30W急速充電)
重量 169g
画面
  • サイズ:6.0インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:60Hz
  • HDR:対応
カメラ メインカメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • F値:1.8
  • 焦点距離:27mm
  • オートフォーカス:PDAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平120度
  • 焦点距離:16mm
  • F値:2.2

望遠カメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.4
  • 焦点距離:16mm
  • 望遠:光学2倍
  • オートフォーカス:PDAF

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
  • 焦点距離:24mm
防水防塵 IP68
オーディオ
  • スピーカー:モノラル
  • ハイレゾ:対応
  • オーディオジャック:搭載
SIM nanoSIM/eSIM(Dual SIM運用、DSDV対応)
おサイフケータイ 対応
OS Android™ 11

Xperia 10 III Liteにお勧めな格安SIM

Xperia 10 III Liteが対応する周波数帯

  • 5G:n77, n78
  • 4G:Band 1, 3, 4, 12, 18, 19, 38, 41
  • 3G:Band 1, 4
  • 2G:850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz
docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況
  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio、ahamo

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況
  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況
  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

音声対応SIMの利用料金が一番安い格安SIMはOCNモバイルONE

最も利用料金が安いのはOCNモバイルONE。容量は1GBと少なめですが、在宅ワークに切り替わり、インターネットの利用は殆どWi-Fi接続という人にとっては最適なプラン。容量にやや余裕を持たせたいという人はIIJmioの2GBで858円もお勧め。千円以内でスマートフォンが持てる時代がやってきました。

OCNモバイルONEなら月額770円でスマートフォンが持てる

OCNモバイルONEより

OCNモバイルONEを利用するメリット

格安SIMのOCNモバイルONEは月額770円でスマホが運用出来る!音楽聴き放題!Wi-Fiスポット使い放題!

OCNモバイルONEより

  • 音声対応SIMの利用料金が770円(1GB)~
  • 対応する音楽配信サービスの通信が追加料金無しでノーカウントに(MUSICカウントフリー)
  • 容量128GBで月額330円(税込)のオンラインストレージマイポケットの通信がカウントフリー
  • SIMの契約時にスマートフォンを同時購入すると大きな割引を受けられる
  • 余ったデータを翌月に繰越し出来る
  • 専用アプリなしで通話料金が半額
  • 高速/低速(一定容量まで高速通信するバースト転送対応)の切り替えが可能
  • 最低契約期間無し、解約金及びMNP転出手数料0円

>>OCNモバイルONE(限定セール中)

IIJmioを利用するメリット

IIJmioは月額857円で2GB使える!低速300kbsで5Gネットワークにも対応!

IIJmioより

  • 音声対応SIMの利用料金が850円(2GB)~
  • みおふぉんダイヤルアプリを使えば通話料金半額
  • SIMの契約時にスマートフォンを同時購入すると大きな割引が受けられる
  • docomo/auから回線を選べる
  • 余ったデータを翌月に繰越し出来る
  • 高速/低速の切り替えが可能
  • 低速時の速度が最大300kbps
  • 5Gネットワークが使える
  • 解約金及びMNP転出手数料0円

>>IIJmio

BIGLOBEモバイルを利用するメリット

BIGLOBEモバイルと言えばエンタメフリーオプション!308円追加するだけでYouTubeが観放題、対応音楽配信サービス聴き放題に!

BIGLOBEモバイルより

  • 月額308円のエンタメフリー・オプションに申し込めば対象となる動画、音楽、電子書籍配信サービスに関する通信がカウントフリー
  • BIGLOBEでんわアプリを使えば通話料金半額
  • SIMの契約時にスマートフォンを同時購入すると大きな割引が受けられる
  • 余ったデータを翌月に繰越し出来る
  • docomo/auから回線を選べる

>>BIGLOBEモバイル

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!