メモリ8GBのmoto g24でChromeのタブを『60個』開いた結果。大容量の優位性はいかに

moto g24 8GB

パソコンを使用していて『動きが急に遅くなった』というときは、下のタスクバーをマウスで右クリックして『タスクマネージャー』を開きましょう。動きを遅くしている原因を一目で特定出来ます。

この記事に書かれている内容一覧

  • 一般的な使い方でメモリ容量を圧迫しているのは大体ブラウザ
  • メモリ容量を確保するためスマートフォンではタスクキルが発動。メリットとデメリットあり
  • ブラウザ(Chrome)はキルされづらい。メモリ4GB(moto g13)と8GB(moto g24)でタブを60個開いて違いを検証
  • Chromeヘビーユーザーはメモリ大容量の恩恵を受けやすい
  • moto g24に追加されたRAMブーストは基本OFF推奨
  • moto g24のスペック
  • moto g24にお勧めな格安SIM
  • 関連リンク
あわせて読みたい
【買った】moto g24は『3D PMMA』採用でカメラ部がシームレスに隆起!デザインとフィット感良好。指紋目... 『8GB』の大容量メモリを採用するMotorola(モトローラ)のエントリースマートフォン『moto g24』。直販価格はなんと『20,800円(税込)』。あまりに安いので衝動買いし...

一般的な使い方でメモリ容量を圧迫しているのは大体ブラウザ

高い確率で『主な原因』となっているのが『ブラウザ』です。私の場合はGoogleの『Chrome』をメインに使っているので、Chromeのタブやウィンドウが増えるほど『メモリ消費量』が増加。

プロセス

気づけば100%付近という事も珍しくはありません。パソコンの動作環境を調理場に例えると、CPUは『シェフ』です。CPUの稼働率が上がりすぎている時は、シェフがてんてこ舞いで手が回らない状態。

メモリは『まな板』に該当。まな板の上に食材が増えすぎると調理がストップ。それが『動作の遅れ』を示します。

メモリ容量を確保するためスマートフォンでは自動タスクキルが発動。メリットとデメリットあり

上記の現象が起きるのは、パソコンだけでなく『スマートフォン』も同じ。『複数のアプリを同時に起動』『ブラウザでタブやウィンドウを増やす』といったマルチタスク状態は、動作の遅れに直結。

各スマートフォンメーカーはそういった状況を避けるため、自動的に使用していないタスク(アプリ)を終了する機能を導入。無駄にアプリが起動していなければ、メモリを制御出来て電池もちも改善。

一見良いことばかりですが、メモリはストレージと比較して動作速度が格段に速いのが特徴。うまく使えば体感速度を上げることが出来るのです。アプリのアイコンをタップして『一瞬で開いた』だと感じる時は、大体『メモリ』からの起動。遅い時は内蔵ストレージです。

ブラウザ以外でメモリ消費が大きいのは『3Dゲーム』や『高解像度動画書き出し時』など。よってそれらの使い方が想定されるハイエンドにおいては、一定のメモリ容量を空けておくのが理想的。

負荷の重い作業が不向きのエントリーモデルでは、そこまで神経質にメモリ容量を確保する必要は無いはず。しかし最近のスマートフォンは『タスクキル』が強すぎて、色々設定を変えても気づけばアプリが終了しています。

あわせて読みたい
【実機テスト】moto g24の電池もちをチェック!動画視聴、SNS(X)、ナビ&音楽鑑賞 直販価格約2万円の廉価モデルながら、音響効果(DOLBY ATMOS)から『空間オーディオ』を選択可能なMotorolaのスマートフォン『moto g24』。内蔵スピーカーや接続したイ...

ブラウザ(Chrome)はキルされづらい。メモリ4GB(moto g13)と8GB(moto g24)でタブを60個開いて違いを検証

ただしメモリを消費しやすい『ブラウザ(Chrome)』に関して言えばそうでもない。

今回はメモリ容量が2倍(8GB)に増量されたMotorolaの『moto g24』と、メモリ容量4GBmoto g13を使用してChromeで『60個』タブを増やし(それぞれ別々のページ)、どの程度『メモリからページを開けるか』を検証。

まずはChrome以外のアプリを全て終了し、moto g13でタブを60個開きました(なかなか面倒な作業)。1個目のタブから開き直すと、いきなり読み込みに時間がかかる。つまりメモリから開けていない再読み込み状態!

