OPPO A55s 5GはA54 5Gと同じSnapdragon 480搭載!ColorOS12に最適な軽量防水スマホ

OPPO A55s 5G

OPPOより

OPPOが新たに5Gネットワークに対応するスマートフォン『OPPO A55s 5G』をリリースしました。メーカー希望小売価格は33,800円(税込)。11月18日(木)15時から予約の受付が開始されており、発売開始は11月26日(金)から。

OPPO A55s 5G

OPPOより

Socには先行販売されている『OPPO A54 5G』と同じSnapdragon 480 5Gを採用しています。Snapdragon 480 5Gは5G世代のエントリーモデル。4G世代のエントリーモデルは動作がもたつくなど安かろう悪かろうのイメージですが、新世代ではそのイメージを完全に払拭されています。

Antutu

OPPO A54 5GのAntutuベンチマークスコア

OPPO A54とReno3 A ゲーム性能

スマートフォンの性能をトータルで計測してくれるAntutuのベンチマークスコアは30万弱。4G世代のミッドレンジレベルまで性能が引き上げられています。スマートフォンの動作にもっとも大きな影響を及ぼすCPUスコア10万程度。日常使いには申し分ありません。

OPPO A55s 5G

OPPOより

エントリーモデルを購入すべき理由がもう一つ。それはOSの軽量化です。2022年にOPPOの最新端末はColorOS12(Android 12)にアップデートされる予定。ColorOS12ではメモリ使用量バッテリー消費量をそれぞれ30%削減。さらにベースとなるAndroid 12ではCPU使用率が22%削減されているので、よりエントリーモデルが快適に動作する環境が整います。

Android12

Googleより

OPPOColorOS12(Android 12)のBeta版に関するアップデートスケジュールを既に発表しており、『OPPO A54 5G』はその中に含まれています。OPPO A55s 5Gも2021年11月のリリースなので、ColorOS12にアップデートされるのは間違いないでしょう。ColorOS11(Android 11)の時点で動作は十分軽快ですが、更に余裕が生まれるという事ですね。

ColorOS12アップデートスケジュール

OPPOより

あわせて読みたい
Android 12へのアップデートが確定している格安エントリー5Gスマホ『OPPO A54 5G』を買うべき理由。 先日Googleは自社端末となるPixelシリーズに『Android 12』の先行配信を開始しました。年内に『Xiaomi』『Realme』『Oppo』『OnePlus』『Vivo』『Tecno』の端末にも順次...

ハイエンドやミッドレンジ用のSocと比較して最大クロック周波数がやや低め(2.0Ghz)となるSnapdragon 480 5G。それが功を奏し安定感は抜群です。バッテリー温度が上昇しづらいので、劣化を抑えて結果的に端末寿命を伸ばす事に。色々な意味で安心してバランスよく利用出来るのが同Soc搭載モデルの特徴です。

あわせて読みたい
Redmi Note 10 JEと同じSocを搭載するOPPO A54 5Gでストレステストしたらとんでもない結果に! 【Xiaomi Redmi Note 10 JEはSnapdragon 480 5Gを搭載するエントリーモデル】 8月2日にXiaomi初の日本特化モデルとして発表された『Redmi Note 10 JE』。Socには『Snapd...

OPPO A54 5Gは電池容量が5,000mAhなのに対し、OPPO A55s 5G4,000mAhとやや少なめ。ただし先述している通りColorOS12(Android 12)ではバッテリー消費量が30%削減されるので、それを見据えた構成であると言えるでしょう。ちなみにOPPO A54 5Gの電池もちはこれまで何十台と使ってきたスマートフォンの中でもトップクラス。スタミナを極限まで求めるのであればOPPO A54 5Gをお勧めします。

OPPO A54 5G

OPPO A55s 5Gでちょっと心配なのは、メインカメラの解像度が1,300万画素に低下している事。OPPO A54 5Gのメインカメラは4,800万画素の高解像度撮影に対応。加えて1億画素相当で撮れる超高解像度モードも備えます。

超高解像度モード

解像度が高い=画質が良いでは無いですが、4,800万画素の解像度に対応するイメージセンサーはピクセル統合機能を備えているので、画素サイズが拡大し光の取得量が増加。光を多く取り込めるとノイズの発生と手ブレが制御されクリアな画質を得る事が出来ます。カメラ重視で選ぶのであれば、OPPO A54 5Gの方が無難かと。

カーネーション

OPPO A54 5Gのカメラで撮影

紫の花

OPPO A54 5Gのカメラで撮影

白い花

OPPO A54 5Gのカメラで撮影

綿毛

OPPO A54 5Gのカメラで撮影

まだ新型コロナウィルスが終熄していない状況ですが、なぜかOPPO A55s 5Gは指紋認証に非対応。この点はかなり疑問です。原料高によるコストアップがよほど厳しいのかもしれません。OPPO A54 5Gは側面指紋認証に対応しているのでその点は安心です。

OPPO A54 5G SALE

OPPOより

OPPO A55s 5Gのストロングポイントは、最高クラスの防塵防水性能IP68』に準拠した事。OPPOの端末は基本的にAmazonプライムビデオを『HD(1080p)』の高解像度で観られるので、OPPO A55s 5Gもその点は変わらないはず。お風呂で映画をのんびり楽しみたい人にとってはとても魅力的な端末と言えるでしょう。

防塵防水機能搭載

OPPOより

そしてOPPO A55s 5Gは物理的なSIMカードを必要としない『eSIM』に対応しています。『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』『UQモバイル』『ワイモバイル』『IIJmio』など選択肢が一気に増えたeSIM。QRコードの発行のみでデータ通信が開通する手軽さを是非体験してみてください!

OPPO A55s 5Gを購入可能な店舗(11月26日から発売開始)

OPPO A54 5Gを購入可能な店舗

OPPO A55s 5Gの主な仕様

OPPO A55s 5G
Soc Snapdragon 480 5G(8nm)
容量 4GB/64GB
電池 4,000mAh
重量 178g
画面
  • サイズ:6.5インチ
  • タイプ:液晶(LTPS)
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:180Hz
  • ピーク輝度:550nit
  • コントラスト比:1500:1
カメラ メインカメラ

  • 解像度:1,300画素
  • F値:2.2
  • 視野角:水平80度
  • オートフォーカス:対応

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
  • 視野角:水平89度
  • オートフォーカス:対応

フロントカメラ

    • 解像度:800万画素
    • F値:2.0
指紋認証 なし
SIM NanoSIM カード + eSIM (SIM 1 + SIM 2/eSIM)
外部メモリ 最大1TB

OPPO A54 5Gの主な仕様

OPPO A54 5G
Soc Snapdragon 480 5G(8nm)
容量 4GB/64GB

  • ストレージ:UFS2.1
電池 5,000mAh(最大18W急速充電)
重量 190g
画面
  • サイズ:6.5インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz(60Hz/90Hz※実測))
  • タッチサンプリングレート:180Hz
  • ピーク輝度:550nit
  • コントラスト比:1500:1
  • DCI-P3:100%
カメラ メインカメラ

  • 解像度:4,800画素
  • F値:1.7

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • F値:2.2

モノクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

    • 解像度:1,600万画素
    • F値:2.0
指紋認証 側面
SIM トリプルスロットSIM1(nanoSIM) + SIM2(nanoSIM) + microSD
外部メモリ 最大1TB

OPPO A55s 5Gにお勧めな格安SIM

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMO

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

OPPO A54 5Gにお勧めな格安SIM

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMO

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

OPPO

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!