【実測】OPPO A79 5GのAnTuTu、Geekbench 6、3DMarkスコアをReno 9A等6端末と比較

OPPO A79 5G

OPPOは2024年2月15日(木)、SocにMediaTek社の『Dimensity 6020』を搭載するスマートフォン『OPPO A79 5G』の日本発売を開始しました。

最近では日本モデルへの採用も増えてきたMediaTek社のSoc。Soc性能は『処理能力』を総合的に左右するので、スマートフォンを選ぶ際の重要な基準に。

Socを含めたスマートフォンのトータル性能を、分かりやすく数値化してくれるベンチマークアプリが『AnTuTu Benchmark』です。

AnTuTu Benchmarkは脳の役割を果たす『CPU』、グラフィック処理をメインで担当する『GPU』、内蔵ストレージやメモリの速度を示す『MEM』、アプリの動作速度を示す『UX』に分けて計測を行います。

廉価なスマートフォンで重視すべきは『CPU』と『UX』のスコア。これらの数値がある程度高ければ、一般的な使い方において『ストレスを感じる可能性が低い』ということに。

今回はOPPO A79 5Gの処理能力がどの程度かを知るため、『OPPO Reno7 A』『OPPO Reno9 A』『Motorola moto g52j 5G』『Motorola moto g53j 5G』『Motorola moto g13』『Redmi 12 5G』といった複数のスマートフォンを同時に実測しました。

OPPO A79 5G、OPPO Reno7 A、OPPO Reno9 A、Motorola moto g13、Motorola moto g52j 5G、Motorola moto g53j 5G、Xiaomi Redmi 12 5GをAnTuTu Benchmarkで3回連続実測した結果

AnTuTu Benchmark(Ver10.2.1)の測定は、同じ『場所』『時間帯』において『3回連続』で行いました。

OPPO A79 5Gのトータル性能

OPPO A79 5GをAnTuTu Benchmark(Ver10.2.1)で実測(左から1回目、2回目、3回目)

AnTuTu Benchmark(Ver10.2.1)1回目実測結果

OPPO A79 5G OPPO Reno7 A OPPO Reno9 A Motorola moto g53j 5G Motorola moto g52j 5G Motorola moto g13 Xiaomi Redmi 12 5G
CPU 135,890 153,818 148,318 139,910 148,593 89,606 140,416
GPU 58,984 83,635 84,931 70,096 102,017 40,365 49,244
MEM 91,244 92,188 99,158 94,592 98,899 67,089 105,002
UX 97,297 106,902 117,187 98,006 115,115 74,349 110,125
TOTAL 383,415 436,543 449,594 402,604 464,624 271,409 404,787
最大温度 25度 25度 25.6度 24度 23度 24.1度 26度
電池残量 -3% -3% -3% -2% -2% -4% -2%

AnTuTu Benchmark(Ver10.2.1)2回目実測結果

OPPO A79 5G OPPO Reno7 A OPPO Reno9 A Motorola moto g53j 5G Motorola moto g52j 5G Motorola moto g13 Xiaomi Redmi 12 5G
CPU 134,404 152,739 155,362 137,366 145,185 88,337 132,853
GPU 60,754 83,342 84,454 0(error) 101,539 40,102 48,909
MEM 92,465 91,140 99,303 92,589 95,870 65,266 107,302
UX 98,889 107,587 118,001 95,773 116,229 75,370 109,889
TOTAL 386,512 434,808 455,362 325,728 458,823 269,075 398,953
最大温度 26.1度 26.6度 26.7度 25度 24度 26.1度 28度
電池残量 -3% -2% -2% -2% -2% -4% -2%

AnTuTu Benchmark(Ver10.2.1)3回目実測結果

OPPO A79 5G OPPO Reno7 A OPPO Reno9 A Motorola moto g53j 5G Motorola moto g52j 5G Motorola moto g13 Xiaomi Redmi 12 5G
CPU 134,030 153,728 154,924 138,139 148,890 88,046 139,732
GPU 60,825 83,217 84,136 69,498 100,769 39,323 49,106
MEM 91,910 93,210 95,641 90,503 99,953 65,923 103,878
UX 97,449 109,429 118,065 99,605 112,552 75,314 109,154
TOTAL 384,214 439,584 452,766 397,745 462,164 268,606 401,870
最大温度 26.5度 27.3度 27.6度 27度 25度 26.4度 30度
電池残量 -2% -2% -3% -3% -2% -3% -3%

OPPO A79 5Gは、OPPO Reno Aの下位となる『Aシリーズ』に属するスマートフォンです。しかしながら『CPU』と『UX』のスコアは、Snapdragon 695 5Gを搭載する『OPPO Reno7 A』『OPPO Reno9 A』にかなり近い数値。

