Redmi 12 5Gとmoto g53j 5Gで原神をプレイ!フレームレートを実測して最適な設定を検証。

Redmi 12 5Gとmoto g53j 5Gで原神は遊べるのか?試してみた

精細なグラフィック設定』『滑らかなフレームレート』で3Dゲームをプレイするには、『GPU性能』の高いスマートフォンが必要になります。『ハイエンド』と呼ばれる類のもの。

最近は廉価なスマートフォンでも、『ブラウジング』『SNS』『スケジュール管理』といった一般的な使い方は比較的スムーズに行えます。それは『CPU』の性能が底上げされているから。

しかし先述している通り、3Dゲームプレイのパフォーマンスを引き上げるのは『GPU』。廉価なスマートフォンはGPU性能が低いので、ゲームをするには『適していない』と言えます。

Xiaomi Redmi 12 5G』『Motorola moto g53j 5G』といったエントリーモデルも上記に該当。両端末が搭載するSocはCPUに比重が置かれており、GPU性能が控えめです。ゲームプレイを目的に購入する端末ではありません。

あわせて読みたい
3週間使って分かったRedmi 12 5Gのメリット『9つ』デメリット『3つ』を解説。新世代のエントリースマホ... Xiaomi(シャオミ)の廉価(直販価格29,800円)なスマートフォン『Redmi 12 5G』を購入してから、3週間程度が経過。今回は実際に同端末を利用した上で感じた『メリット...

とはいえ、『たまに3Dゲームで遊ぶ』程度の人が10万円以上するハイエンドモデルを購入するのはコスパが悪いです。グラフィックの精細さや動きの滑らかさに拘りも無いのであれば、エントリーモデルを選んだ方が良いという場合も。

Motorola moto g53j 5G、moto g53y 5G実機レビュー

今回は『Xiaomi Redmi 12 5G』『Motorola moto g53j 5G』で代表的な3Dゲーム原神をプレイして、どの程度のパフォーマンスが得られるのかを検証。最適な設定をお伝えします。

まずはRedmi 12 5Gから(一部映像の乱れは再起動したら無くなりました)。『画質:最高、フレームレート:30FPS』では動きがかなり重く、15FPS程度が限界。明らかに設定ミスと言えるでしょう。

Redmi 12 5Gで原神1

Redmi 12 5Gで原神をプレイ(画質:最高、フレームレート:30FPS)画像を選択すると動画再生

画質を最高から『』に落としても改善は見られず。フレームレートが上がらず全体的に動きは重いまま。

Redmi 12 5Gで原神2

Redmi 12 5Gで原神をプレイ(画質:高、フレームレート:30FPS)画像を選択すると動画再生

画質を中にすると、ようやく20FPS付近までフレームレートが上昇。これでもまだ大分カクつきます。滑らかには程遠い。

Redmi 12 5Gで原神プレイ3

Redmi 12 5Gで原神をプレイ(画質:中、フレームレート:30FPS)画像を選択すると動画再生

画質を『』まで下げると、明確に動きが軽くなりました(序盤はややフレーム落ちあり)。

Redmi 12 5Gで原神プレイ4

Redmi 12 5Gで原神をプレイ(画質:低、フレームレート:30FPS)画像を選択すると動画再生

ただし調子に乗ってフレームレートを『45FPS』まで上げると動作がやや不安定に。画質を優先するのであれば、Redmi 12 5Gのスペックでは『画質:低、FPS:30』が適正設定。

Redmi 12 5Gで原神プレイ5

Redmi 12 5Gで原神をプレイ(画質:低、フレームレート:45FPS)画像を選択すると動画再生

フレームレートを優先するなら、画質は『最低』まで落とす必要がありますね(画質:最低、フレームレート:45FPS)。

Redmi 12 5Gで原神プレイ6

Redmi 12 5Gで原神をプレイ(画質:最低、フレームレート:45FPS)画像を選択すると動画再生

続けてmoto g53j 5G。『画質:最高、フレームレート:30FPS』の動きはRedmi 12 5Gよりも良好。若干動きに重さはありますが、この程度なら『気にならない』という人もいるのでは。

あわせて読みたい
安いスマホRedmi 12 5Gに格安なSIM『mineo』がピッタリな理由。月額990円で大画面を使い倒す! スマートフォンを利用する上で必須となる通信環境。コストパフォーマンスを重視するなら、『端末に合ったSIM』をしっかり選ぶべき。折角安くて使えるスマートフォンを購...
moto g53j 5Gで原神プレイ1

moto g53j 5Gで原神をプレイ(画質:最高、フレームレート:30FPS)画像を選択すると動画再生

画質を『』に変更すると若干フレームレートが上昇。ただし『安定的に30FPS出ている』という状態ではありません。

moto g53j 5Gで原神プレイ2

moto g53j 5Gで原神をプレイ(画質:高、フレームレート:30FPS)画像を選択すると動画再生

あわせて読みたい
【無料裏技】ワイモバイルでお安いスマホ!moto g53y 5Gのカメラ画質を高める超簡単な方法。GCamを入れ... ワイモバイルでSIMの契約時に購入可能な『Motorola moto g53y 5G』と、オープンマーケット版の『Motorola moto g53j 5G』。両モデルの違いは、インストールされているア...

