1万円台で買えるスマホは2年ちょっとでどの程度進化した?Xiaomi Redmi 9TとRedmi S2を比較してみた

日本市場に『1万円台』で投入されたRedmi 9T。これまで1万円台で買えるスマートフォンと言えば『すぐに電池がなくなる』『長い時間使っていると画面が固まって落ちる』など、買わない方が良いレベルのものばかり。しかし Redmi 9Tの場合は違います。

1万円台で購入出来るスマートフォンRedmi 9T

Xiaomi Redmi 9T

Xiaomiが日本に参入したのは2019年。まだ1年足らずしか時間が経過していません。しかし設立されたのは2010年と10年以上前。その頃からスマートフォンを作り続けています。

2018年5月にリリースされたRedmi S2Redmi 9Tと同程度の価格で発売されており、当時は同じような位置づけでした。すでに発売から2年半以上経過していますがアップデートはしっかりと行われ、最新OS『MIUI12』を利用する事が可能。今でも使おうとすれば使えてしまうRedmi S2ですが、Redmi 9Tとのスペック差はやはり相当なもの。

Xiaomi Redmi 9T Xiaomi Redmi S2
Soc Snapdragon 662 Snapdragon 625
容量 4GB/64GB(LPDDR4X + UFS 2.1) 3GB/64GB(LPDDR3 + eMMC 5.1)
電池 6,000mAh 3,080mAh
重量 約198g 約170g
画面 6.53インチ(フルHD+、液晶) 5.99インチ(HD+、液晶)
素材 ディスプレイ:ゴリラガラス3
ボディ:プラスチック
ボディ:プラスチック
カメラ 【メインカメラ】

解像度:4800万画素

F値:1.79

焦点距離:26mmm

センサーサイズ:1/2.0

画素サイズ:0.8µm

1.6μm 4-in-1
スーパーピクセル

オートフォーカス:PDAF

【超広角カメラ】

解像度:800万画素

視野角:水平120度

F値:2.2

センサーサイズ:1/4.0

画素サイズ:1.12µm

【深度測定カメラ】

解像度:200万画素
F値:2.4

【マクロカメラ】

解像度:200万画素
F値:2.4

【メインカメラ】

解像度:1200万画素

F値:2.2

画素サイズ:1.25µm

オートフォーカス:PDAF

【深度測定カメラ】

解像度:500万画素

F値:2.4

ディスプレイはHD+からフルHD+へと高解像度化。Redmi S2が発売された頃は、フルHD+と言えばワンランク上の扱いでした。さらにサイズも0.5インチ大型化。情報の見やすさが格段に向上しています。

高解像度化は消費電力が上がるというデメリットもありますが、Redmi 9Tの電池容量は6,000mAhと約2倍。Socやストレージの省電力化も進んでいるので、駆動時間が短くなっているという事は絶対にありません。

Redmi S2とRedmi 9Tのディスプレイ

SocはSnapdragon 625からSnapdragon 662へ。Snapdragon 662も内容的にはそこまで最新のスペックとは言えませんが、625と比較すると確実に進化しているのは間違いなし。Antutuのベンチマークスコアでその性能差を検証してみました。

Redmi S2の処理能力

Xiaomi Redmi S2のAntutuベンチマークスコア

Redmi 9Tの処理能力

Xiaomi Redmi 9TのAntutuベンチマークスコア

Redmi S2が『98878』でRedmi 9Tは『183745』。この結果から大体2倍程度性能が向上している事が明らかに。GPUに関しては3倍以上と顕著です。最近の3Dゲーム、Redmi S2では間違いなく遊べないですね。試すのも気が引けます。

続いてはデータの移動やアプリケーションの読み込み速度に影響を与えるストレージのスピードについて。Andro Benchでチェックしてみましょう。

Redmi S2のストレージはeMMC

Xiaomi Redmi S2のAndro Benchスコア

Xiaomi Redmi 9TのストレージはUFS2.1

Xiaomi Redmi 9TのAndro Benchスコア

Redmi S2はストレージに『eMMC』を採用。 eMMCはUFSより性能が低く、かつ電力消費も高め。Redmi 9Tが採用しているUFS2.1では速度の向上に加えて低消費電力化も行われています。