当然総合的に見るとReno Aシリーズに劣りますが、Motorolaのエントリーモデル『moto g13(Helio G85搭載)』とは雲泥の差。トータルスコアで10万以上上回りつつ、『電池の減りが少ない』というのは『電力効率』の部分でも優れることを意味します。

moto g53j 5G』あたりが処理能力の部分では競合機に。実際に操作した感覚も同端末に近いです(moto g13よりは明確に速い)。

前世代となるOPPO A77は、Helio G85(moto g13)よりも低スペックな『Helio G35』を搭載。私は同端末を所有していませんが、OPPO A79 5Gとの体感差がどの程度になるかは実際に試してみたかったですね。

OPPO A79 5G、OPPO Reno7 A、OPPO Reno9 A、Motorola moto g13、Motorola moto g52j 5G、Motorola moto g53j 5G、Xiaomi Redmi 12 5GをGeekbench 6で実測した結果

お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker

AnTuTu Benchmarkに加えて、CPU性能をGeekbench 6で再実測(同じ場所、時間帯)。こちらは1回のみとなります。

OPPO A79 5GのCPU性能

OPPO A79 5GをGeekbench 6で実測

OPPO A79 5G OPPO Reno7 A OPPO Reno9 A Motorola moto g53j 5G Motorola moto g52j 5G Motorola moto g13 Xiaomi Redmi 12 5G
シングルコア 706 905 906 747 902 435 914
マルチコア 1,760 2,040 2,109 1,856 2,128 1,438 2,071

シングルコアは『一つの脳で処理する力』、マルチコアは『全ての脳で処理する力』を示します。AnTuTu Benchmarkの測定結果から大きく変わることはなく、OPPO A79 5Gのポジションは『moto g13以上』『moto g53j 5Gに近い』といったところ。

OPPO A79 5G、OPPO Reno7 A、OPPO Reno9 A、Motorola moto g13、Motorola moto g52j 5G、Motorola moto g53j 5G、Xiaomi Redmi 12 5Gを3DMark(Wild Life)で実測した結果

OPPO A79 5Gのゲーム性能

OPPO A79 5Gを3DMark(Wild Life)で実測

3DMarkはGPU(3Dゲーム)性能をメインに測定するアプリ。3Dゲームを頻繁に行うなら、問答無用で『ハイエンドモデル』の購入をお勧めします。今回の測定結果はあくまで『参考程度』にご覧ください。

OPPO A79 5G OPPO Reno7 A OPPO Reno9 A Motorola moto g53j 5G Motorola moto g52j 5G Motorola moto g13 Xiaomi Redmi 12 5G
Overall Score 1,176 1,210 1,218 978 1,208 743 接続エラー
平均フレームレート 7.04 7.25 7.29 5.86 7.24 4.45 接続エラー

エントリーモデルは総じてGPU性能が低いので、基本的に3Dゲームをプレイするには不向き。しかし以前『moto g53j 5G』で原神をプレイした際に、『最低限遊べる』程度のパフォーマンスを発揮。たまに遊ぶ程度なら『アリかな』と思ってしまいました。

あわせて読みたい
Redmi 12 5Gとmoto g53j 5Gで原神をプレイ!フレームレートを実測して最適な設定を検証。 『精細なグラフィック設定』『滑らかなフレームレート』で3Dゲームをプレイするには、『GPU性能』の高いスマートフォンが必要になります。『ハイエンド』と呼ばれる類の...

OPPO A79 5Gの3DMark(Wild Life)測定結果は、そのmoto g53j 5Gを上回る内容。どちらかと言えば上位モデルの『OPPO Reno7 A』『OPPO Reno9 A』に近い数値。

原神をプレイしてどの程度のフレームレートを保てるか。折角なので別の機会に検証してみようと思います。

お得にau回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker

 

OPPO A79 5Gは前モデル(OPPO A77)からどう変わったか

あわせて読みたい
色々化けたOPPO A79 5Gが29,800円で日本降臨!Soc、画面性能が大幅に改善。更におサイフケータイ対応! オウガジャパンは2024年2月8日(木)、日本市場に向けて『Aシリーズ』の最新モデルとなる『OPPO A79 5G』をリリースしました。カラーは『グローグリーン』『ミステリー...
  • スマートフォンの処理能力を決めるSocがMediaTek社のHelio G35(12nm)からDimensity 6020(7nm)に刷新。データ処理速度と電力効率が改善。
  • ストレージ規格がeMMC 5.1からUFS2.2に変更。データの読み書き速度が向上し、消費電力低下。
  • ディスプレイの解像度がHD+からフルHD+に向上。画像や文字をより高精細に表示。
  • リフレッシュレート(画面を1秒間に書き換え可能な回数)が60Hzから90Hzに向上。1秒間に30コマ分滑らかな表示が可能に。
  • タッチサンプリングレート(1秒間に画面がタッチに反応する回数)が60Hzから180Hzに向上。タッチ感度が3倍に上がり操作性アップ。
  • FeliCa ICチップを搭載したことで、おサイフケータイやGoogleウォレットといったサービスに対応
  • SocがHelio G35からDimensity 6020に変更されたことで、4Gだけでなく5Gネットワークにも対応。
  • 物理的なSIMカードに加えてeSIMに対応。通信業者とのオンライン上のやりとりで最短即日開通可能
  • マスクを着用したままロック解除可能な顔認証
お得にドコモ回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker

OPPO A77から引き継がれた強み

  • 最大33Wの急速充電に対応
  • 128GBの大容量ストレージ
  • Micro SDカード対応(最大1TBまで)
  • Bluetoothの規格が新しい(5.3)
  • ウルトラボリュームモード搭載で最大300%ボリュームアップ可能
  • OPPO独自開発のDynamic Computing Engineに対応し、バックグラウンドのアプリ動作を安定させ消費電力を制御
  • アイコンや文字サイズを大きく見やすくするシンプルモード搭載

OPPO A79 5Gを購入するのに不向きな人

  • 原神の様な負荷の重い3Dゲームで頻繁に遊ぶ
  • 日常的に使用しているアプリの数が多い(メモリ容量の多いOPPO Reno9 Aがお勧め)

OPPO A79 5GとOPPO A77の主な仕様

モデル名 OPPO A79 5G OPPO A77
Soc MediaTek Dimensity 6020(7nm) MediaTek Helio G35(12nm)
メモリ容量 4GB(LPDDR4X) 4GB(LPDDR4X)
ストレージ容量 128GB(UFS 2.2) 128GB(eMMC 5.1)
電池 5,000mAh 5,000mAh
充電速度 最大33W(充電器別売) 最大33W(充電器別売)
重量 約193g 約187g
サイズ
  • 高さ:約165.6mm
  • 幅:約76.0mm
  • 厚み:約8.04mm
  • 高さ:約163.7mm
  • 幅:約75.0mm
  • 厚み:約8.0mm
画面
  • タイプ:液晶
  • サイズ:6.72インチ
  • 解像度:フルHD+(2,400×1,080ピクセル)
  • 最大輝度:680nit
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:180Hz
  • サイズ:6.5インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:HD+(1,612×720ピクセル)
  • リフレッシュレート:60Hz
  • タッチサンプリングレート:60Hz
  • 輝度:480nit(通常)、600nit(最大)
カメラ メインカメラ(背面)

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.8

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
メインカメラ

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.8

 

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
防水防塵 IP54 IP54
イヤフォンジャック 搭載 搭載
Bluetooth 5.3 5.3
位置情報 GPS、BeiDou、GLONASS、GALILEO、QZSS  GPS、BeiDou、GLONASS、GALILEO、QZSS
Wi-Fi Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11 a/b/g/n/ac
SIM nano SIM×2+eSIM×1 nano SIM+nano SIM
認証 顔、側面 顔、側面
おサイフケータイ 対応 非対応
スピーカー ステレオ(ウルトラブースト) ステレオ(ウルトラブースト)
Micro SDカード 対応(最大1TB) 対応(最大1TB)
5G(Sub6) 対応 非対応
主な通信バンド対応 4G&5Gドコモ、SoftBank、au、楽天(B79、ミリ波非対応) 4G:ドコモ、SoftBank、au、楽天

OPPO A79 5G(オープンマーケット版)にお勧めなSIM

主な通信バンドに対応 通信業者
ドコモ IIJmioahamomineoNUROモバイル
SoftBank ワイモバイルLINEMOmineoNUROモバイル
au UQモバイルmineoNUROモバイル
楽天 楽天モバイル
あわせて読みたい
【IIJmioの4月特典】スマホ110円~!フリップ式が大幅値下げ。月額料金最大6ヶ月間440円割引&家族割継続 格安モバイル通信サービス『IIJmio』を提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年4月1日(月)に『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』...
あわせて読みたい
【4月得集】LINEMOとワイモバイルが期間限定でオンライン特典強化中!ahamoはDysonやBoseが当たる! 4月から新生活がスタートし、慣れない環境に疲れ切っているという人が大勢いるはず。しかし間もなく『ゴールデンウィーク』に突入です。とりあえずそこを一旦の『ゴール...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
ゴールデンウィークは楽天モバイルで『稼ぐ』チャンスだ! ゴールデウィークと言えば『実家帰省』。実家帰省と言えば『近所の親戚が一堂に会する』といったところが多いのでは。もしそういった場があるのなら、楽天モバイルユー...
  • URLをコピーしました!