画質を『』まで下げると30FPS付近の割合が一気に増加。動きも軽くなりました。『画質:中、フレームレート:30FPS』が、moto g53j 5Gでもっともお勧めな設定と言えるでしょう。この価格帯のスマートフォンにしては十分なパフォーマンス。

moto g53j 5Gで原神プレイ3

moto g53j 5Gで原神をプレイ(画質:中、フレームレート:30FPS)画像を選択すると動画再生

画質:低、フレームレート:45FPS』では30FPSを超えるも、やや安定感に欠けます。

moto g53j 5Gで原神プレイ4

moto g53j 5Gで原神をプレイ(画質:中、フレームレート:30FPS)画像を選択すると動画再生

あわせて読みたい
【実際に使ってる】月額990円で満足度が高いハイコスパSIM3選。固定費を削減したいなら通信業者を乗り換... 10年前に『月額千円以内でまともに使えるSIM』など存在しませんでした。その頃に通信料金の節約に挑戦した人は、『安いSIM=通信品質が最悪で使えない』というイメージ...

今回の検証結果から、『Xiaomi Redmi 12 5G』よりも『Motorola moto g53j 5G』の方がゲーム性能は上という事が分かりました。これはAnTuTu Benchmarkのスコアにも表れています。

moto g53j 5g 性能

moto g53j 5gでAnTuTu Benchmark(Ver.10)を実測

Redmi 12 5Gの性能

Redmi 12 5GでAnTuTu Benchmark(Ver.10)を実測

あわせて読みたい
moto g53j 5G(5ヶ月)、moto g53y 5G(3ヶ月)使って感じたメリット『7つ』デメリット『2つ』。 Motorolaが2023年6月16日から発売を開始した『Motorola moto g53j 5G』。続けて2023年6月29日には、SoftBankのサブブランドワイモバイルからメモリ4GBモデル『Motorola ...

とは言えど、一般的な使い方がメインの場合は『CPU』性能の方が重要であることをお忘れなく。今回の検証はあくまで『オマケ程度』のものですが、『たまにゲームで遊ぶ』という人は参考になさってくださいね!

記事が見つかりませんでした。

お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker

Motorola moto g53j(g53y) 5Gのスペック

Motorola moto g53j(g53y) 5G
Soc Qualcomm Snapdragon 480+ 5G
容量 4GB/128GB(moto g53y 5G)、8GB/128GB(moto g53j 5G)
電池 5,000mAh
重量 約183g
画面
  • サイズ:6.5インチ
  • 種類: 液晶
  • 画面比率:20:9
  • 解像度:720×1,600ピクセル
  • リフレッシュレート:120Hz
カメラ
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:5,000万画素
    F値:1.8
    画素サイズ:1.28μm(ピクセル統合時)
    オートフォーカス:PDAF
  • マクロカメラ
    解像度:200万画素
    F値:2.4
    画素サイズ:1.75μm
フロントカメラ
  • メインカメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.0
イヤフォンジャック 対応
Bluetooth 5.1
位置情報 GPS、A-GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz / 5GHz)
SIM NanoSIM+eSIM(DSDV)
防塵防水 IP52
認証 指紋認証(側面)、顔認証
おサイフケータイ 対応
Micro SDカード 対応(最大1TBまで)
OS Android™ 13

Motorola moto g53j(g53y) 5Gにお勧めな格安SIM

  • 5G:n3/n28/n77/n78
  • 4G:LTE B1/B2/B3/B4/B8/B11/B12/B17/B18/B19/B26/B28/B38/B41/B42
  • 3G:W-CDMA B1/B2/B4/B5/B8
  • 2G:GSM 850MHz/900MHz/1,800MHz/1,900MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(◎)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(◎)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

Xiaomi Redmi 12 5GとRedmi 12Cの仕様比較

モデル名 Redmi 12 5G Redmi 12C
Soc Snapdragon 4 Gen 2(4nm) Helio G85(12nm)
メモリ容量 4GB(LPDDR4X) 3GB、4GB(LPDDR4X)
ストレージ容量 128GB(UFS 2.2) 64GB、128GB(eMMC 5.1)
電池 5,000mAh 5,000mAh
充電速度 最大18W 最大10W
重量 約200g 約192g
サイズ
  • 高さ:約169mm
  • 幅:約76mm
  • 厚み:約8.2mm
  • 高さ:約168.76mm
  • 幅:約76.41mm
  • 厚み:約8.77mm
画面
  • タイプ:液晶
  • サイズ:6.8インチ
  • 解像度:フルHD+
  • 最大輝度:550nit
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:240Hz
  • SGSブルーライト低減認証:あり
  • タイプ:液晶
  • サイズ:6.71インチ
  • 解像度:HD+
  • 最大輝度:500nit
  • 最大リフレッシュレート:非公表
  • 最大タッチサンプリングレート:非公表
  • SGSブルーライト低減認証:なし
カメラ メインカメラ(背面)

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.8

深度測定センサー(背面)

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.2
メインカメラ(背面)

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.8

ポートレート用補助レンズ

  • 解像度:QVGA

フロントカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.2
防水防塵 IP53 IP52
イヤフォンジャック 搭載 搭載
Bluetooth 5.0 5.1
位置情報 GPS、Glonass、Galileo、Beidou GPS、Glonass、Galileo、Beidou
Wi-Fi Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
SIM nano SIM+eSIM nano SIM+nano SIM
認証 側面指紋認証+AI顔認証 背面指紋認証+AI顔認証
おサイフケータイ 対応 非対応
スピーカー モノラル モノラル
Micro SDカード 対応(最大1TB) 対応(最大1TB)
5G(Sub6) 対応 非対応

Xiaomi Redmi 12 5G(オープンマーケット版)にお勧めな格安SIM

Redmi 12 5Gが対応する周波数帯

  • 5G Sub-6: 対応バンド n3/n28/n41/n77/n78
  • LTE: 対応バンド 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/38/39/40/41/42
  • 3G:WCDMA 1/2/4/5/8/6/19
  • 2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM
あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!