中国市場へのSoc出荷台数はQualcommが堅調。UNISOCは前年比で驚異的な伸びを記録。廉価帯へのニーズに寄与

unisoc

unisocより

中国に拠点を置くリサーチ会社『CINNO Research』が、2021年『9月度』と『第3四半期』の中国市場におけるSocのメーカー別出荷数を発表しました。

Soc出荷台数

CINNO Researchより

2021年9月度はQualcommが1位となり860万台を出荷。前年同月比では+59.2%の成長を遂げています。2位はMediaTekで840万台。前年同月比は-2.8%と僅かに減退しつつもQualcommに近い出荷台数を維持。3位はAppleで370万台出荷。前年同月比+43.6%と堅調です。5位に入り120万台の出荷を記録したUNISOCは前年同月比で10291.3%というダントツの伸び率。

2021年第3四半期Soc出荷台数

CINNO Researchより

2021年第3四半期はMediaTekQualcommがそれぞれ2,880万台を出荷。ただし前年同期比ではMediaTekが+24.8%なのに対しQualcommは+32.1%。昨年から勢いを増しており、その結果が2021年9月度にも表れています。

UNISOCは2021年第3四半期も前年同期比14726.1%と驚異的な成長率。精彩を欠くHislliconに迫る410万台を出荷しています。UNISOCは廉価なスマートフォンやタブレット用のSocを中心に開発しているメーカー。Honor、TCL、Realme、Infinix、Nokia、ZTE、TECLAST、 Blackviewなどに幅広く供給しています。

タブレット

UNISOC T618を搭載するTeclast M40 pro

5Gネットワーク対応の最新モデル『Tanggula T760』は主力メーカーに近い6nmのプロセルルールを採用。今後こういった先端モデルをどれだけ積極的に売り込んでいけるかが、高い成長率を維持する鍵となるでしょう。搭載モデルを1台買ってみようかな。

この記事に関連するカテゴリー

スマートフォンタブレット

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
楽天カード新規入会・利用&楽天モバイルはじめて申し込みで最大『3万円相当』ポイントプレゼントのマジ... 楽天モバイルが、2024年6月14日(金)午前10時~7月1日(金)午前10時までの期間限定(WEBの場合)で『【楽天カード会員様対象】楽天モバイル初めてお申し込みで20,000...
あわせて読みたい
【6月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!