あわせて読みたい
【試した】moto g24は『空間オーディオスマホ』だった!内蔵スピーカーやイヤフォンに効果をプラス。音... 直販価格約2万円(20,800円)の超廉価なMotorolaのエントリーモデル『moto g24』。3Dプリンター用の樹脂素材を使用し、デザイン(造形美)に関してはお値段以上の仕上が...

どこまで再読み込みが続くのかと思ったら、何と『全部』でした。最初に60個のタブを開いている途中で、moto 13のメモリ容量は500MBを切る程度まで圧迫。そこから更に減る事は無かったので、その辺りが『メモリ4GBの限界』だったということか。

続いて8GBのmoto g24で挑戦(ストレージをメモリの代わりに代用するRAMブーストはOFF)。同じ結果にならないかと冷や冷やしながら、とりあえず60個のタブを開きました。4GB分がみるみる吸収され、最終的には700MB程度まで減少。

先程と同じように1つ目のタブを開いてみると、一瞬でパッと表示!明らかにメモリから開いています。その状況が45個目のタブまで続き、46個目から50個目までは再読み込み。51個目から60個目までは高速でした。

Chromeヘビーユーザーはメモリ大容量の恩恵を受けやすい

moto g24では結果的に、『タブ60個中55個』をメモリから開く事が出来ました。moto g13とmoto g24は同じSoc(helio G85)とストレージ規格(eMMC5.1)を採用。CPUとストレージの性能が控えめなので、データの処理には若干時間がかかります。

あわせて読みたい
【実機使用】moto g24のAnTuTuベンチマークや実際の操作感(動画あり)を検証。 直販価格が約2万円(20,800円)の激安スマートフォン『Motorola moto g24』。この価格帯のスマートフォンには出来る限り『期待値』を下げるべき。 しかしmoto g24には3D...

Chromeに関して言えば、『メモリ』を有効活用することで、読み込み時間を短縮することが可能だと把握。空間オーディオ効果も使える同端末。やはりサブ機としては優秀ですね。

moto g24に追加されたRAMブーストは基本OFF推奨

ちなみに、moto g24ではmoto g13で使えなかった『RAMブースト』が使えます。同機能をONにするとストレージの一部をメモリとして代用する事が可能(最大8GBまで)。

moto g13の様にメモリが少ない端末では一定の効果を得られますが、moto g24は折角のメモリ大容量モデル。わざわざ性能がイマイチのストレージをメモリとして代用する必要は、個人的に『無い』と考えます。RAMブーストはOFF推奨です。

Motorola moto g24のスペック

Motorola moto g24
Soc MediaTek Helio G85
容量 8GB/128GB
電池 5,000mAh
重量 約181g
画面
  • サイズ:6.6インチ
  • 種類: 液晶
  • 画面比率:20:9
  • 解像度:1,612×720ピクセル
  • リフレッシュレート:90Hz
カメラ リアカメラ

  • メインカメラ
    解像度:5,000万画素
    F値:1.8
    オートフォーカス:PDAF
  • マクロカメラ
    解像度:200万画素
    F値:2.4

フロントカメラ

  • メインカメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.0
イヤフォンマイクジャック 対応
Bluetooth 5.0
位置情報 GPS, A-GPS, GLONASS, Galileo
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz / 5GHz)
SIM NanoSIM カード×2(DSDV)
防塵防水 IP52
指紋認証 側面
スピーカー ステレオ(DOLBY ATMOS対応)
NFC 対応
Micro SDカード 対応(最大1TBまで)

Motorola moto g24にお勧めな格安SIM

  • 4G:LTE LTE B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40/B41
  • 3G:W-CDMA B1/B2/B5/B8
  • 2G:GSM 850MHz/900MHz/1,800MHz/1,900MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(×)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(×)

au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

関連リンク

あわせて読みたい
【IIJmioの4月特典】スマホ110円~!フリップ式が大幅値下げ。月額料金最大6ヶ月間440円割引&家族割継続 格安モバイル通信サービス『IIJmio』を提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年4月1日(月)に『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
  • URLをコピーしました!