カメラ性能はどうでしょう。Redmi S2は『1万円台なのにポートレートモードが使える』というのがウリでした。

Redmi S2で撮影したあじさいの写真

Xiaomi Redmi S2で撮影した写真

Redmi S2で撮影したパンジーの写真

Xiaomi Redmi S2で撮影した写真

Redmi S2で撮影した公園の写真

Xiaomi Redmi S2で撮影した写真

この写真を撮った時は画質に満足していましたが、今見ると全体的にややボヤケている印象。背景のボケも不自然な箇所がチラホラ。2021年の1万円台スマホRedmi 9Tは被写体の認識精度が上がり画質がシャープに。グレードがワンランク上になった印象です。

Xiaomi Redmi 9Tのメインカメラで梅の写真を撮影

Xiaomi Redmi 9Tで撮影した写真

Xiaomi Redmi 9Tで撮影した夕暮れの写真

Xiaomi Redmi 9Tで撮影した写真

そして何より夜景モードの搭載が大きいですね。最近でもミッドレンジは夜景モードの非対応が珍しくありません。Redmi S2もポートレートモードが限界です。夜景の画質は上を見ればキリがありませんが、この価格帯のスマートフォンで人に見せられるレベルの夜景が撮れるというのは、やはり目覚ましい進化の一つと言えるでしょう。

Xiaomi Redmi 9Tの夜景モードで撮影した町並みの写真

Xiaomi Redmi 9Tで撮影(夜景モード)

Xiaomi Redmi 9Tの夜景モードで撮影した町並みの写真

Xiaomi Redmi 9Tで撮影(夜景モード)

2年半で画面は高解像度化し、Soc性能、ストレージ速度が2倍程度に向上。駆動時間は長くなり、さらにカメラ画質が大幅にアップ。もし2年程度前に購入した安いスマートフォンを『壊れてないから』という理由で今も使い続けている人がいたら、Redmi 9Tへの買い替えを全力でオススメします。

Xiaomi Redmi S2とRedmi 9T

Xiaomi Redmi 9Tに関連する動画

Xiaomi Redmi 9Tを購入可能な店舗

Amazon楽天市場OCN モバイル ONEIIJmioBIGLOBEモバイル

Xiaomi Redmi 9Tに関連する記事

Xiaomi Redmi 9Tの仕様

Xiaomi Redmi 9T
Soc Snapdragon 662
容量 4GB/64GB(LPDDR4X + UFS 2.1)
電池 6,000mAh
充電 最大18W  逆充電:最大2.5W
重量 約198g
画面 6.53インチ(フルHD+、液晶)
素材 ディスプレイ:ゴリラガラス3
ボディ:プラスチック
カメラ 【メインカメラ】

解像度:4800万画素

F値:1.79

焦点距離:26mmm

センサーサイズ:1/2.0

画素サイズ:0.8µm

1.6μm 4-in-1
スーパーピクセル

オートフォーカス:PDAF

【超広角カメラ】

解像度:800万画素

視野角:水平120度

F値:2.2

センサーサイズ:1/4.0

画素サイズ:1.12µm

【深度測定カメラ】

解像度:200万画素
F値:2.4

【マクロカメラ】

解像度:200万画素
F値:2.4

センサー 近接センサー 、周囲光センサー、加速度センサー、電子コンパス 、振動モーター、赤外線ブラスター
ハイレゾ 対応
スピーカー ステレオ(デュアル)
対応バンド 【2G GSM】
B2/3/5/8【3G WCDMA】
B1/2/4/5/6/8/19【4G TDD-LTE】
B38/40/41【4G FDD-LTE】
B1/2/3/4/5/7/8/
18/19/20/26/28

Xiaomi Redmi 9Tにお勧めな格安SIM

[st-card id=66589 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

docomoの4G/5G周波数帯対応状況

4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONE

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEモバイル

auの4G/5G周波数帯対応状況

4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G/5G周波数帯対応状況

4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

関連するカテゴリー

XiaomiRedmi 9T

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする