【撮った】moto g24のカメラ(写真)作例。moto g13との比較も

moto g24カメラ撮影

Motorolaの廉価なスマートフォン『moto g24』。約2万円という直販価格なので、過度な期待をすべきでは絶対にありません。

ただし実際に使ってみると『見た目のデザイン』『オーディオ環境』など満足度の高い要素もチラホラ。

あわせて読みたい
【買った】moto g24は『3D PMMA』採用でカメラ部がシームレスに隆起!デザインとフィット感良好。指紋目... 『8GB』の大容量メモリを採用するMotorola(モトローラ)のエントリースマートフォン『moto g24』。直販価格はなんと『20,800円(税込)』。あまりに安いので衝動買いし...
あわせて読みたい
【試した】moto g24は『空間オーディオスマホ』だった!内蔵スピーカーやイヤフォンに効果をプラス。音... 直販価格約2万円(20,800円)の超廉価なMotorolaのエントリーモデル『moto g24』。3Dプリンター用の樹脂素材を使用し、デザイン(造形美)に関してはお値段以上の仕上が...

電池もち』も他社のスマートフォンと実際に比較してみて悪くない。『メモリ大容量(8GB)』の明確な優位性も発見。

あわせて読みたい
【実機テスト】moto g24の電池もちをチェック!動画視聴、SNS(X)、ナビ&音楽鑑賞 直販価格約2万円の廉価モデルながら、音響効果(DOLBY ATMOS)から『空間オーディオ』を選択可能なMotorolaのスマートフォン『moto g24』。内蔵スピーカーや接続したイ...
あわせて読みたい
メモリ8GBのmoto g24でChromeのタブを『60個』開いた結果。大容量の優位性はいかに パソコンを使用していて『動きが急に遅くなった』というときは、下のタスクバーをマウスで右クリックして『タスクマネージャー』を開きましょう。動きを遅くしている原...

おサイフケータイは使えませんが、NFC(A/B)をサポートしているので『タッチ決済』は利用可能。

あわせて読みたい
【おサイフケータイ非対応】moto g24で『タッチ決済』を設定する方法。 モトローラの廉価なスマートフォン『moto g24』は『おサイフケータイ』に非対応。しかし『QRコード決済しか使えない』というわけではありません。 FeliCa(NFC Type-F)...

スマートフォンヘビーユーザー以外はメイン端末として使っても恐らく支障なし。ハイエンド所有者は『サブ機として有効活用出来そう』というのが、ここまでmoto g24を使って色々な検証を行った私の意見。

もう一点気になっていたのが『カメラ画質』です。最近のスマートフォンは最適化が進み、明るい場所においては廉価モデルでもソコソコの画質を得られるようになりました。

カメラの画質に大きな影響を与える『イメージセンサー』『レンズ』に加えて、画像を処理する『ISP』は旧モデルとなるmoto g13と同じ『moto g24』。つまりハードの面では『大きな改善を見込めない』というのが正直なところ。

moto g24のカメラアプリを起動してみると、まずUIが大きく変わっていることに気が付きました。バージョンを確認すると『9.0.30.02(moto g13)』が『14.0.00.93』に。

カメラがージョン

カメラアプリのアップデートにより、moto g13から『何かしらの画質の変化』は起きているかもしれません。

とはいえハードウェアが同じなので、『劇的な画質の向上』は想定外。ちょっとした『変化』に注目しつつ、実際に撮影した画像(写真)をご覧ください。

ここから書かれている内容

  • moto g13とmoto g14のカメラ(写真)画質比較
  • moto g24の標準カメラアプリで改善して欲しいところ
  • moto g24のカメラで撮影したその他写真作例まとめ
  • moto g24のスペック
  • moto g24にお勧めな格安SIM
  • 関連リンク

moto g13とmoto g14のカメラ(写真)画質比較

moto g13撮影1

【moto g13のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/752秒、ISO:106、倍率:等倍、データサイズ:4.36MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影2

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/788秒、ISO:111、倍率:等倍、データサイズ:2.85MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g13撮影2

【moto g13のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/141秒、ISO:101、倍率:等倍、データサイズ:4.26MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影2

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/128秒、ISO:112、倍率:等倍、データサイズ:3.05MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g13はホワイトバランスが明らかに不適正。全体的に青が強めの仕上がりに。moto g24では暖色よりに色温度が調整されており、自然な色合いに近づきました。

moto g13撮影3

【moto g13のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/499秒、ISO:100、倍率:等倍、データサイズ:4.52MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影3

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/513、ISO:111、倍率:等倍、データサイズ:2.91MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

少し前までスマートフォンの標準カメラアプリはおおよそが『明るさ重視』。ある程度の補正は確かに必要ですが、白トビが目立ったり質感が損なわれてしまっては本末顛倒。

私は標準カメラアプリが気に入らない場合、露出(明るさ)控えめな無料のカメラアプリ(Google Play非認証)GCamをインストールしていました。

moto g24は露出に関してもmoto g13から適正化されている印象。『全てがベストな露出』だとは感じませんが、個人的に好きな雰囲気の描写が多いですね。

moto g24撮影4

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/836秒、ISO:114、倍率:等倍、データサイズ:2.83MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影5

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/788、ISO:113、倍率:等倍、データサイズ:2.74MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g13やmoto g24を含めた廉価なスマートフォンの大半は、イメージセンサーやレンズのサイズが小さめなので、光の集光量が少なく『低照度な場所』での撮影が苦手です。

HDR(複数枚の明るさの異なる画像を合成して明暗差を広げる技術)をオート設定にしていると、『moto g13』『moto g24』どちらも日陰では高い確率で『HDR』が機能。

moto g13撮影4

【moto g13のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/111秒、ISO:396、倍率:等倍、データサイズ:8.00MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影6

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/100、ISO:371、倍率:等倍、データサイズ:3.28MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

光が強めの場所では露出控えめなmoto g24ですが、HDRは被写体の色によってmoto g13より明るく仕上げることも。明暗差にも開きあり。

moto g13撮影5

【moto g13のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/111秒、ISO:396、倍率:等倍、データサイズ:8.00MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影7

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/111、ISO:139、倍率:等倍、データサイズ:16MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

スマートフォン成長過渡期は、シリーズがアップデートされる度に『新しいイメージセンサー』『新しいISP』が採用されていました。最近はそういったハードウェアの更新頻度が減少(廉価モデルは特に)。

ユーザー側は『新モデルを使って欲しい』と思うかもしれませんが、ハードウェアを変更するとそれに合わせて『最適化』が必要に。それがうまくいかないと『色がおかしい』『ホワイトバランスが崩れた』などの原因となり、アップデートがマイナスに作用する場合もあるのです。

ハードウェアではなく『ソフトウェア』の開発に予算をかけて、前モデルより画質を引き上げるというのが最近はトレンドのような。moto g13からmoto g24へのアップデートもそういった流れを踏襲していると感じました。

moto g24の標準カメラアプリで改善して欲しいところ

一点どうしても気に入らなかったのは『フォーカス』『シャッター』の音が他モデルと比較して大きいこと(moto g13はフォーカス音無し)。この部分は今後変更されるかもしれませんが、最低でも『音を小さく』して欲しいですね。

moto g24のカメラで撮影したその他写真作例まとめ

moto g24撮影8

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/112、ISO:110、倍率:等倍、データサイズ:2.55MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影9

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/969、ISO:114、倍率:等倍、データサイズ:2.91MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影10

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/258、ISO:112、倍率:等倍、データサイズ:2.77MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影11

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/481、ISO:111、倍率:等倍、データサイズ:3.94MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影12

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/148、ISO:114、倍率:等倍、データサイズ:2.72MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影13

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/100、ISO:495、倍率:等倍、データサイズ:2.35MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影14

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/258、ISO:112、倍率:等倍、データサイズ:3.56MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影15

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/100、ISO:509、倍率:等倍、データサイズ:2.84MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影16

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/322、ISO:111、倍率:等倍、データサイズ:3.10MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影17

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/100、ISO:310、倍率:等倍、データサイズ:2.78MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影18

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/100、ISO:334、倍率:等倍、データサイズ:2.81MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影19

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/25、ISO:1000、倍率:等倍、データサイズ:2.65MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24撮影20

【moto g24のデフォルトカメラアプリで撮影】F値:1.8、焦点距離:4.26mm、シャッタースピード:1/25、ISO:1158、倍率:等倍、データサイズ:2.88MB(JPEG)、撮影モード:オート(HDRオート)

moto g24のスペック

Motorola moto g24
Soc MediaTek Helio G85
容量 8GB/128GB
電池 5,000mAh
重量 約181g
画面
  • サイズ:6.6インチ
  • 種類: 液晶
  • 画面比率:20:9
  • 解像度:1,612×720ピクセル
  • リフレッシュレート:90Hz
カメラ リアカメラ

  • メインカメラ
    解像度:5,000万画素
    F値:1.8
    オートフォーカス:PDAF
  • マクロカメラ
    解像度:200万画素
    F値:2.4

フロントカメラ

  • メインカメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.0
イヤフォンマイクジャック 対応
Bluetooth 5.0
位置情報 GPS, A-GPS, GLONASS, Galileo
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz / 5GHz)
SIM NanoSIM カード×2(DSDV)
防塵防水 IP52
指紋認証 側面
スピーカー ステレオ(DOLBY ATMOS対応)
NFC 対応
Micro SDカード 対応(最大1TBまで)

moto g24にお勧めな格安SIM

  • 4G:LTE LTE B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40/B41
  • 3G:W-CDMA B1/B2/B5/B8
  • 2G:GSM 850MHz/900MHz/1,800MHz/1,900MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(×)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(×)

au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

関連リンク

あわせて読みたい
【IIJmioの4月特典】スマホ110円~!フリップ式が大幅値下げ。月額料金最大6ヶ月間440円割引&家族割継続 格安モバイル通信サービス『IIJmio』を提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年4月1日(月)に『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
  • URLをコピーしました!